Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年4月24日

ネットワークの末端でのセキュリティ強化を実現する
ネットワーク・セキュリティ・アプライアンスおよびソフトウェアを発売

- Adaptive Networks構想の実現に向けて、セキュリティの面から柔軟性と拡張性をもたらす
「ProActive Defense」ソリューションを展開 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小田 晋吾)は、セキュリティや内部統制の強化をより柔軟にするためのネットワーク認証・検疫アプライアンスおよびネットワーク内部のセキュリティを強化するソフトウェアを発表します。ネットワーク外部からのアクセスの管理に必要な多数の機器や機能をひとつに統合し、ネットワークの末端における高度なネットワーク・アクセス制御を可能とするアプライアンス「ProCurve Network Access Controller 800」および、ネットワーク上のトラフィックを監視し、ウイルスなど不正なトラフィックを検出、対処するソフトウェア「ProCurve Network Immunity Manager」の2製品で、9月1日より販売開始します。

これらの製品は、ますます複雑化するネットワーク環境において、信頼性が高く利用しやすいセキュリティ環境構築へのニーズの高まりに対応し、ネットワークの外部および内部に潜む脅威の防御とネットワーク・アクセスへの能動的な制御を、シンプルに、かつ既存のシステムやIT投資を保護しながら実現する「ProActive Defenseソリューション」の柱となるものです。

製品名 価格 販売開始日
ProCurve Network Access Controller 800 630,000円〜
(税抜600,000円〜)
9月1日
ProCurve Network Immunity Manager
(50ユーザライセンス)
787,500円〜
(税抜750,000円〜)
9月1日

<ProCurve Network Access Controller 800>
ProCurve Network Access Controller 800は、RADIUSサーバが行なうユーザ認証機能と、個々のクライアント端末がネットワークにアクセスし、ネットワークリソースを利用するための詳細な検疫機能など、ネットワーク・アクセスに必要な多数のコンポーネントをひとつに統合したネットワークアプライアンスです。導入が容易で、ネットワーク・アクセス管理に伴う複雑さを軽減しながら、PCやモバイル端末などのネットワークの末端の健全性や整合性の高度な認証・検疫を可能とします。

ProCurve Network Access Controller 800は、高さ1Uでラックに取り付け可能なコンパクトな筐体にRADIUSサーバを内蔵し、必要なアクセス・コントロール機能を1台で提供するため、導入から管理までを容易に、最小限のコストで行なうことが可能です。また、802.1x、インライン、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)といった複数の動作モードに対応し、有線、無線を問わず、末端のクライアントがネットワークにアクセスするための条件を全て満たしているかどうか(インテグリティ)のシステムチェックを詳細に実行します。クライアント側のOSやブラウザのバージョンが古かったり、修正パッチがあてられていない、ウイルスパターンが更新されていないなどの不完全性を検知した場合には、アクセスの排除や自動的に必要なアップデートを実行した上でネットワークへのアクセスを許可します。

さらに、ユーザがネットワークリソースを利用できる場所や時間などの条件を管理するソフトウェア「ProCurve Identity Driven Manager」および、ネットワーク機器のパフォーマンスを一元的に管理する「ProCurve Manager Plus」と連携し、膨大なネットワーク・アクセスを高い精度で効率良く管理します。

<ProCurve Network Immunity Manager>
ProCurve Network Immunity Managerは、ネットワーク内部のトラフィックをモニタリングし、さまざまな要因でネットワーク内部に侵入した脅威を優れた検出能力で自動的に検知、対処を実行することにより、ウイルスやワームなどの拡散を抑えるソフトウェアです。主な特長は、以下の通り。

NBAD分析で、未知のウイルスにも対処可能
ProCurve Network Immunity Managerは、その侵入検知の精度と能力の高さを特長としています。ProCurveの末端のスイッチからリアルタイムにサンプリングしたパケットデータ(sFlow)に対して、疑わしい振る舞いがないかどうかを分析(NBAD: Network Behavior Anomaly Detection)し内部脅威を検出するほか、ProCurve Switch5400zlなど、Virus Throttle技術(ウイルスのような異常動作を検出し、感染した機器のアクセス・スピードを制限させる技術)を搭載したスイッチにおいては、同技術の機能が発する攻撃アラートを受け取ることで脅威を検出します。こうした先進の脅威検出アプローチは、既存のスレット管理ソリューションと異なり、パターンファイルがカバーしていない未知の脅威にも有効で、短時間で被害を拡大させるゼロデイ攻撃を阻止できます。さらに、ネットワーク上の他社製IDS/IPS/UTMセキュリティ・アプライアンスとも連携します。

検知、検出された脅威に対する柔軟な対応が可能
検知、検出した脅威に対しては、多様な対処をポートレベルで実行できます。単にパケットの通過を止めるだけでなく、該当者を検疫VLANに移行したり、該当者のMACロックアウト、ポートのシャットダウン、利用帯域の制限、あるいは管理者へのアラートなど、状況に応じて柔軟に脅威の軽減と対処が可能です。また、ひとつのネットワークごとに侵入検知デバイスを設置するIPSなどの手法と異なり、複数のネットワークを一元管理できるため、少ないコンポーネントでより広範囲を網羅できます。さらに、ProCurve Network Immunity Managerには、ネットワーク全体のエンドポイントで発生するセキュリティ事象に関する情報を一元的に管理、収集、分析する機能も備えており、柔軟性に優れたポリシーの管理や、法規制への遵守に求められるデータの管理とレポーティングも提供します。

今回投入するProCurve Network Access Controller およびProCurve Network Immunity Managerを中核とするProActive Defense ソリューションは、HPが掲げる次世代ネットワークに関するビジョン「Adaptive Networks」構想実現のための3つの要素 -「ユーザへの適応力」、「アプリケーションへの適応力」、「組織のニーズへの適応力」- に対して、セキュリティの面から横断的に価値を提供するものです。HP ProCurveは、単なるネットワークインフラの提供から、個々の企業や組織のニーズや課題に合った適切なソリューションの提供力を強化し、ビジネスの成功と成長を支える戦略的資産としての安全・安心・快適なネットワーク構築を支援していきます。

■ ProCurve製品に関する製品情報は以下のURLを参照ください。
     http://www.procurve.jp/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡