Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年6月13日

エンタープライズ級の高い信頼性を備えた
SANストレージ仮想化アプライアンスを新発売

- 異機種混在環境にも対応し、複数のディスクアレイを仮想ボリューム化。
コストパフォーマンスを維持しながら堅牢でシンプルなストレージ環境を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、SAN(*1) ストレージ仮想化アプライアンスの新製品「HP StorageWorks Storage Virtualization System 200(エイチピー ストレージワークス ストレージ・バーチャリゼーション・システム 200、以下SVS200)」を発売します。

新製品HP StorageWorks SVS200は、以下の特長を持つストレージ仮想化アプライアンスです。

  • 他社製品を含む異機種混在のSAN環境において仮想化ストレージコントローラとして機能し、複数のディスクアレイ機器にまたがる仮想ストレージボリュームを構成
  • 高信頼性のハイエンドディスクアレイ HP StorageWorks XPファミリで実績のある技術をベースとした設計で、従来のホストベースまたはスイッチベースの仮想化アプライアンスを超える堅牢なデータ保護が可能
  • パーティショニング、仮想ボリューム間の遠隔データコピーなど、ディスクアレイXPファミリで実績のある高度なストレージ機能をSVS200でも利用可能
製品名 標準小売価格(*2) 出荷開始
HP StorageWorks SVS 200 21,000,000円〜(税抜20,000,000円〜) 7月上旬


*1: SAN=Storage Area Network(ストレージ・エリア・ネットワーク)
*2: 最小のシステム構成による価格となります。
(仮想化コントローラハードウェア、および管理ソフトウェア1TB仮想ストレージ使用権を含む)

<実績ある、実用的なストレージ仮想化アプライアンス>

サーバ同様、ストレージにおいても柔軟なリソース活用のために、統合(コンソリデーション)と仮想化の必要性が増しています。企業においてはデータ量が年々増大し、ストレージの大容量化が進んでいますが、一方で個々のストレージに他のシステムに割り当てられない小さな空き容量が活用されないまま残され、SAN全体では容量使用率が低くなっているケースも少なくありません。

このような問題を解決するのが、SANストレージ仮想化ソリューションです。
SANストレージ仮想化アプライアンスであるHP StorageWorks SVS200は、SANに接続されて いる複数のディスクアレイを、個々のストレージとしてではなく一つの仮想化された「ストレージ・プ ール」として扱うことができます。ストレージ・プール内の空き容量をサーバが使用する際には、 SVS200がストレージ・プールから任意の容量の「仮想ボリューム」を切り出し、サーバはこの仮想 ボリュームをディスク装置として参照できます。

このようなSANストレージ仮想化ソリューションには既にいくつかの製品が存在しますが、SVS200の特長は、既にハイエンドディスクアレイとして市場で高く評価されているHP StorageWorks XPファミリの外部ストレージ仮想化機能をベースとして開発されており、高い信頼性と多様な付加機能を備えているとともに、既に多くのビジネス環境においてストレージ仮想化の運用実績がある点です。

<HP StorageWorks SVS200の3つのメリット>
本製品は、仮想化によるストレージ統合を行うことで、以下の3つのメリットを実現します。

  1. コストパフォーマンスを維持しながら、企業での実運用に適した、堅牢なシステムを構築
    SVS200はミッドレンジディスクアレイとともにシステムを構成することにより、ハイエンドストレージの機能を備えながら、大幅にコストを削減することが可能です。本製品は実績あるHP StorageWorks XPファミリの仮想化技術だけでなく、ハイレベルな冗長化、高信頼設計も継承しています。さらに、SVS200に内蔵されているストレージキャッシュ(一次書き込み領域)は、システム毎に分割して固定的に割り当てることができ、システムの優先度に応じた適切なキャッシュ容量の設定により、他のシステムに干渉されることなく良好な書き込み性能を維持できます。これらの機能は、企業における実用レベルの仮想化ストレージ環境の構築に最適です。


  2. ボリューム管理のシンプル化
    ストレージ仮想化アプライアンスとしてSVS200を導入することで、ストレージ・プールに存在する全てのストレージのボリューム管理をSVS200に集約し、シンプルにすることができます。XPファミリで実績のある使いやすい管理ツール上で、仮想化した他のディスクアレイのボリューム管理も統合し一元化することが可能になります。


  3. 既存のストレージ資産を活用した、効率的な災害対策の実現
  4. SVS200は、SVS200同士、あるいはディスクアレイXPファミリとの間で、データ複製が可能です(*3)。通常稼動系のディスクアレイとしてハードウェア信頼性の高いXPファミリを使用し、待機系ではSVS200と既存の中・小型ディスクアレイを集めた仮想ボリューム環境を構築する、といった方法で、よりコスト効果の高い災害対策サイトの構築を実現できます。

    *3: オプションソフトウェアHP StorageWorks Continuous Access XPが必要です。

■ 添付資料
     HP StorageWorks SVS200 スペック一覧表(PDF:58kb)

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_new/

■ HP StorageWorksに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡