Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年11月20日

中小規模環境のシステム統合ニーズに応える、
ブレード型ストレージが登場

- ブレード型サーバ新製品の同時発売に加え、専門営業部隊の強化や新販促プログラムで、
ブレードシステムの更なる市場シェア拡大を推進 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、社長:小田 晋吾)は本日、ブレード型ストレージ製品「HP StorageWorks SB40c」を発表します。
HP StorageWorks SB40cは、新世代ブレードシステムHP BladeSystem c-Classのエンクロージャに搭載可能な、最大容量876GB(発売時点)のブレード型ディスクストレージ装置です。本製品は、ブレードシステム向けに手軽に導入可能な新たなストレージソリューションを提供し、中小規模環境におけるシステム統合ニーズに応え、新たな市場を開拓します。
また同時に、同じくHP BladeSystem c-Class用にデュアルコア AMD Opteron™ プロセッサ 8000シリーズを最大4基(8コア)搭載可能なブレード型サーバ「HP ProLiant BL685c」、最新のクアッドコア インテル® Xeon® プロセッサーを最大2基(8コア)搭載可能な「HP ProLiant BL480c」、「HP ProLiant BL460c」を発売します。
さらに、日本HPのブレードビジネスのさらなる成長を狙った新施策を実施します。ブレードシステム専門の営業組織を強化するほか、HP BladeSystemの高付加価値販売を目指すパートナー企業「HP BladeSystem Focus Partner」向けに、HP BladeSystem c-Classの販売を支援・促進する新販促プログラムを提供するなど、HPのブレードシステム市場でのシェアをさらに拡大するための新施策を実施します。

<本日発表の新製品>

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP StorageWorks SB40c 231,000円(税抜220,000円) 12月中旬
HP ProLiant BL685c 1,323,000円(税抜1,260,000円) 12月中旬
HP ProLiant BL480c クアッドコア搭載モデル 499,800円(税抜476,000円) 12月中旬
HP ProLiant BL460c クアッドコア搭載モデル 443,100円(税抜422,000円) 12月中旬

<「Blade-Everything」を実現するブレード型ストレージ>
今回新たに発売する「HP StorageWorks SB40c」は、「第3世代ブレード」HP BladeSystem c-Class専用の、ブレード型ストレージです。本製品の特長は以下の通りです。

  • 省スペースな、HP ProLiant BL460c/BL465cと同等のサイズ(HP BladeSystem c-Class c7000エンクロージャに合計16台搭載可能)
  • 1台あたり、146GBのSASハードディスクドライブを6基まで搭載可能(最大容量876GB)
  • 同一エンクロージャに搭載されたc-Class対応ブレード型サーバと、バックプレーンを介してSAS接続が可能
  • 低価格(20万円台のストレージ装置ながら、1TB近くまで拡張可能)
ブレード型ストレージは、小型であるだけでなく、増設や移設などの管理を楽に行うことができ、ストレージ装置においてもブレードシステムならではの高い管理性を実現します。
従来、ブレードシステムで大容量データを使用する場合、SAN接続の外付けストレージ装置が必要でした。今回のブレード型ストレージの発売により、外付けストレージを追加することなく、ブレードエンクロージャにそのまま大容量のディスクを搭載でき、中小規模環境におけるシステム統合ニーズにおいても、より気軽にブレードシステムを利用できるようになります。
本製品は、1サーバあたりのデータ容量が1TBまでの比較的小規模なシステムの多い環境で、機器の配線や接続が容易なブレードシステムの特長を活かした管理性の高いストレージ統合環境を構築したい場合や、ブレード型サーバで省スペース性を維持しながら大容量のストレージを利用したい場合に、最良のソリューションを提供します。

<AMD Opteron プロセッサ 8000シリーズ搭載の4CPUブレード型サーバ>
同時に、HP BladeSystem c-Classでは初めてとなる、最大で4つのデュアルコアプロセッサ(合計8コア)を搭載可能なブレード型サーバ「HP ProLiant BL685c」を新たに発売します。本製品は、HP BladeSystem c-Class c7000エンクロージャに最大8台搭載可能で、電力効率に優れたデュアルコアのAMD Opteron プロセッサ 8000シリーズを採用し、データベースなどの本格的な業務サーバとしても利用可能な高性能の実現と、消費電力の削減を両立しています。

<クアッドコア インテル Xeon プロセッサー搭載のブレード型サーバ>
また、先日発表したHP BladeSystem p-Class対応製品に引き続き、c-Class対応のブレード型サーバ「HP ProLiant BL480c/BL460c」においても、最新のクアッドコア インテル Xeon プロセッサーを搭載した新モデルを発売します。新モデルは、HP BladeSystem c-Class c7000エンクロージャに8台(BL480c)または16台(BL460cの場合)搭載可能で、CPU性能が従来モデルに比べ最大約50%向上し、高密度を維持しながらさらに優れた性能を発揮します。

<HP BladeSystem 販促施策>
日本HPは、新製品の発売に加え、HP BladeSystemのシェア拡大を目指し、販売活動における以下の施策を実施します。
  1. ブレード専門営業部隊「ブレードビジネス推進部」の体制強化
    2006年11月より、ブレードシステム専門の営業部隊の人員を倍増し、新たに「ブレードビジネス推進部」として再編成します。同部は営業組織の一部門として、顧客担当営業や営業支援SEとは別に、ブレードシステムの販売に特化して顧客担当営業やパートナー企業の案件支援活動を行います。専門知識とノウハウを備えた新たな営業部隊の始動により、販売組織をより強化し、HP BladeSystem c-Classの販売をさらに加速します。


  2. 新本社における検証施設の拡充
    従来、旧本社(天王洲)に設置されていた「BladeSystem Demo Center」、「Blade Solution Center」を新本社(市ヶ谷)に移転するに伴い、設備のリニューアル・拡充を行いました。特に、Blade Solution Centerでは新製品 HP BladeSystem c-Classを8セット配備し、より多くのお客様が同時に検証可能な設備を整えました。


  3. HP Blade Focus Partner向けに新施策「c-Class ロケットスタートプログラム」を実施
    HP BladeSystemの高付加価値販売を目指すパートナー企業13社からなる「HP Blade Focus Partner」を対象に、パートナーが新製品であるHP BladeSystem c-Classの実機に触れ、実案件に役立つノウハウを蓄積する機会を増やすため、以下の内容を含む「c-Class ロケットスタートプログラム」を実施します。

    ・ 特別価格での検証機材の提供
    ・ 各種の関連トレーニングを人数限定で無償提供
    ・ HP BladeSystem c-Class関連の最新情報の優先的な提供

■ 今回の新製品の詳細については以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/bladesystem_new/

■ HP BladeSystemに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/bladesystem/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡