Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社、丸紅情報システムズ株式会社による共同リリースです。各社より重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2006年11月7日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社
丸紅情報システムズ株式会社

セキュアで生産性の高いメッセージインフラの実現に向けて

日本HP、マイクロソフト、丸紅情報システムズ
3社が共同で最新のビジネスワークスタイルを
体験できるホスティングサイトの提供を開始

- Microsoft® Exchange Server 2007 をいち早く、手軽に体験できる
「Try Exchange! プロモーション」を開始 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、日本HP、本社:東京都千代田区)、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)、丸紅情報システムズ株式会社(本社:東京都墨田区)は、Microsoft® Office のデスクトップアプリケーション製品や、Windows Mobile® 対応デバイスから、マイクロソフトのメッセージングシステムの次期版であるMicrosoft Exchange Server 2007 (以下、Exchange Server 2007)にWeb上からアクセスし、セキュアかつ生産性の高いビジネスワークスタイル をホスティング環境で手軽に体験できる「Try Exchange!」プロモーションを開始します。本プロモーションは、2007年6月30日まで実施し、20,000ユーザに体験いただくことを目標とします。

現在Windows Mobile端末をお使いのお客様や、年内に提供開始を予定しているthe 2007 Microsoft Office system(以下、2007 Office system)の導入をご検討いただいているお客様もサーバー環境を構築することなく「Try Exchange」のサイトにアクセスすれば、Exchange Server 2007にて提供されるセキュアで生産性の高いワークスタイルを手軽に体験いただくことができます。

■ 「Try Exchange!」 の概要

サイト開設期間: 2006年11月7日(火)から2007年6月30日(土)
URL: http://www.microsoft.com/japan/exchange/try/ 

サイトで体験できるITシナリオの一部:
   オフィス内での利用を想定した以下の主なシナリオ

  • Outlookクライアントからの接続
  • 電子メールフロー送受信制御
  • スケジュール共有、会議開催依頼の確認
   社外からのアクセスを想定したシナリオ
  • Webブラウザクライアント Outlook Web Access (OWA) を用いたシナリオ
  • 電子メール送受信、スケジュール共有、会議開催依頼
  • 社外からVPNを介さずに、共有ファイルサーバー、Office SharePoint® Serverに格納した情報を参照

日本HPは、長年にわたるマイクロソフトとの64bit環境での検証実績を高く評価され、マイクロソフトおよび丸紅情報システムズにより本体験サイトのプラットフォームを支えるサーバーベンダとして採用されました。日本HPが販売するHP ProLiantサーバーは、64bit ネイティブ対応した Exchange Server 2007 のパフォーマンスの最大化を可能にするインフラストラクチャ技術を搭載しています。
丸紅情報システムズは、2001年より市場へ提供している Exchange ASPサービス「V-service」及び専有型Exchangeホスティングサービス「Me@Gle Exchangeホスティング」で蓄積したノウハウを元に、本ホスティングプラットフォームの構築、運用を担当します。


Exchange Server は、日本市場において2年連続マーケットシェアNo.1を獲得しました(2006年IDC調べ※)。また、Exchange Server 2007 は、2006年内の提供開始を予定しており、様々なクライアントデバイスからのアクセス環境の提供、電子メールのセキュリティおよびコンプライアンス機能の強化が図られています。更に、情報管理機能をもつOffice SharePoint Server 2007、音声などのリアルタイムコミュニケーション機能を提供するOffice Live Communications Server 2005との連携も強化されセキュアで生産性の高いメッセージインフラの実現を支援します。

統合コラボレーティブ環境売上シェア
出典: 国内コラボレーティブアプリケーション市場 2005年の分析と2006年〜2010年の予測, 9/2006 (J6070107)

■ 日本ヒューレット・パッカード株式会社について
本プラットフォームに採用されたx64 HP ProLiant サーバーを販売。日本HPがマイクロソフトコーポレーションとの共同検証によってExchange 2007 の開発初期段階より蓄積してきたHP 64ビットハードウェアのサイジング、パフォーマンス結果を元に、ホスティング環境におけるパフォーマンスを最大化できるように技術支援を実施します。

■ マイクロソフト株式会社について
マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフト コーポレーションは、1975年に設立され、「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をする」、ソリューションにおける全世界でのリーディングカンパニーです。

■ 丸紅情報システムズ株式会社について
丸紅情報システムズ株式会社は、1981年に設立したユーザ系ソリューションプロバイダーです。総合商社丸紅グループの一員として業務を通じて培ったノウハウを活用してお客様にとって価値あるIT投資をサポートいたします。本体験サイトの構築、運用で蓄積した経験を元に、Exchange Server 2007の特徴を最大限に活かしたセキュリティ/コンプライアンス対策・モバイルアクセス・高可用性など、お客様の要望を実現しながらも複雑なサーバー運用の手間からお客様を解放する、占有型ホスティングサービスを2007年初旬から提供する予定です。

■ 添付資料
・Exchange Server 2007 対応モバイルソリューションパートナー様からのエンドースコメント
・Try Exchange! で体験シナリオについて ( PDF:100kb )


■ マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。
マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/japan/ 
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/ 

#     #     #

* Microsoft、SharePoint、Windows Mobileは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

お客様からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社
   カスタマー・インフォメーションセンター TEL:03-6416-6660

マイクロソフト株式会社
   カスタマー・インフォメーションセンター TEL:0120-41-6755

Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡