Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年1月25日

8シリーズ22モデルのクアッドコア
プロセッサー搭載サーバを発売、業界最多のラインアップを提供

- 同時にHP ProLiantの管理ソフトウェア/パッケージと、
AMD Opteron™搭載のエントリーサーバも発売 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、社長:小田 晋吾)は、今年本格化するクアッドコア対応製品の需要拡大を見据え、クアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー 5300番台を搭載したHP ProLiant サーバ 8シリーズ22モデルを発表します。

同時に、以下の新製品を発売します。

  • HP ProLiantの付加価値を高める管理ソフトウェアの新製品として、電力消費と熱出力の集中制御を可能にする新製品「HP Insight Power Manager」を発売。さらに、企業のシステム管理・運用の効率化に特に役立つ製品を厳選したパッケージ「HP Insight Control Environment」と、「HP iLO Power Management Pack」も発売
  • AMD Opteron™ プロセッサ 2000シリーズを搭載するほか、管理機能を大幅に強化した薄型1Uラックマウント型エントリーサーバ 「HP ProLiant DL145 Generation 3(以下、G3)」

<8シリーズ22モデルの新製品発売により、 業界最多のクアッドコア インテル Xeonプロセッサー搭載製品ラインアップを提供>
市場の注目を集めているクアッドコア インテル Xeon プロセッサー 5300番台(E5310、E5335、E5345、X5355)を搭載したタワー型、ラックマウント型、ブレード型(p-Class及びc-Class)のHP ProLiant 8シリーズ合計22モデルを本日一斉発売し、クアッドコアプロセッサー搭載製品のさらなる普及を図ります。

クアッドコア インテル Xeon プロセッサー 5300番台は、1つのソケットに4つのコアと8MBの共有キャッシュメモリを持ち、デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5100番台と比べ最大50%以上もの性能向上を実現します。2プロセッササーバの場合、サーバ1台に最大8コアの搭載が可能になり、従来ハイエンドサーバ級の性能が必要であったシステムも、x86サーバで安価に構築することが可能になります。
今回の新製品発売により、日本HPは、クアッドコア搭載サーバに関して、従来の販売機種と合わせて業界最多のラインアップを提供します。

クアッドコア プロセッサー搭載 HP ProLiant新製品

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP ProLiant DL140 G3 クアッドコア搭載モデル 275,000円〜(税抜262,000円〜) 2月中旬
HP ProLiant DL360 G5 クアッドコア搭載モデル 411,600円〜(税抜392,000円〜) 2月中旬
HP ProLiant DL380 G5 クアッドコア搭載モデル 390,060円〜(税抜372,000円〜) 2月中旬
HP ProLiant ML350 G5 クアッドコア搭載モデル 289,800円〜(税抜276,000円〜) 2月中旬
HP ProLiant ML370 G5 クアッドコア搭載モデル 487,200円〜(税抜464,000円〜) 2月中旬
HP ProLiant BL460c クアッドコア搭載モデル 325,500円〜(税抜310,000円〜) 2月下旬
HP ProLiant BL480c クアッドコア搭載モデル 485,100円〜(税抜462,000円〜) 2月下旬
HP ProLiant BL20p G4 クアッドコア搭載モデル 566,000円〜(税抜594,300円〜) 2月下旬

<HP ProLiantの効率的な管理を支援する、新管理ソフトウェアとソフトウェアパッケージ>
HPは、システム運用管理にまつわるお客様の多様なニーズに応えるため、HP ProLiantサーバの管理効率の向上に役立つ多彩なHP ProLiant Essentials ソフトウェア製品群を提供しています。
本日、日本HPは、昨今市場の注目を集めている電力消費と熱出力の管理について、データセンタなどサーバ台数の多い環境での利用に適した新たなソフトウェアを発売します。また、これらのHP ProLiant Essentials ソフトウェア製品の中でも、今回の新製品を含め特にニーズの高い機能を厳選した2種類のパッケージ製品を販売します。

HP ProLiant管理ソフトウェア/パッケージ製品

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP Insight Power Manager 1サーバ ライセンス 12,600円(税抜 12,000円) 2月中旬
HP Insight Control Environment 1サーバライセンス 67,200円(税抜64,000円) 2月中旬
HP iLO Power Management Pack 1サーバライセンス 56,700円(税抜54,000円) 2月中旬

「HP Insight Power Manager」
「HP Insight Power Manager」は、各サーバおよびサーバグループ単位の電力消費と熱出力を効率的に集中制御するソフトウェアです。消費電力のレポートや、時刻に合わせた電力管理ポリシーの設定が可能で、システムの稼働状況に合わせた最適な電力供給とパフォーマンスを制御することにより、データセンタのランニングコストの削減を支援します。

「HP Insight Control Environment」
「HP Insight Control Environment」は、多様なHP ProLiant Essentials製品のうち特に管理・運用面の利便性が高いものをパッケージしており、細かい製品選択をすることなく、特に利用頻度の高い管理ツールを一括して導入できます。
また、統合インストーラが用意されており、システム管理ツール「HP Systems Insight Manager (HP SIM)」および「HP ProLiant Essentials管理ソフトウェア」が一連のプロセスで迅速に配備、設定されるので、従来に比べ導入作業が容易になっています。

     HP Insight Control Environmentは以下のコンポーネントのライセンスを含みます。
  • HP Systems Insight Manager (HP SIM)
  • HP ProLiant Essentials Integrated Lights-Out Advanced Pack (iLO Advanced)
  • HP Insight Power Manager (IPM)
  • HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack (RDP) Windows Edition
  • HP ProLiant Essentials Performance Management Pack (PMP)
  • HP ProLiant Essentials Vulnerability and Patch Management Pack (VPM)

「HP iLO Power Management Pack」
「HP iLO Power Management Pack」は、遠隔制御を含む熱・電源の管理機能に特化したソフトウェアパッケージです。このパッケージは、深刻化するデータセンタの電力消費や熱出力の集中制御を可能にする、電源監視および管理のための新しいエネルギー計測ツール「HP Insight Power Manager」を含み、HP ProLiantサーバの完全なリモート制御と電源管理の強力なソリューションを提供します。

     HP iLO Power Management Packは以下のコンポーネントのライセンスを含みます。

  • HP Systems Insight Manager (HP SIM)
  • HP ProLiant Essentials Integrated Lights-Out Advanced Pack (iLO Advanced)
  • HP Insight Power Manager (IPM)

<価格性能比を強化したAMD Opteron搭載エントリー1Uサーバ「HP ProLiant DL145 G3」>
薄型1Uラックマウントの筐体に、AMD Opteron プロセッサ 2000シリーズを搭載した「HP ProLiant DL145 G3」を発売します。本製品は、ダイレクトコネクト アーキテクチャ採用のAMD Opteron 2000シリーズの高い処理能力とエネルギー効率に優れたPC2-5300 DDR2 メモリを搭載し、価格が20万円前後のエントリーサーバでありながら、システム全体でのワット性能(消費電力あたりの処理性能)に優れています。

新製品では、DL145で初めてホットプラグSAS(Serial Attached SCSI)ハードディスクドライブに対応し、信頼性と可用性を向上しました。さらに、リモート操作を実現するHP ProLiant Lights-Out 100i(標準搭載)のアップグレード オプションの提供、高性能グラフィックスカードを含む多彩なオプションのサポートなど、DL145 G2と比べ、様々な機能が強化されています。
コスト意識の高い中小規模企業の汎用サーバとしてはもちろん、演算処理能力と低消費電力を重視するEDA、CAEなどのハイパフォーマンスコンピューティング用のサーバにも適しています。

AMD Opteron プロセッサ 2000シリーズ搭載 HP ProLiant製品

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP ProLiant DL145 G3 178,500円〜(税抜170,000円〜) 2月中旬

主な特徴

  • 最新のデュアルコア AMD Opteron プロセッサ 2000シリーズを最大2基搭載
  • エネルギー効率に優れたPC2-5300 DDR2 メモリ採用
  • HP ProLiant DL145で初めてハードディスクのホットプラグ機能に対応し、信頼性を向上
  • 高い信頼性と性能を誇るSAS (Serial Attached SCSI)に対応
  • 高密度システムの管理を効率化する遠隔管理機能 HP Lights-Out 100iを標準搭載。
    (別売のアップグレードライセンス購入により、セキュリティ保護付きブラウザインタフェースの利用やグラフィック コンソールを使用した遠隔地からの仮想キーボード、マウス、モニタ、光学ドライブによる操作も可能)

■ 今回の新製品の詳細については以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_new/

■ HP ProLiantに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡