Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年11月28日

「HPスーパーサイエンスキッズ」最終選考会を日本科学未来館にて開催

- 5名のスーパーサイエンスキッズを選出 -

日本ヒューレット・パッカード(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田 晋吾)が協賛するプロジェクト「HP スーパーサイエンスキッズ(HPSSK)」の最終選考会が11月26日に日本科学未来館にて開催され、小学校3年生から中学校3年生まで5名のスーパーサイエンスキッズが選ばれました。子どもたちの柔軟な創造性と科学的思考力を育む社会貢献活動の一環として始まったこのプロジェクトでは、「サイエンス」をテーマに子どもたちがスクイーク(Squeak)で作った意欲作を募集。5回の第一次審査にはレベルの高い多彩な作品が集まりました。

今回は第一次審査で選ばれた10名の小中学生(サイエンスキッズ)のうち9名が最終選考会に臨みました(1名は都合により欠席)。最終選考会では、その場で「本の重さを計る」という課題が与えられました。もちろん計量器などは与えられず、子どもたちは用意された色々な材料(ペットボトル、竹ひご、タコ糸、セロファン、懐中電灯、スポンジ、粘土など)を使って、3時間という限られた時間のなかで各自の工夫で本の重さを計らなければいけませんでした。またどのように重さを出したかという説明を、スクイークを使って表現するという課題も与えられました。

ペットボトルの水を使って
計れるかな?
世界聴診器で周波数を調べたら? 審査員に自分のアイデアや
作品を発表
ペットボトルの水を使って計れるかな? 世界聴診器で周波数を調べたら? 審査員に自分のアイデアや作品を発表
拡大表示 拡大表示 拡大表示


みらいCANホールで
作品を発表
審査員の先生方と
みらいCANホールで作品を発表 審査員の先生方と
拡大表示 拡大表示

子どもたちは、竹ひごとタコ糸を使って天秤を作り、本とペットボトルの重さを比べることから始めたり、世界聴診器( http://swikis.ddo.jp/WorldStethoscope/2/  )と懐中電灯を用い周波数を調べることで重さを計ろうとしたり、本やペットボトルをスポンジの上に乗せ、そのへこみ具合から重さを計ろうとするなど、様々な工夫をこらしていました。

選考会では、そうした子どもたちのアイディアや、ものを計るための考え方、材料を使う工夫などの取り組みが総合的に評価され、その結果下記5名のスーパーサイエンスキッズが選ばれました。 (五十音順、敬称略)

大久保 実香 女子 中学1年生 神奈川県
坂部 直哉 男子 小学6年生 東京都
白石 遥 女子 中学3年生 東京都
田中 雅也 男子 小学3年生 東京都
中村 零 男子 小学4年生 神奈川県

今回選ばれたスーパーサイエンスキッズ5名は、来春の米国サイエンスツアーに招待されます。

なお、今回の審査員は下記の方々です。(五十音順、敬称略)

阿部 和広 HP-Squeakersアドバイザー
荒木 貴行 立命館小学校教頭
杉山 知之 デジタルハリウッド大学学長
鈴木 元 アカデミアシステムズ株式会社 代表取締役社長
高田 秀志 立命館大学 情報理工学部 情報システム学科 助教授
橋 真 神戸大学 発達科学部 教授
本田 光広 日本HP コーポレートマーケティング本部長 兼 広報部長
並木 美太郎 東京農工大学 大学院共生科学技術研究部 助教授
山崎 謙介 東京学芸大学 教育学部自然科学系 教授
横山 正 杉並区立和田小学校 校長

HPSSKホームページ: http://www.supersciencekids.com/ 

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡