Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年6月29日

従来の約2倍の性能(*)を実現。
最新技術を結集した次世代HP ProLiant 300シリーズ

- 同時にブレードサーバ新製品と、あらゆるx86サーバ環境をHP ProLiantに移行する
P2Pソリューションを発売、最新サーバへの移行を強力に支援 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、業界標準サーバ「HP ProLiant(エイチピー・プロライアント) 300シリーズ」の次世代機「Generation 5(以下、G5)」を発売します。HP ProLiant 300シリーズG5は、最新のデュアルコア インテル® Xeon® プロセッサーを始めとする最新の業界標準技術とHP独自の設計思想を融合させ、最大で従来機(G4)の2倍強の性能(*) を実現した、最先端のx86サーバです。
また同時に、同様の最新プロセッサーを搭載したブレードサーバ3機種、および他社x86サーバからHP ProLiantへの環境移行を容易にするソフトウェア「HP ProLiant Essentials Server Migration Pack Physical to ProLiant(P2P) Edition」を発売します。

* : TPC調べ、2006年5月22日時点のHP ProLiant ML370 G4とG5のTPC-C性能比較

<HP ProLiant 300シリーズG5>
HP ProLiant 300シリーズ G5およびブレードサーバ(p-Class及びc-Class)新製品の共通の製品特長は以下の通りです。

  1. 最新のCPU(デュアルコア インテルXeon プロセッサー 5100番台)を搭載し、CPU性能向上と省電力化を同時に実現


  2. 次世代メモリ技術であるFB-DIMM(フリー・バッファードDIMM)によりメモリコントローラをメモリボード上に実装、チップセットの負荷を抑え性能向上を図るとともに、最大16枚のDIMMが搭載できる拡張性を確保。同時に、ミッドレンジ機である300シリーズでは初めての、メモリミラーリングに対応


  3. 小型・省電力・高性能・高信頼性の2.5インチSASハードディスクドライブの採用により、従来の3.5インチハードディスクに比べ容積が70%縮小。SCSIディスクドライブと同等以上の性能・信頼性を発揮するとともに、ドライブの小型化による駆動部分の省電力化、筐体内のエアフロー(空気の流れ)の改善による冷却効率の改善を実現。さらに、全ての対応モデルに同じHDDを使用できるユニバーサル設計や、同一サーバ内でSASとSATAディスクの混在が可能な仕様により、柔軟なディスク構成を実現


  4. TCP/IPオフロードエンジン(TOE)を実装し通信処理をネットワークカード上で行うことでCPUの負荷を抑え、システムの全体性能を向上する「マルチファンクションGigabitネットワークコントローラ」を標準搭載。本コントローラはTCP/IP接続のほかiSCSI接続も同じポートで利用でき、手軽にiSCSIによる外部ストレージ接続が可能


  5. これらの最新技術の搭載により、従来機に比べ最大で2倍の性能を実現

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP ProLiant ML350 Generation 5 249,900円〜(税抜238,000円〜) 7月上旬
HP ProLiant ML370 Generation 5 363,300円〜(税抜346,000円〜) 7月上旬
HP ProLiant DL360 Generation 5 367,500円〜(税抜350,000円〜) 7月上旬
HP ProLiant DL380 Generation 5 394,800円〜(税抜376,000円〜) 7月上旬
HP ProLiant BL460c 315,000円〜(税抜300,000円〜) 8月下旬
HP ProLiant BL480c 399,000円〜(税抜380,000円〜) 8月下旬
HP ProLiant BL20p Generation 4 357,000円〜(税抜340,000円〜) 7月下旬
HP ProLiant Essentials Server Migration Pack
P2P Edition
31,500円〜(税抜30,000円〜) 7月下旬


<各製品の概要>
本日発表の各製品の特長は以下の通りです。

HP ProLiant DL360 G5
HP ProLiantファミリの中で最も人気の高い1U(高さ4.3cm)のラックマウント型サーバ、DL360の最新製品です。上記の300シリーズ G5の共通特長を備えているほか、最大32GBのメモリを搭載でき、搭載可能ハードディスクも最大6基になり、従来のG4に比べて拡張性が大幅に増しています。また、サーバの各コンポーネントの状態が一目で確認できる「Systems Insight Display」を備えており、管理性がさらに向上しています。

HP ProLiant DL380 G5
データセンターに最適な、拡張性の高い2U(高さ8.6cm)のラックマウント型サーバです。DL360同様、最大で32GBメモリを搭載可能です。内部の設計を大幅に変更し、SAS/SATAハードディスクドライブ8基を縦に格納するデザインになりました。これにより筐体内のエアフローが向上し、より効率的にプロセッサーや電源ユニットを冷却できるようになり、電力1ワットあたりの性能がさらに向上しています。なお、本機種もSystems Insight Displayを標準搭載します。

HP ProLiant ML350 G5
HP ProLiant 300シリーズ G5の中で最もコストパフォーマンスを追求した製品で、ラック型とタワー型の両方に対応します。G4からの変更点としては、最大16GBのメモリが搭載可能になり、SmartアレイコントローラE200iがオンボードで標準搭載となりました。また本製品においては、3.5インチのSAS/SATAハードディスクドライブに対応したモデルも同時に発売します。

HP ProLiant ML370 G5
同じくラック型・タワー型の両方に対応した、上位クラス500シリーズ並みの性能と拡張性を備えた製品です。64GBまでのメモリが搭載できるとともに、最大16基のSAS/SATAハードディスクドライブを搭載でき、データベースなどのエンタープライズ向けシステムを含めた幅広い用途に利用可能です。また、本機種もSystems Insight Displayを標準搭載します。

HP ProLiant BL460c
今月発表した新世代ブレードHP BladeSystem c-Classに実装するブレードサーバです。本製品は、最大で32GBのメモリ、2基のハードディスクドライブを搭載可能で、10UのHP BladeSystem c7000エンクロージャに16台まで格納でき、業界最高レベルの密度を誇ります。
オプションのNICメザニンカードを利用することにより、1サーバブレードにつき最大6枚のNICを利用できます。SAN接続にも対応しており、今までシステムの技術的制約からブレードに移行していなかったお客様も導入しやすい製品となっています。

HP ProLiant BL480c
同様にHP BladeSystem c-Classに実装するブレードサーバで、最大で48GBのメモリ、4基のハードディスクドライブを搭載できる、高い拡張性を備えています。10UのHP BladeSystem c7000エンクロージャに8台まで格納できます。今後発表されるNIC(ネットワークコントローラカード)オプションを利用することにより、最大で16枚までのNICを搭載可能です。これらのブレードサーバとして他に例のない拡張性により、WEBサーバ、アプリケーションサーバ、科学技術計算等、様々な用途に利用できます。

HP ProLiant BL20p G4
HP ProLiant BL20p G4は、300シリーズ G5と同様の特長を持った高性能ブレードサーバです。最大で32GBのメモリ、2基のハードディスクドライブを搭載できます。SAS対応のSmartアレイ E200iを標準搭載し、ブレードサーバの筐体内でディスクミラーリングなどのRAID構成が可能です。HPは今後も従来のp-Classエンクロージャ対応のブレードサーバについても順次、新製品を発表し、既存のお客様の投資保護を図ります。

<古いx86サーバから最新のHP ProLiantへの移行を促進するHP Server Migration Pack>
HP ProLiant 300シリーズの発売と同時に、サーバ機能の仮想化環境への移行を支援するソフトウェア「HP ProLiant Essentials Server Migration Pack Physical to ProLiant(P2P) Edition」を発売します。本製品は、他の物理サーバからHP ProLiantへのサーバ環境(OS及びアプリケーション)の移行を支援するツールです。新しいマシンの購入や故障などに伴うサーバ移行はシステム管理者にとって負担の多い作業の一つですが、本ツールは作業者が画面の指示に従って必要な情報を入力するだけでサーバ環境の移行作業を自動的に行います。本ツールは、HP ProLiantサーバ間だけでなく主要他ベンダのx86サーバ製品からHP ProLiantへの環境移行にも対応します。

日本HPは、従来のx86サーバから大幅な進化を遂げた新HP ProLiant 300シリーズとP2Pソリューションで、お客様のHP製最新サーバへの乗換えを強力に支援し、日本のx86サーバ市場におけるさらなるシェア獲得を目指します。

■インテル株式会社からのエンドースメント

インテル株式会社 代表取締役共同社長 吉田 和正様
インテル株式会社は、このたび、日本ヒューレット・パッカード株式会社が、最新のデュアルコア インテル® Xeon® プロセッサー 5100番台を搭載した「HP ProLiant 300シリーズ G5」を発表されたことを歓迎いたします。
デュアルコア インテル® Xeon® プロセッサー5100番台は、インテル® Core® マイクロアーキテクチャーをベースとした初のインテル・プロセッサーであり、高性能と省電力を兼ね備えた次世代のマイクロプロセッサーです。また、デュアルコア、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、高速化されたメモリーおよびシステム・バスなど、数々の革新技術を導入することにより、プラットフォーム全体のパフォーマンスと信頼性の向上を実現しています。
日本ヒューレット・パッカードの最新サーバーに本製品をご採用いただくことにより、顧客に、デュアルプロセッシングにおいて最高峰のパフォーマンス、信頼性および利用効率を備えたサーバー製品のご提供が可能になるものと期待しております。

■ 本日発表の新製品に関する詳細情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_new/

■ HP ProLiantに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡