Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年6月30日

最新の仮想化ソフトウェアVMware Infrastructure 3を発売

- HP ProLiantファミリとの組み合わせで、ハードウェアからOS、
ソフトウェアまでトータルのサービスを提供 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、最新の仮想化ソフトウェア製品「VMware Infrastructure 3(ヴィエムウェア インフラストラクチャ スリー)」を発売します。

VMware 製品は、サーバ環境(OSおよびアプリケーション)をイメージ化し、1台の「物理的」サーバ機器上で複数の「仮想化された」サーバ環境の稼動を可能にする仮想化ソフトウェアです。
日本HPでは以前よりVMware製品を業界標準x86サーバHP ProLiantファミリ向けのソリューションとして販売してきましたが、2006年6月にヴィエムウェア株式会社が最新製品となるVMware Infrastructure 3を発表したことに伴い、本日より同製品を発売し、サポートの提供も開始します。

日本HPによるVMware Infrastructure 3販売体制の特長は以下の通りです。

  • ハードウェア、OS、仮想化ソフトウェアを、ワンストップで提供
    日本HPがx86サーバのハードウェアと同時に、OS、仮想化ソフトウェアも販売します。
    これによりお客様は、一つの窓口でハードウェアから仮想化環境までのインフラストラクチャ 環境を一括して購入可能です。


  • 充実の保守サービス
    日本HPは、ハードウェアからOS、仮想化ソフトウェアまでをワンストップで販売するだけでなく、これらの製品の保守も一貫して自社で提供します。また、業界でいち早く、VMwareによる仮想化環境上で稼動するゲストOS(仮想化されたOS)の保守にも対応しています。
    なお、本日発売するVMware Infrastructure 3には、全て1年間の保守契約が標準でバンドル(添付)されています。


  • お客様の早期移行を支援する、魅力的な価格の期間限定アップグレードパッケージを提供
    今回、お客様における従来のVMware ESX Server 2.5から最新のVMware Infrastructure 3への早期移行を支援するため、期間限定アップグレードパッケージを通常のアップグレードパッケージの1/3の価格で販売します。


  • 販路の拡大
    日本HPは、今回のVMware Infrastructure 3の発売に伴い、同製品について従来の直接販売中心の取り扱いに加え、販売代理店経由での販売を開始します。また、8月上旬にはHP Directplus でもVMware製品を販売開始します。
<本日発表の主な新製品>

製品名 標準小売価格 出荷開始
VMware Infrastructure 3
Starter 2プロセッサライセンス
168,000円(税抜160,000円) 7月下旬
VMware Infrastructure 3
Standard 2プロセッサライセンス
HP ProLiant Essentials 付き
630,000円(税抜600,000円) 7月下旬
VMware Infrastructure 3
Enterprise 2プロセッサライセンス
HP ProLiant Essentials 付き
966,000円(税抜920,000円) 7月下旬
VMware Infrastructure 3
期間限定アップグレードパッケージ
168,000円 (*1)(税抜160,000円) 7月下旬

*1: 2006年12月31日までの期間限定パッケージです。
通常価格は504,000円(税抜480,000円)となります。

<VMware Infrastructure 3の紹介>

VMware Infrastructure 3は、従来のVMware ESX Serverに比べ、対応ハードウェアがより広範囲に拡充されました。特に、ストレージ装置の技術への対応が強化され、iSCSI接続やストレージの共有によるクラスタリングへの対応など、さらに仮想化技術の利用範囲が広がりました。
VMware Infrastructure 3は Starter/Standard/Enterpriseの3つのパッケージで発売されますが、それらの特長は以下の通りです。

VMware Infrastructure 3 Starter 2プロセッサライセンス
仮想化ソフトウェアとローカルディスク、NAS に対応した仮想ファイルシステム(VMFS)など、 仮想化の基本的な機能で構成されます。
また、日本HPによる1年間の保守サービス(標準時間対応)を含みます。(*2)

VMware Infrastructure 3 Standard 2プロセッサライセンス HP ProLiant Essentials 付き
Starter の提供機能に加え、仮想マシンで最大4基までのプロセッサを同時に利用できる機能「Virtual SMP(Symmetric Multi-Processing)」や、外付けディスクからの仮想マシンの起動に対応します。さらに日本HP独自の追加機能として、HP ProLiantサーバ上での仮想化環境の管理を容易にする「HP ProLiant Essentials Virtual Machine Management Pack(VMM)」、既存のサーバ環境の仮想化環境への移行を用意に行える「HP ProLiant Essentials Server Migration Pack(SMP)」が各1ライセンス標準添付されています。
また、日本HPによる1年間の保守サービス(標準時間対応)を含みます。(*2)

VMware Infrastructure 3 Enterprise 2プロセッサライセンス HP ProLiant Essentials 付き

Standardの提供機能に加え、高性能の高可用性、運用性の機能を搭載しています。従来のVMotionによるオンライン中のサーバ移動などの機能はもちろん、ワークロード管理やクラスタ製品への対応、バックアップ専用サーバを利用した高度なバックアップ機能なども強化され、より本格的なエンタープライズ環境での利用を想定した製品となっています。
日本HPの追加機能としては、VMMが1ライセンス、SMPが5ライセンス、そして1年間の保守サービス(標準時間対応)が標準添付されています。(*2)

*2:標準時間=祝祭日、年末年始を除く平日(月〜金)の8:45〜17:30

日本HPは、アダプティブ・インフラストラクチャ戦略が提唱する次世代のデータセンターの実現のためのキーとなる技術の一つとして仮想化を位置づけ、仮想化技術の普及に注力しています。VMware社との共同検証により、HP ProLiantサーバは業界でも最多クラスの動作確認済み機種を揃えています。また、VMware製品のOEM販売を行うほか、物理サーバと仮想サーバの統合管理ソフトや仮想サーバへの移行支援ソフトを自社開発するなど、先進的な取り組みにより業界をリードしています。今回、最新の仮想化ソフトウェア製品をさらに多くの販路と充実したサポート体制で発売することにより、より多くのお客様の、より広範囲なシステムにおける仮想化技術の導入を促進します。

■ HPが販売するVMware製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/vmware/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡