Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年9月5日
<お知らせ>

HP Blade Workstationシリーズに、NVIDIA Quadro® FX1600M
グラフィックスカード搭載モデルを追加。画面転送ソフトウェアもバージョンアップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小田 晋吾)は本日、CADユーザを中心とした高性能グラフィクスニーズに対応するため、「HP xw460c Blade Workstationシリーズ(エイチピー エックスダブリュー ワークステーション、以下xw460c)」に、ミドルレンジのグラフィックスカードNVIDIA Quadro® FX1600Mグラフィックスカード搭載モデルを追加します。シンクライアントを用いたリモートクライアント環境においても、CADを中心とした高度なグラフィックアプリケーションや動画がスムーズに扱えます。

同時に、容量の多いCADアプリケーションや動画データに対応するため、ネットワーク転送効率を高めた画面転送ソフトウェア「HP RGS(Remote Graphics ソフトウェア)の性能を改善し、機能を拡張した新バージョンも発売します。

製品名 希望小売価格 受注開始
HP ProLiant xw460c Blade Workstation
(NVIDIA Quadro FX1600M搭載モデル)
783,300円〜
(税抜 746,000円〜)
9月5日
HP Remote Graphics ソフトウェア
HP RGS Workstation Edition Version5 48,300円(税抜46,000円) 9月5日
HP RGS 3年間ソフトウェアアップデート権
(Workstation Edition用)
60,900円(税抜58,000円) 9月5日
HP RGS PC Edition Version5 18,900円(税抜18,000円) 9月5日
HP RGS 3年間ソフトウェアアップデート権
(PC Edition用)
21,000円(税抜20,000円) 9月5日

<NVIDIA Quadro FX1600Mグラフィックスカードをブレードワークステーション「xw460c」に搭載>
NVIDIA Quadro FX1600Mは、高画質画像と最適化された視覚演算のアプリケーションパフォーマンスを実現する最新のミドルレンジグラフィックスカードです。デュアルコアインテル® Xeon 5160プロセッサーを搭載したブレードワークステーション「xw460c」に採用することで、シンクライアントを用いたリモートクライアント環境でもワークステーション並みの高度なグラフィック処理性能が利用できます。

セキュリティや管理性を重視しつつ、CADやCAE(Computer Aided Engineering)、DCC(Digital Contents Creation)など高度で大規模なデータを扱うお客様や、金融業、トレーディングなどの業務に最適です。

HP ProLiant xw460c Blade Workstation(NVIDIA Quadro FX1600M搭載モデル最小構成)
HP DirectPlus販売価格:783,300円(税抜 746,000円)

  • インテル Xeon 5160(3.00GHz、デュアルコア)プロセッサー
  • インテル 5000Pチップセット
  • 4GB PC2-5300 SDRAM(667MHz ECC DDR-2)メモリ
  • 72GB HDD(SAS,15krpm)
  • NVIDIA Quadro FX1600Mグラフィックス
  • Microsoft® WindowsXP Professional Blade Edition
  • 3年保証(3年翌日オンサイト)

<画面転送のパフォーマンスを向上させた「HP RGS v5.0」>
「HP RGS」は、ダイナミックに変化する大容量のグラフィックスデータを高圧縮し、スムーズにネットワーク転送させることができるソフトウェアです。ブレードPCやブレードワークステーションのグラフィックス性能をフル活用し、その画面を転送することで、シンクライアントでも高品質な画像表示が可能です。最新バージョンの「HP RGS v5.0」では、動画送信のパフォーマンスを従来に比べて約2倍に向上(*1)、CPU負荷の低減、さらには、指紋認証デバイスやスマートカードなど幅広いUSBデバイスへの対応といった改善を行いました。これにより、シンクライアントにUSBを利用した指紋認証機能を用いてのログイン認証が可能になるなど、よりセキュリティを強化することができます。
また、送信側の画面解像度をクライアントに設定された解像度に自動的に合わせる機能も備えるなど、ユーザの利便性向上の要求に応えています。

*1: 米航空宇宙局(NASA)の火星探査の画像記録にも用いられたHP独自の圧縮技術(HP2)をさらに改善した「HP3テクノロジ」を応用しています。

■ HP xw460c Blade Workstationシリーズに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/workstations/blade_ws/

■ HP Remote Graphics ソフトウェアに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/workstation_remote/

■ HP RCSに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/rcs/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡