Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年7月6日

x86サーバ向けストレージ製品でiSCSI本格対応

- サーバとストレージの「標準機能」でSAN構成を実現し、中規模以下の
システム環境でもストレージ/バックアップ統合を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日iSCSI(アイ・スカジー)対応のストレージ製品を発売します。これによりHP StorageWorks(エイチピー ストレージワークス)ブランドすべてのディスクアレイ製品と仮想テープライブラリ製品においてiSCSI対応が完了しました。

iSCSIとは、ネットワーク(イーサネット)経由でサーバとストレージを接続し、ファイバチャネルと同様に複数のサーバでストレージを共有できる技術です。iSCSIを利用したストレージ接続では専用ネットワークへの追加投資が不要で、既存のサーバ間通信用のネットワーク基盤をそのまま活用できるため、ファイバチャネルより安価にSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)を構成できるという特長があります。
最新のHPのx86サーバ「HP ProLiant 300シリーズ」などは、iSCSIに対応した「マルチファンクション Gigabitネットワークコントローラ」を標準搭載しています。これらのサーバと本日発売するiSCSI対応ストレージ製品を組み合わせれば、他に特別な機器を用意することなくSANを構築できます。iSCSIにより、これまで初期投資額の大きいファイバチャネルSANの導入を見合わせていたユーザでも、ストレージ/バックアップ統合管理などのSANのメリットを得られます。
日本HPは今後、外部ストレージがサーバに直接接続されている特に中規模以下のシステム環境において、ストレージ装置やバックアップ機能の統合・集約を目指し、iSCSIの普及を進めていきます。

<本日発表の新製品>

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP StorageWorks Modular Smart Array 1510i 714,000円〜(税抜680,000円〜) 7月下旬
HP StorageWorks 1002i Virtual Library System 714,000円〜(税抜680,000円〜) 8月上旬
HP StorageWorks Enterprise Virtual Array
iSCSI接続キット
1,459,500円〜(税抜1,390,000円〜) 7月下旬
HP StorageWorks XP12000/10000
8ポート Gb iSCSI CHIP
個別見積もり 7月下旬

<iSCSIの特性を活かしたHPのストレージ統合>

これまでiSCSIの利用が普及しなかった理由としては、ストレージ接続に十分な性能を出すためにサーバ側にiSCSI専用のネットワーク・カードの追加が必要であったこと、またiSCSI対応のストレージ製品が高価であったことなどが挙げられます。
今回、日本HPがサーバ/ストレージ双方でiSCSI対応製品を発表したことにより、限られた予算でもSANを構築し、ストレージを統合管理できるようになりました。データの管理・バックアップの運用作業を個々のサーバから共有ストレージに移行・統合することで、システムの継続性や運用性を劇的に改善します。また、システム更新の際にもデータをストレージに置いたままサーバのみを入れ替えるなど、柔軟な運用が可能になります。このように、中規模以下のシステムには高価であったファイバチャネルSANによるストレージの統合管理が、iSCSIの導入によって数分の一のコストから実現できるようになります。

<新製品の概要>

iSCSI対応ストレージ製品は以下のとおりです。なお、対応OSは当初いずれもWindows®(2000以降)のみとなります。Linuxには将来対応予定です。

HP StorageWorks Modular Smart Array 1510i(MSA1510i)
MSA1510iは、iSCSI対応ネットワークポートを標準搭載した、最大16TB のデータを格納可能なエントリー・クラス・ディスクアレイです。従来のMSAシリーズはサーバ直結のディスクストレージとしての用途が中心でしたが、iSCSI対応によりMSAの優れた容量拡張性を活かし、複数台のサーバが共有するストレージ装置として利用できます。

HP StorageWorks 1002i Virtual Library System (VLS1002i 仮想ライブラリ)
VLS1002i仮想ライブラリは、LAN環境の自動データバックアップと高速リストアを提供するディスクベースのiSCSIバックアップ・ソリューションです。iSCSI接続のため既存システムにほとんど影響を与えることなく導入でき、初期投資額を抑えることができます。RAIDで構成された1.5TBの容量を持ち、バックアップの信頼性・管理性を高めます。また、バックアップソフトウェアHP Data Protector Express シングルサーバ版が無償で添付されています。

HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA) iSCSI接続キット
EVA iSCSI接続キットは、既存のEVA4000/6000/8000にiSCSI接続機能を付加する製品です。EVAはファイバチャネルSAN環境におけるストレージ統合のためのミッドレンジディスクアレイ製品ですが、本キットにより1台のEVAでSANとiSCSIの両方を用いたストレージ統合が可能になります。

HP StorageWorks XP12000/10000 8ポート Gb iSCSI CHIP*
ハイエンド・ストレージXPファミリにおいてもiSCSI対応を開始します。XPを中心とした大規模SAN環境において接続の選択肢が広がり、HP ProLiantを用いたシステムで低コストでのストレージ統合が可能になります。

*CHIP: クライアント・ホスト・インタフェース・プロセッサ(ホスト接続用モジュール)

■ マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

マイクロソフト株式会社 執行役
ジャパングローバルパートナー担当兼サーバープラットフォームビジネス本部 本部長
ガース フォート様

iSCSI対応ストレージ製品の発売、誠におめでとうございます。ストレージとサーバーを包括的にカバーするHPのiSCSI戦略が、大規模組織だけでなく、中小規模環境における外部ストレージ統合を加速し、ストレージの運用管理の改善に最適なソリューションとしてお客様に支持されると考えています。Microsoft® Windows® Server 2003 R2 は、iSCSIを既にサポートしており、次期サーバーOSのWindows Server "Longhorn"では更にサポートの強化を図り、積極的な投資を行ってまいります。

■ 本日発表の新製品の情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_new/

■ HP StorageWorksに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡