Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年9月7日

HP Integrity サーバに上位機種並みの信頼性を備えた
エントリサーバ2機種を発売

- 既存ラインアップにもデュアルコア版 インテル®Itanium®2 プロセッサを搭載し、
Integrity サーバの販売を強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、最新のデュアルコア インテル®Itanium®2プロセッサ9000番台(開発コード名:Montecito)を搭載した「HP Integrityサーバ シリーズ(エイチピー・インテグリティ)」の販売を開始します。 ハイエンドサーバ「HP Superdome(スーパードーム)」ならびに、従来から販売しているHP Integrityサーバシリーズ(rx8640, rx7640, rx4640, rx2620)の全5機種に同プロセッサを搭載した新製品を発売し、また新たにエントリレベルサーバ「HP Integrity rx3600(以下rx3600)」「HP Integrity rx6600(以下rx6600)」の2機種を追加します。すべての製品を本日から販売開始します。
これにより、既に多くの実績を持つハイエンド、ミッドレンジのサーバ市場に加え、処理性能、信頼性が求められるようになってきたエントリレベルの市場でのサーバ販売を拡大します。
また、エントリレベルの製品販売強化の施策としてメモリやハードディスク、OSなどをパッケージ化し、低価格で提供する「HP Integrity QuickValue シリーズ」の販売を本日から開始します。

■ 新機種「rx6600」「rx3600」の特長
近年、企業では小規模な環境においても、ビジネスプロセスがITに依存した環境になりつつあ り、ますますシステムの信頼性が重要なものとなってきています。また、日々増大する処理要求に安定して応えられる、高い処理性能も同時に必要とされています。このような市場の要求にこたえるため、デュアルコア インテル®Itanium®2プロセッサ9000番台(開発コード名:Montecito)の登場にあわせ、エントリレベルのサーバラインアップを強化します。新たに投入するエントリレベルサーバ「rx6600」「rx3600」の特長は、以下のとおりです。

<上位機種と同等の信頼性向上機能を提供>
新しくエントリレベルサーバ製品のラインアップに加わった「rx6600」「rx3600」には、HPが独自に新開発したエントリレベルサーバ用チップセット「HP zx2」を初めて採用しました。この HP zx2 により、今までは上位機種のみに装備されていた機能を実装し、市場の要求であるエントリサーバにおける信頼性の向上を果たしました。
2つのメモリチップに障害が発生してもシステムが停止しないメモリのダブルチップスペアリング、メモリ障害によるシステムへ影響を回避するアドレスラインとコントロールラインのパリティチェック、PCIバスのECC保護など、上位機種の機能を、エントリレベルサーバに積極的に採用することで、ダウンタイムの極小化を実現し、システム単体での可用性を大幅に強化しています。

<処理性能の向上>
HP zx2チップセットは、従来の HP zx1 チップセットと比較して、プロセッサバス帯域幅の33%向上、メモリ帯域幅の66%向上、PCI-X 2.0(Mode 2)とPCI-Expressのサポートによる転送速度の高速化、さらにデータ転送速度の高速なDDR2 メモリを新しくサポートしています。これらにより大幅な処理性能向上を実現します。また、2.5インチ SAS ハードディスクドライブも新たにサポートし、筐体に最大 16ドライブ (rx6600)内蔵可能であり、1筐体内で大容量データを管理可能です。これらの機能強化により、様々なベンチマークテストで、最速の値を達成しています。
(ベンチマーク結果の詳細は、後述の「新製品の達成したベンチマーク記録」を参照ください。)

<新たなリモート管理機能iLO2(Integrated Lights Out2)を搭載>
webブラウザ経由でセキュリティレベルの高いリモート管理を提供するiLOに、遠隔地のキーボードやマウスから監視対象のサーバの操作ができるvKVM (バーチャルKVM)や遠隔地にあるCDなどのメディアを監視対象のサーバに接続されたドライブとして利用できるvMedia (バーチャルメディア) の機能を強化しました。また、ハードウェアの管理製品HP SIM(Systems Insight Manager)と連携しての一斉管理操作も実現しています。

<HP zx2搭載 「rx6600」「rx3600」の製品概要>

HP Integrity rx6600
プロセッサ: デュアルコア インテルItanium 2プロセッサ
9050(1.60GHz/24MB)、9040(1.60GHz/18MB)、9020(1.42GHz/12MB)
(最大4プロセッサ/8コア搭載可能)
メモリ: 最小2GB/最大96GB(2006年末に最大192GBへ拡張予定)
HDD: 2.5インチ SAS ドライブを最大16基内蔵可能


HP Integrity rx3600
プロセッサ: デュアルコア インテルItanium 2プロセッサ
9020 (1.42GHz/12MB)
9040(1.60GHz/18MB)11月販売開始予定
(最大2プロセッサ/4コア搭載可能)
メモリ: 最小2GB/最大48GB(2006年末に最大96GBへ拡張予定)
HDD: 2.5インチ SAS ドライブを最大8基内蔵可能


■ 上記2製品を含む今回発表の新製品全7機種共通の特長

<デュアルコア版Itanium 2プロセッサ搭載でシステム性能・電力効率が2倍以上に>
今回発表の7機種は、従来のシングルコアItanium 2プロセッサ搭載モデルに比べ、パフォーマンスを最大2倍以上向上させています。さらに、電力効率(パフォーマンスあたりの消費電力)を2倍以上向上させ、さらなる低消費電力を実現しています。また、デュアルコア化によりプロセッサの拡張性が2倍に増え、各クラスのモデルともワンランク上のサーバと同等のスケーラビリティを実現しています。

<システム全体の費用の低減が可能に>

今回の新製品では、いままでのシングルコア版プロセッサに対してデュアルコアプロセッサはプロセッサコアあたり最大45%の低価格化を実現しています。また、主要なISVアプリケーションのライセンスはシングルコア・プロセッサでもデュアルコア・プロセッサでも同一費用のものが多く、デュアルコア版Itanium 2プロセッサ搭載サーバを導入するにより、コアあたりのライセンス費用を半分程度に低減することが可能です。これらにより、システム全体の費用低減が可能になります。特に Oracleデータベースにおいては、デュアルコアItanium2搭載サーバは、RISCプロセッサ搭載サーバと比較して有利なライセンス体系となっており、さらに価格メリットがあります。

■ HP Integrity QuickValue シリーズの設定

<低価格バンドル製品の追加>
今回の発表にあわせ、新たに低価格バンドル製品 HP Integrity QuickValue シリーズを追加します。これは、サーバにプロセッサ、メモリ、HDD、OS などをバンドルし、システム構成の手間を削減し、特別価格で提供するものです。

rx2620 バンドル
デュアルコア1.40GHz/12MBプロセッサ x 1
2GB メモリ、73GB HDD x 2、DVD ドライブ、HP-UX11i (プリインストール)
バンドル価格: ¥1,100,000(税抜き)

rx3600 バンドル
デュアルコア1.42GHz/12MB プロセッサ x 1
2GB メモリ、73GB HDD x 2、DVD ドライブ、HP-UX11i (プリインストール)
バンドル価格: ¥1,600,000(税抜き)


■ 新製品の達成したベンチマーク記録
新製品rx3600/rx6600は、様々な処理性能向上に関する機能強化により、以下のベンチマークにおいて最速の値を達成しました。

エンタープライズ向けJavaシステムのサーバが良く使われる領域での処理性能の指標であるSPECjAppServer2004のベンチマーク結果において、BEAシステムズ社のBEA WebLogic Server® 9.1との組み合わせで以下の3つのカテゴリで最速の記録を達成しています(*)
  • 4デュアルコアプロセッサ(8コア)×4台構成(rx6600):4915 JOPs
  • 2デュアルプロセッサ(4コア)×1台構成(rx3600):618 JOPs
  • 4デュアルプロセッサ(8コア)×1台構成(rx6600):1266 JOPs
また、オンライントランザクションの処理性能の指標であるTPC-Cのベンチマークにおいてオラクル社のOracle Database 10g との組み合わせで以下の最速記録を達成しています。(*)
  • 2デュアルコアプロセッサ(4コア)×1台構成(rx6600):230,569tpmC
この他、様々なベンチマークで最速の記録を達成しています。

(*) これらの結果は、2006年8月29日におけるものです。
詳細は、www.spec.org  を参照ください。

■ HP Integrityに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/integrity/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡