Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年9月6日

既存環境を活かした統合化と能動的な変更を実現する
HPの運用管理新戦略「Active CMDB」を発表

- Active CMDBを構成するHP OpenView ソフトウェア4製品も発売 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、ITインフラストラクチャが仮想化や自動化技術を使い、効率的かつダイナミックに利用される中、より高度な管理手法を要求されるようになったITサービスに対し、ビジネスとの整合を図りながら、より現実的な管理の統合化・自動化を実現する新戦略「Active CMDB(アクティブ・シーエムディービー)」を発表します。また、この新戦略を構成する管理製品4製品も販売開始します。

HPでは、アダプティブ・エンタープライズ戦略を推進するなかで、ビジネスの変化に迅速に適応できるITを実現するため、数多くのHP OpenViewの管理製品群を提供してきました。今回HPは、ITマネジメントの階層を、ハードウェアなどのシステム基盤の「最適化」、基盤を最良の状態に維持・管理するための日々の活動におけるITプロセスの「自動化」、ITを利用しながら営まれる実ビジネスとの「整合」という3つの階層から成る「三層成熟度モデル」として定義し、HP OpenViewの管理製品群の位置づけを整理しました。その上で、これらの定義に基づき、ITマネジメントのオープンな統合化と、能動的な管理による自動化を目指す「Active CMDB」戦略を提唱します。

<既存環境を生かしながらCMDBを超えた多様な要求を実現する「Active CMDB」戦略>
企業において運用管理の手法としてITIL(*1) の普及が進むなかで、管理データを集中化して保管する構成管理データベース「CMDB(Configuration Management Database)」の重要性はますます高まってきました。しかし、実際のIT環境には、CMDBや、それに類するツールの一部としてのデータベースが複数存在し、その維持管理が難しくなっているのが現状です。これまで利用していたデータベース類を一元化し、新規の単体CMDB製品に置き換えるという方法もありますが、そのためには蓄積された複雑なデータの統合作業における、様々なリスクや困難、統合後の性能面での問題等を考慮する必要があり、現実的とはいえません。HPの「Active CMDB」戦略では、HP OpenViewの管理製品だけでなく、他社の管理製品を含め既存のIT投資をそのまま活用しながら、複数のデータベースを連携させます。そして、それぞれのデータを同期、調整することで、あたかも一つのデータベースのように利用でき、同時にデータの一貫性も確保します。また、「Active CMDB」は、近い将来には、ポリシーベースの能動的な変更・構成管理による自動化機能を装備する予定です。現在から将来にわたるロードマップによって提供される機能は以下のとおりです。

*1: 英国商務局がまとめたITサービスマネジメント、運用規則に関する一連のガイドブックです。
  1. 現状提供している「Active CMDB」によるアプローチ
    今回発表する4製品により、「ITILプロセス管理」、「IT資産管理」、「構成管理」、「アイデンティティ管理」、「アプリケーション管理」、「統合イベント/パフォーマンス管理」、そして「分析・レポート」という「Active CMDB」を構成する各管理アプリケーション領域について、具体的なHP OpenView製品を提供することになり、管理ソフトウェア業界でも随一のラインアップとなります。
    これらITILの構成管理に関係する各管理アプリケーションは、他のHP OpenView製品および他社製品との間でデータベースを連携させることで、データの更新を同期し、また一定のルールに則り調整します。この機能は、今回発表のHP OpenView Enterprise DiscoveryやHP OpenView Connectorといった既存の技術を活用しながらも、一連のトランザクションの流れが能動的に行われるよう連結されており、計画的な変更のみならず計画外の変更が行われてもIT環境の状態が適切に各CMDBに格納されます。またHP OpenView製品間だけでなく、BMC Remedy, IBM Tivoli, LANDesk, Microsoft SMS, SAP mySAP ERPなどとの接続も実現しています。


  2. 近い将来の「Active CMDB」によるアプローチ
    HP OpenView製品間の連携を、既存の手法に加えてWebサービスやSOA ベースの標準技術で実現し、さらにこれをオープンにすることで、より多くの他社製品との連携も可能にします。これにより、CMDBを構成するデータの連携・同期・調整についてのトランザクションのパフォーマンスも高め、適時性の高い統合化を促進します。
    さらに、IT環境を調査しITILのCMDBとの差異を調整するという現在のアプローチとは逆に、「Active CMDB」 は、IT環境全体に対し、一貫性のある統制された変更を自動的に行う「ITのポリシーを保管する場所」としての利用が可能になります。CMDBにIT環境の状態を受動的に反映するのではなく、「Active CMDB」がCMDB内にあらかじめ定義された構成ポリシーをもとに、IT環境を「あるべき姿になるよう」に変更できるようになります。この機能は、仮想化環境でのITインフラストラクチャやデータセンタの自動化を支援する機能としても、有効なものです。この能動的な変更・構成機能を含む自動化は、2008年までに実現します。
<「Active CMDB」戦略強化のためHP OpenView管理ソリューション4製品を発売>
今回、発売となるHP OpenViewソフトウェア4製品の詳細は以下のとおりです。

日本で多くの実績をもち、ITILのプロセスを管理するHP OpenView Service Desk 5.1

ITILのプロセスに基づきITサービスマネジメントを支援するCMDBツールとして、日本で多くの実績をもつ「HP OpenView Service Desk」の最新バージョンです。SLM(サービスレベル管理)モジュールを大幅に強化し、サービスを可視化して定義するサービスエディタを装備したほか、CMDBをグラフィカルに表示できるようになりました。また、ITIL環境への導入が容易で、国内外含めて2,400社以上の導入事例があります。

・ITILプロセス管理製品

製品名 最小構成価格 販売開始日
「HP OpenView Service Desk 5.1
(エイチピー・オープンビュー・サービス・デスク)」
ヘルプデスク + チェンジマネージャ
+ サービスレベルマネージャ
7,074,900円〜
(税抜6,738,000円〜)
11月1日


IT資産をライフサイクル全般にわたって管理するHP OpenView Asset Center 5.0

IT資産に関する一時点の情報を取得するだけではなく、IT資産の導入から廃棄までのサイクル全般にわたる、すべてのコストを記録、監視、管理します。また、ITILをベースに作られており、内部統制を遵守しながら、IT部門が物理的、経理的、契約的な観点から、すべての資産情報の集中管理を可能にすることで、CMDB構築の中核を担う構成管理機能を備えています。この最新バージョンでは、Webクライアントとソフトウェア資産管理機能を強化し、また、他HP OpenView製品との連携も拡大しました。

・IT資産ライフサイクル管理製品

製品名 最小構成価格 販売開始日
「HP OpenView Asset Center 5.0
(エイチピー・オープンビュー・アセット・センター)」
基本システム+ポートフォリオ 固定5ユーザ
2,829,750円〜
(税抜2,695,000円〜)
12月1日


「Active CMDB」の基盤となるインベントリを収集するHP OpenView Enterprise Discovery 2.1

企業のIT環境に存在するハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク機器等、すべてのIT資産のディスカバリ(検出と識別)を行い、マップ表示を可能にするとともに、インベントリ(IT資産の各リソースの目録)を収集・管理を行います。収集した情報の重要項目は必要に応じて、「Active CMDB」に格納されます。設置個所や詳細な構成情報、利用状況を視覚化することで、IT資産の利用効率を高めるとともに、ソフトウェア・ライセンスの管理など、コンプライアンスの強化も実現します。

・IT環境ディスカバリ・インベントリ管理製品

製品名 最小構成価格 販売開始日
「HP OpenView Enterprise Discovery 2.1
(エイチピー・オープンビュー・エンタープライズ・ディスカバリ)」
ディスカバリ 100〜2,500ユーザ + インベントリ 100〜2,500ユーザ
443,100円〜
(税抜422,000円〜)
10月1日


IT新規投資、構成変更の意志決定をサポートするHP OpenView DecisionCenter 1.0

ITにおける新規サービスの提供や、重大な構成変更を行う際に、スタッフや予算、リソース、サービスレベル(SLA)などの情報を分析するとともに、シミュレーションを実行することで、経営者やCIOに必要な情報を提供し、その意志決定を支援する製品です。単なる可用性や障害のレポートではなく、ビジネスの戦略に沿った計測と分析による高度なレポートが可能です。特定のサービスや部署における性能低下やダウンタイムなど、あらかじめビジネス影響度ルールが作成でき、それに仮想的な障害を想定し、シミュレーションを行うことで、ビジネス側の観点からの予測とリスクの把握が可能になります。

・IT成果分析・シミュレーション製品

製品名 最小構成価格 販売開始日
「HP OpenView DecisionCenter
(エイチピー・オープンビュー・デシジョン・センター)」
21,000,000円〜
(税抜20,000,000円〜)
12月1日

<HP Software Forum Tokyo 2006を開催>
テーマ: 内部統制時代に求められるITの変革
〜「3つの視点」でひも解く戦略的ITマネジメント〜
日 程: 2006年9月19日(火)
時 間: 10:00〜18:30(受付時間9:30〜)
場 所: 東京コンファレンスセンター・品川
〒108-0075 東京都港区南1-9-36 アレア品川 3F〜5F
主 催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
申 込: こちら のURLからお申し込み頂けます。(事前登録制)
http://www.hp.com/jp/swf2006/

■ 添付資料
      HP OpenView Service Desk 5.1について
HP OpenView AssetCenter 5.0について
HP OpenView Enterprise Discovery 2.1について
HP OpenView DecisionCenter 1.0について
( PDF: 96KB )

■ HP OpenViewに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/openview/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡