Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
(注)10/13に掲載の本「お知らせ」は、10月2日(米国時間)にヒューレット・パッカード カンパニーとソニー株式会社が共同で発表した文章と、HPからの情報の2つをあわせた内容になっておりましたが、両社が共同で発表した内容とHPが公表した情報を明確に区別する必要があるため、2つの内容を分けて掲載することにいたしました。HPが提供した安全性に関する情報につきましては、別途掲載しております「ソニー製バッテリパック問題の安全性に関するアップデート情報」をご参照ください。

HPとソニーがバッテリ問題に関し共同声明を発表


この「お知らせ」は、2006年10月2日(米国時間、以下文章中の日付は、すべて米国時間)にカリフォルニア州パロアルトでソニー株式会社と発表した共同声明の日本語抄訳です

カリフォルニア州パロアルト、2006年10月2日-ヒューレット・パッカード カンパニー(以下、HP)は当社製のノートPCに使われているバッテリ・セルについてソニーと検証を行なってきました。その結果、両社はHPのPCシステムの設計の観点から、ソニー製のバッテリ・セルを使用しているHPのノートPCは、今回発生している過熱の傾向はないとの確信にいたりました。

HPとソニーは検証の結果、いかなるバッテリも機能不全や過熱の可能性が全くないとは言い切れませんが、ソニー製の2.4Ahあるいは2.6Ahのセルを使用したHPのバッテリパックについては、現時点で安全上の問題はないとの結論に達しました。その結論に基づき、HPは、9月28日(米国時間)にソニーが発表した全世界における自主交換プログラムの対象とする必要がないと判断しました。
現在のところソニーが2006年9月28日に発表した全世界での自主回収プログラムに該当するバッテリを使用したHPノートPCにおいて、過熱の報告はありません。

本件について、HPのノートPC部門のシニア・バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャのテッド・クラークは以下のように述べています。「HPにとって、顧客満足と安全性は最優先事項です。ソニーと問題を検討した結果、当社の製品は過熱を避けるための適切な充電および回路保護の機能を備えていると確信しています。いかなるバッテリも機能不全や過熱の可能性が全くないとは言えませんが、HPのバッテリ対策は当社独自のものであり、業界でも独特な、数あるHPの安全仕様に基づき設計されています。」

危険性を最小限にし、長期のバッテリ性能を確保するため、バッテリ・セルは細心の注意を持って選択され、厳重に検査されています。HPのバッテリパックは堅固に組み立てられ、複数の安全回路を持ち、お客様に届く前に、バッテリ単体、またシステムに組み入れた形でも検査が行なわれています。充電技術はセル製造業者の推奨に基づき、最大充電レベルを超えないよう設計されています。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡