Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年7月23日

業界初、障害の根本原因解析が可能な
本格的IPマルチキャストのネットワーク管理ツールを発表

- 「Network Node Manager」対応のIPマルチキャスト用プラグインで、
リアルタイムに障害監視および性能管理を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小田 晋吾)は本日、ネットワーク機器の稼働状況や障害検出および分析を行うネットワーク管理ソフトウエア「Network Node Manager」(以下、NNM)において、IPマルチキャスト対応製品の障害情報や性能を視覚的に監視・分析可能なソフトウエア製品「HP Network Node Manager Smart Plug-in for IP Multicast 3.1(以下、NNM SPI for IP Multicast 3.1)」を発表します。視覚化されたIPマルチキャスト対応管理ツールは業界初となります。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP Network Node Manager
Smart Plug-in for IP Multicast 3.1
(1ライセンス)
2,784,600円(税抜2,652,000円) 7月28日

IPマルチキャストとは、ネットワークを通して配信するデータをネットワーク機器側で複製して、複数の宛先へと転送する技術です。これによって、同じデータを複数個所へ何度も配送しないため、無駄なトラフィックを発生させずに帯域の負荷を軽減できます。この特長から、地上デジタル放送など、複数のユーザへ大容量の同じデータを一斉配信するサービスや企業の各拠点間におけるeラーニングサービス、テレビ会議システムなどで採用が進んでおり、IPマルチキャスト製品市場は急速に拡大しています。

普及が進む一方で、例えば、IPネットワークがウイルスに感染した場合などに、意図しないトラフィックが大量に流れてしまうなどの運用管理上の課題も出できています。しかし、適切な管理を行うにはIPマルチキャストの専門知識・経験が必要となります。IPマルチキャストの場合には、ルータやスイッチのルーティングテーブルとは別にルータの位置情報などを管理するため、従来のネットワーク管理ツールではIPマルチキャスト特有のプロトコルエラーやルータ間の接続障害などを特定するのが困難でした。

<本日発表の新製品の特長>
「NNM SPI for IP Multicast 3.1」は、こうした課題を含め、IPマルチキャスト製品の状態を視覚的に表示し、障害をすばやく検知・分析するNNMのオプション製品です。独自の自動ディスカバリ機能でIPマルチキャスト対応製品を検出して経路を描画し、障害発生個所などを色の変化で判別できるようにします。この他にも、リアルタイムに障害分析を実施して対処法を表示する「RCA(Root Cause Analysis)機能」や、IPマルチキャスト関連のイベントを通知する「イベント通知機能」、IPマルチキャストグループ(同一データを複数の宛先へ配信するソースと宛先をグループ化したもの)ごとのトラフィック状況を表示する「トラフィックモニタリング機能」などを搭載します。本製品を活用することで、トラフィックの監視だけでなく、将来的な設計変更に役立てることも可能です。
新製品の特長は以下の通りです。

視覚化されたIPマルチキャストサービス管理ツール
IPマルチキャスト対応のルータなどを、サービスに参加できないルータも含めて自動検出し、全体のトポロジーをアイコンで描画します。「配信フロー表示機能」では、IPマルチキャストグループのソースからエンドまでを表示し、現在どのソースがどこにデータを配信しているか視覚的に把握できます。また、NNMのオプション製品であることから、通常のネットワーク製品と併せて1つの監視端末で管理できるのも特長です。

リアルタイムにIPマルチキャストのトラフィックを通知して分析、対処法も提供
IPマルチキャストのプロトコルエラーや対応ルータ間の接続障害、トラフィック量の過多による遅延などをリアルタイムに検知し、管理者に通知します。さらに、障害個所を素早く特定して根本原因を解析し、トラフィックレポートと共に対処法を提案します。

マルチキャストグループごとのトラフィックレポートやグラフを表示
マルチキャストグループごとにトラフィックを判別し、レポートやグラフを作成できます。また、ソース間のトラフィックをリアルタイムに表示し、トラフィック異常などを事前に発見、予防することも可能です。

主な仕様および条件:

ルータ: マルチキャスト対応MIBルータ
サーバ: HP-UX(11.0および11.11)、Solaris 8.9
クライアント: Windows® 2000およびService Pack 4、
Windows XP、Windows 2003
Java JPI 1.4.2_01

■ NNM SPI for IP Multicastに関する詳細の製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://h20229.www2.hp.com/products/mcast/index.html 米国のサイトへ

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡