Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月30日

日本企業のIT部門向けに、
「ITIL道場−SOX法対応シミュレーション・ワークショップ」をスタート

- 日本版SOX法でIT部門が直面する対応作業を体験し、来るべき本番に備える -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、日本企業のIT部門向けに、来るべき日本版SOX法へのスムーズな準備作業を支援するコンサルティング・サービス「ITIL道場−SOX法対応シミュレーション・ワークショップ」を2006年6月1日よりスタートします。

米国企業において、SOX法への対応にあたり経理部門だけでなくIT部門にとっても多大な作業が発生したと言われています。一方でHPのIT部門は、かねてよりITILをベースとしたフレームワークに則ってIT業務を構築・運用していたことにより、大幅に準備作業を省力化することができました。
日本においても近い将来日本版SOX法の施行が予定されており、日本企業のIT部門においても多くの準備作業が発生すると予想され、米国と同様ITILの活用が有効であると考えられます。

本日発表する「ITIL道場−SOX法対応シミュレーション・ワークショップ」では、日本HPのITサービス管理を熟知したコンサルタントが、SOX法の求める内部統制対応への取り組みとしてHPのIT部門が米国SOX法の対策として実際に行った内容をご紹介し、日本企業のIT部門が今できることは何かを、ITILに対応づけて解説することで、日本版SOX法対応の指針を提供します。また、SOX法対応で特に重要なITIL変更管理と可用性管理についてワークショップ形式でシミュレーションすることで、お客様は日本版SOX法のIT全般統制に対する準備作業を疑似体験でき、実際の日本版SOX法対応時にもスムーズに対策を行うことが可能になります。

<「ITIL道場−SOX法対応シミュレーション・ワークショップ」のサービス内容>

  1. SOX法の概要(講義)
    SOX法が本来求める「投資家の保護」がITになぜ関係するかを解説します。


  2. COSO概要(講義)
    SOX法も準拠している内部統制のフレームワークであるCOSOについて解説します。
    COSOは、1992年に米国のトレッドウェイ委員会組織委員会(COSO:the Committee of Sponsoring Organization of the Treadway Commission)が公表したもので、事実上の世界標準として知られています。


  3. 日本での状況(講義)
    米国SOX法と日本で公開されている日本版SOX法(「財務報告に係る内部統制の評価及び監査のあり方について」)との比較を行います。


  4. 米国HPの事例(講義)
    ITに求められることを米国HPのITでITILを使って対応した事例をもとに、HPで実際に使ったコントロールマトリックスなどを紹介します。


  5. 変更・可用性管理ワークショップ

  6. ・IT部門としてのSOX法対応準備作業の疑似体験
    ・監査の疑似体験
    ・SOX法対応のための課題リスト作成

<サービス提供期間>
2日間

<提供概算価格>
100万円から(詳細はお客様の担当営業にお問合せ下さい)

<お客様のメリット>

  • SOX法の基礎知識の習得
  • HPのIT部門の実績に裏付けられた、ITILでSOX法対応を行う方法論の習得
  • SOX法対応で特に重要なITILのプロセス(変更管理、可用性管理)の要点の習得
  • お客様の現状を題材にワークショップを行うため、日本版SOX法対応時にワークショップの実施結果を応用可能

< ITILについて、およびHPの取り組み>
ITIL(IT Infrastructure Library)とはITサービス管理のベスト・プラクティス(模範的事例)を集めたフレームワークのことで、1980年代後半に英国商務局が作成し体系化したものです。7冊のガイドブックにIT運用における実際の知識・ノウハウが集約されており、世界中の企業・政府機関がITサービス運用の改善、コスト削減を行う場合のガイドラインとして活用しています。

ITILの普及促進を目的として1991年に英国で設立された非営利団体(NPO)がitSMF(ITサービスマネジメントフォーラム)です。2003年5月には、アジアで最初となるitSMF Japanが設立されました。日本HPはitSMF Japanの設立メンバー企業として、業界におけるITサービスマネジメントの改良への協力を行いITILの普及に尽力しています。

■ ITIL/HP ITSMに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/infrastructure_itsm

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡