Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは株式会社電通国際情報サービスと日本ヒューレット・パッカード株式会社の共同リリースです。
重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2006年8月2日

株式会社電通国際情報サービス
日本ヒューレット・パッカード株式会社

電通国際情報サービスと日本HPが
エンタープライズ領域のオープンソース活用で協業

- 日本発のオープンソース・ソフトウェア「Seasar2」を中心に、
SIとハードウェアベンダによる戦略的協業を開始 -

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、社長:水野紘一、以下ISID)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾、以下日本HP)は、企業システムでの採用が急速に拡大しているオープンソース・ソフトウェア領域における協業を開始します。本協業は、日本発のオープンソース・ソフトウェア「Seasar2(シーサーツー)」(Java開発用フレームワーク)の採用促進を中心とするものです。両社が設立する協業チームにより、オープンソース・ソフトウェア領域における市場開発から販売活動、システム構築、運用・保守までの各段階において協力することで、オープンソース・ソフトウェアの導入が進む金融業界や、製造業界をターゲットに、オープンソースを活用したエンタープライズ向けソリューション提供の強化・拡大を目指します。
なお、日本発のオープンソース・ソフトウェアに関するSI(システムインテグレータ)とハードウェアベンダの協業は日本で初めてとなります。

<本協業による提供サービスの内容>
「Seasar2」は、DIやAOP(*1) といった最新の設計思想をいち早く導入した、次世代のJava(J2EE)開発用フレームワークです。従来のEJB(*2) の複雑性を克服するために開発され、システム開発の飛躍的な効率化・最適化を可能にします。今後、オープンソース・ソフトウェアの活用が期待される、業務アプリケーション向けの開発フレームワークとして、すでにエンタープライズ分野での採用も始まっています。
両社は、この「Seasar2」を中心に、ITコスト削減が期待できるオープンソース・ソフトウェアの市場開発、販売活動、システム構築、運用・保守までの各段階において情報やサービスを提供し、オープンソース・ソフトウェアを導入する際にお客様の持つ不安を解消します。今回の協業の具体的な活動は、以下のとおりです。

  1. 両社共同によるオープンソース・ソフトウェアの検証
    ISIDのSeasar2の商用サポートサービスおよび、その開発元であるSeasarファウンデーションへの支援などにより高い技術力と多くの経験を持つ専任チームと、日本HPのオープンソース・コンピテンシー・センタとの共同検証作業を行います。Seasar2およびその他のオープンソース・ソフトウェアとサーバやストレージ製品との組み合わせやベンチマーク、サイジングなどを両社共同で行い、検証結果を文書として公開します。


  2. お客様へのインフラ提案・構築支援サービスを提供
    両社の、エンタープライズ分野におけるオープンソース・ソフトウェアを活用したITシステムの豊富な構築事例により蓄積された技術力と経験、ノウハウをもとに、安心のインフラ提案サービス、構築支援サービスを共同で提供します。


  3. 運用・保守サポートの提供
    ISIDによるSeasar2に対する各種サポートメニューの提供を行い、システム開発の効率化を支援します。Seasar2に関するヘルプデスクで技術的な問い合わせへの回答、不具合の調査・修正、修正版ソフトウェアの提供などを行います。さらに、トレーニング、コンサルティング、ソフトウェア・ベンダ向けのサポートも別途対応します。


  4. オープンソース・ソフトウェアの市場開発で共同マーケティングを展開
    エンタープライズ分野におけるオープンソース・ソフトウェアの認知拡大と導入推進のため、Seasar2の利用促進を核とする共同マーケティングプランを策定し、共同で広告展開を行います。さらに、イベントやセミナー開催、カタログ制作など、共同マーケティング活動を展開します。
*1: DI(Dependency Injection:依存性注入)や、AOP(Aspect Oriented Programming:アスペクト志向プログラミング)は、J2EE(Java 2 Enterprise Edition)の開発基盤として、開発期間の短縮や品質、メンテナンス性、オブジェクト再利用性などの向上を実現可能な最新技術です。
   
*2: EJB(Enterprise JavaBeans)はサーバ向けJavaBeansの仕様で、ソフトウェアの部品であるEnterprise Beanを組み合わせてアプリケーション・ソフトウェアを構築しますが、そのフレームワーク自体の複雑さと重量性が開発者の負担となりつつありました。


<今回の協業の背景と目的>
ISIDでは、2005年11月にSeasar2の商用サポートサービスを開始し、2006年4月には、Seasar2専任のビジネス組織を発足させました。自社のソフトウェア開発にもSeasar2を利用するほか、金融機関をはじめとする企業ユーザに対し、Seasar2を活用したソリューション提供を拡大してきました。また、Seasar2の開発コミュニティのチーフコミッタが、商用サポートのリーダーを務めることで、開発と連動した高度なサポートを安定して提供することを可能にしています。
日本HPでは、エンタープライズ領域におけるHP-UXおよびHP-UX版のMC Java(Mission Critical Java)(*3)を活用した、最新かつ安心できるJavaソリューションを提供するとともに、世界レベルでオープンソース・ビジネスに対するリーダーシップを確立してきました。また、商用とオープンソース・ソフトウェアをHP-UX、Linux、WindowsといったマルチOS上で選択し、活用可能にするアプローチとして「HP Open Source Integrated Portfolio」を確立するとともに、HPオープンソース・コンピテンシー・センタを設立し、サポートとコンサルティング、検証結果の文書の提供を行っています。また、これにより、従来からオープンソース領域で実績のある業界標準x86サーバ「HP ProLiant サーバ」だけでなく、ミッションクリティカル領域で多数の実績のあるHP-UX搭載「HP Integrity サーバ」や「HP BladeSystem」とオープンソース・ソフトウェアを活用したシステム構築を推進します。

今回の協業は、SI、ハードウェアベンダとしてそれぞれオープンソース・ソフトウェア分野において他社をリードする実績を持つ両社のソリューションと実績を組み合わせてお客様に提供することで、エンタープライズ市場におけるオープンソース・システム構築のシェア拡大をともに目指すものです。
これまでSeasar2は、開発者以外には導入メリットが理解しにくいことに加え、提供コンポーネントが多く関連内容を把握するのに時間がかかるという、普及面での課題を抱えていましたが、これらの課題を両社の共同マーケティング等で解消していきます。また、HP-UX、Linux環境での検証や、Seasar2+Tomcat+Hibernate(*4) 等の他オープンソース・ソフトウェアとの組み合わせによる動作検証をマルチOS上で開始し、検証結果を提供することで、一層の採用の拡大を図ります。

*3: HP独自のミッションクリティカルシステム向けのサポートソリューション付きJVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)で、最新かつ安定したバージョンを提供しています。
   
*4: Tomcat(トムキャット)はオープンソースのアプリケーションサーバで、Hibernate(ハイバネート)は、Javaのオブジェクト/リレーショナルマッピングのフレームワークです。

<参考資料: Seasar2およびSeasarファウンデーションについて>
Seasar2は、特定非営利活動法人Seasarファウンデーションがオープンソース・ソフトウェアとして開発 及びコミュニティ運営を行っているJava開発用フレームワークです。日本発のオープンソース・ソフト  ウェアとして、今後、利用者のさらなる拡大が見込まれています。また、Seasar2はISID社員である比 嘉康雄がチーフコミッタとして開発を行ってきました。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡