Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社とデータリンク株式会社による共同リリースです。
両社より重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2006年6月21日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
データリンク株式会社

日本HPとデータリンクがメインフレームのオープンシステムへの移行促進で協業

- データリンクのシステム分析サービスやメインフレーム上のアプリケーションを
オープンシステム上の最新技術で利用できるサービスを段階的に展開 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 小田 晋吾 、以下、日本HP)とデータリンク株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長兼CEO 井上 英明、以下、DLC)は、メインフレームシステムのオープンシステムへの移行に関して本日より協業を開始します。データリンクの提供するシステム分析(アセスメントサービス)やメインフレーム上のアプリケーションを、オープンシステム上の最新技術で利用できるようにするサービス(アプリケーションモダニゼーションサービス)を提供していきます。また、今回の両者の協業には日本BEAシステムズ、マイクロフォーカス株式会社の両パートナ企業からメインフレームの移行における積極的な技術支援をうけることになります。

日本HPは従来からメインフレーム・エリミネーション・プログラム(MFE)などを展開し、メインフレームに代わるオープンシステムによる IT インフラの提供を推進してきました。今回の協業では、従来の取り組みをさらに発展させ、メインフレームで構築された資産をJavaなどの最新の技術によって利用したいという声にも積極的に応えられるように、先進的な移行を実現するためのシステム分析、計画立案、設計、システム構築を共に行います。今後、日本HPでは、このような取り組みをメインフレーム・オルタナティブ(MFA)プログラムと名づけ推進していきます。今回の協業は、その第一弾の取り組みです。

本日の協業の要旨は以下のとおりです。

  1. 日本HP は DLC の提供するModernArch® をMFAプログラムの中で採用し、メインフレームからオープンシステムに移行するためのシステム分析と、最新技術を使ったオープンシステムへの移行サービスを提供します。

  2. DLC ではModernArch® の推奨プラットフォームとして、HP-UXを第一優先とし、日本HPとの協業を推進していきます。

<ModernArch®の特長>
DLCは、メインフレームの受託開発に強みをもっており、近年はオブジェクト指向を中心としたオープン系システム開発およびコンサルティング事業にも力を入れています。メインフレームとオープンシステムの両方の開発経験を活かし、メインフレームのオープン化で多くの実績を残しています。
ModernArch®は、DLCの手がけた過去の移行プロジェクトにおいて確立されたノウハウを移行ツールとしてDLC が提供しているもので、以下の2つの製品があります。

(1) ModernArch ReDocument®
    COBOLで書かれたプログラムを分析し、プログラムの実際の使用の有無を分析します。

(2) ModernArch ReArchitect®
    COBOL で書かれたプログラムをJavaあるいはMicroFocusCOBOLに変換します。

ModernArch®は、従来の移行ツールとは違い、システム分析とCOBOLなどで書かれたメインフレーム上の資産のJavaやMicroFocusCOBOLなどの最新の技術を使ったプログラムへの変換ができます。これにより、移行の手法を問わず、より柔軟性のあるオープンシステムへの移行が可能です。また、各プロジェクトで出てきた変換のパターンなどを取り込み、ツールとしての精度を上げていくことができます。

日本HPはこれまで数々のメインフレームからの移行を実現してきました。今回提供するMFAプログラムにより、日本HPとDLC の過去の経験、実績を融合させ、日本のメインフレームのオープンシステムへの移行をさらに進めていきます。

■ パートナ各社からの賛同コメント(五十音順)

日本BEAシステムズ株式会社 代表取締役 アリイ・ヒロシ 様
日本BEAシステムズ株式会社は、この度の日本ヒューレット・パッカード株式会社とデータリンク株式会社の協業の発表を歓迎します。メインフレームからオープンシステムへのマイグレーションには、弊社の Tuxedo とWebLogic 製品がシステム基盤として多く使われています。日本HPは、これら弊社製品を使用したミッションクリティカルシステムを数多く構築されており、この度のデータリンク株式会社との協業により、SOAベースで既存資産を利用できるように、設計から開発までの一貫したサービスが提供され、弊社のSOA基盤である AquaLogic 製品により変化に強いシステムが実現することを期待しています。今後は、両社への技術支援も含め、両社との協力体制を強化していく所存です。

マイクロフォーカス株式会社 代表取締役 田島 裕史 様
マイクロフォーカス株式会社は、日本ヒューレット・パッカード株式会社とデータリンク株式会社のメインフレームマイグレーション推進の協業発表を歓迎いたします。
日本HPには、これまでも「メインフレーム移行プログラム」の標準化COBOLとしてマイクロフォーカス製品を 指定いただいております。そして、マイクロフォーカスは、従来からCOBOLビジネスロジックをコンポーネント化してJava環境で活用するための「COBOL-J2EE連携」機能を強化してまいりました。
今回、データリンクの「ModernArch ReArchitect®」において、メインフレームCOBOLからJavaとMicro Focus COBOLへのハイブリッド変換ソリューションをご提供いただくことにより、実績あるCOBOL既存資産を最新環境で活用したいとお考えのユーザーの皆様にとって、これまで以上に迅速で柔軟なシステム構築が可能になるものと確信しております。
マイクロフォーカスは、今後、両社への技術支援を始め、更なる緊密な協力体制を築いてまいります。

■ 添付資料
     ModernArch カタログ:http://www.dlc.co.jp/product/product5.html 

■ 日本HP のメインフレームマイグレーションに関する詳細情報は以下のURLをご覧ください。
     http://www.hp.com/jp/mfa/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

* 本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでもなく、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。尚、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もあります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡