Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年10月13日

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
ヒューレット・パッカード カンパニー

様々なセンサネットワークと携帯電話機の通信を可能にする
基盤ミドルウェアの試作版を開発


株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ、代表取締役社長:中村維夫、本社:東京都千代田区)及びヒューレット・パッカード カンパニー(以下HP、本社:米国カリフォルニア州パロアルト市)の2社は、携帯電話機とセンサの連携等に関する共同研究を進めてまいりましたが、この度、店舗や家庭等に設置されたセンサで構成される様々な通信方式のネットワーク( 以下、センサネットワーク(*1) )と、携帯電話機との通信を可能にするセンサネットワーク基盤ミドルウェアの試作版を開発しました。

本ミドルウェアは、センサネットワークに採用される様々な通信方式に対応するインターフェースと、携帯電話機とセンサとのデータのやり取りを可能にする機能を備えています。本ミドルウェアを利用したソフトウェアをセンサネットワークや携帯電話機に搭載することで、携帯電話機から様々な通信方式のセンサネットワークに直接アクセスして情報を取得したり、センサネットワーク内の機器を制御したりすることが可能になります。また、どの通信方式のセンサネットワークでも動作するアプリケーションや機器の開発が可能になり、将来は、携帯電話機と防犯機器や家電製品、ICタグリーダ等の機器がシームレスに接続され、様々なサービスが開発されることが期待されます。

ドコモでは今後、PUCC(*2) 等における提案技術の標準化を視野に入れ、ドコモ及びHPの2社で、本ミドルウェアに関する更なる技術検証や実証実験を行っていきます。

*1 センサネットワーク:
物体の動きや温度の変化等を感知する機能を持ったセンサが、相互に通信を行うことで形成されるネットワーク。「店舗やトラックにセンサを設置して、荷物の追跡管理や商品の在庫管理を行う」等の利用例が想定される。現在、Bluetooth、IEEE1349、ZigBee等、複数の通信方式が併存している。
 
*2 PUCC(Peer to Peer Universal Computing Consortium):
ピアツーピアネットワークシステムや関連装置の開発、製造等に従事する法人会員からなる標準化団体。
製品の互換性確保等の課題に対処することを目的として、2004年12月1日に設立された。
会員数は、2006年9月29日現在で22法人(13企業、8大学、1団体)。

■ 添付資料
     センサネットワーク基盤ミドルウェアについて ( PDF:85kb )

#     #     #

Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡