Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年4月10日

クライアント統合ソリューション「HP CCI」の
販売パートナー認定プログラムを発表

- さらなる顧客満足度の向上と市場の拡大を目指し、
資格取得制度や営業・技術的支援、プロモーション活動を充実 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小田 晋吾)は、クライアント統合ソリューション「HP CCI(Consolidated Client Infrastructure)」のさらなる顧客満足度の向上と市場の拡大のため、「HP CCI」を提供する販売パートナー向けの認定プログラム「HP CCI SI パートナープログラム」を発表します。

昨今企業のクライアント統合化への関心は高まっており、2005年から2006年の1年間で、ブレードクライアントの市場規模は約3倍の伸びを示しています。今後も市場は拡大していくことが予想されています (*1)
「HP CCI SIパートナープログラム」はトレーニングと資格認定制度を通じ、高度なスキルセットを有するパートナー企業を「HP CCI」を提供する正式パートナーとして認定するプログラムです。「HP CCI」の構築に必要なトレーニングや技術者として認定する資格制度、デモ環境などを準備しサービスレベルの向上を図るほか、最新情報の共有やHPとの共同セミナーの実施、事例紹介などを行います。
本プログラムによりパートナー各社との協業を一層推進するとともに、サービス内容や顧客満足度、市場への認知度をさらに向上させ、「HP CCI」のさらなる拡販を目指します。

*1 出典: IDC Japan, 1/2007 「国内PC市場 2006年第3四半期の分析と2007年〜2010年の予測:製品動向調査」(J6020108)

<HP CCI SI パートナープログラムの主な内容>

検証用機器の支援
パートナー社内にデモ環境として特別価格で「HP CCI」の環境を提供します。パートナーがデモ環境を持つことにより、自社のサービスやエンドユーザの導入検証が迅速に行えるようになります。また、障害時の一次切り分けもパートナー自身で行えるようになり、サポート品質の向上も見込めます。

HP認定プロフェッショナル・プログラム「ASE CCI 認定」資格の制定
パートナーは日本HPの定める認定資格「ASE(Accredited Systems Engineer) CCI認定」の取得支援が受けられます。
「ASE CCI認定」資格を取得すると、「ASE CCI技術者」として認定されるほか、HP CCI製品に関する問い合わせ窓口「HP CCI ホットライン」を利用することができます。「HP CCI ホットライン」では、プリセールス時、およびHP CCI製品のセットアップ時、オプション増設時、運用稼働中に発生が想定される要因について、HPの技術者によるテクニカルサポートが受けられます。

*: 「CCI ASE認定資格」を取得するためには、MCSE on Microsoft® Windows® Server 2003、HP ProLiant AIS またはASEの取得、CCI構築コーストレーニングの受講、CCI ASE認定試験の合格が必要です。

共同プロモーションの実施
日本HPは、共同セミナーや導入事例の作成支援、日本HP市ヶ谷事業所のデモ環境の公開などを実施します。「HP CCI」及びそれに付随するパートナー各社のサービスの認知度向上のため、パートナーと共同でプロモーション活動を展開します。

最新情報の提供
日本HPはパートナー専用CCI情報ウェブサイト(HP Partner Portal)の設置や定例会、Eメール配信を通じ、パートナーと最新情報の共有を行います。

<HP CCIについて>
日本HPは2005年6月より、企業内クライアントのTCO削減と高度なセキュリティの実現を可能にするHP CCIソリューションを提供しています。
HP CCIは「変化に迅速に適応できる企業(=アダプティブ・エンタープライズ)」を、クライアント環境で実現するクライアント統合ソリューションです。従来のPCクライアント機能を、表示部、演算部、記憶部に分解し、それぞれをシンクライアント、ブレードPC、ストレージという形で再配置します。ブレードPCとストレージはデータセンター内に収容することで管理を一元化し、システム管理者の負荷を削減することが可能です。シンクライアントには画面表示のみが配信されるため、データが残らず、情報漏洩の危険性を抑制でき、セキュリティ向上が図れます。また、OSやソフトウェアの一括インストール、ユーザーアカウントやバックアップの一元管理、自動割り当てによる同時アクセス数ベースでのブレードPC運用などが可能となるため、TCOの大幅な削減も可能にします。 内クライアントのTCO削減と高度なセキュリティの実現を可能にするHP CCIソリューションを提供しています。

<HP CCI SI パートナープログラム参加企業の紹介>
現在下記13社が「HP CCI SI パートナープログラム」に参加しています。

株式会社アイアイジェイテクノロジー、アルファテック・ソリューションズ株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、クオリカ株式会社、住商情報システム株式会社、セコムトラストシステムズ株式会社、TIS株式会社、日商エレクトロニクス株式会社、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社、松下電工インフォメーションシステムズ株式会社、ユニアデックス株式会社、横河レンタ・リース株式会社、菱洋エレクトロ株式会社(以上敬称略、五十音順)

■ HP CCI SI パートナーに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/cci/case_studies/index.html

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡