Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年9月13日

“コンパクト第3世代ブレード”
「HP BladeSystem c3000エンクロージャ」を発売

- 中小規模システム統合に最適な省スペース筐体。
パートナー経由での販売を強化し、中堅・中小規模企業へのさらなるブレード普及を目指す -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小田 晋吾)は本日、中堅・中小規模環境向けのコンパクトなブレード筐体「HP BladeSystem c3000エンクロージャ」(以下、HP BladeSystem c3000)を発表し、受注開始します。同時に、「HP BladeSystem c-Class」対応のストレージブレードの新製品として、ブレードエンクロージャ内でのストレージ共有、クライアントへのNASサービスの提供、バックアップ機能が統合された「HP StorageWorks All-in-One SB600c ストレージブレード」も発売します。

さらに、日本HPは中堅・中小規模環境向けブレードシステム市場の開拓・拡大を積極的に推進するため、パートナー・プログラムの強化やキャンペーン等の新施策を実施します。パートナー企業との連携を密にすることで、中堅・中小規模企業のお客様への販売・出荷体制を強固にするとともに、基本的なコンポーネントを組み合わせたブレードシステムを導入しやすい価格で提供するキャンペーンを展開することにより、多角的にブレードシステムの販売促進を図ります。

<本日発表の新製品>

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP BladeSystem c3000エンクロージャ 504,000円
(税抜480,000円)
9月下旬
HP StorageWorks All-in-One
SB600c ストレージブレード
1,134,000円
(税抜1,080,000円)
10月上旬

「HP BladeSystem c3000」は、第3世代ブレード「HP BladeSystem c-Class」で2種類目となるエンクロージャで、ハーフハイト・ブレードを最大8台搭載可能な製品です。縦26.5cm×横48.5cm×奥行83.5cmとコンパクトなサイズで、ラック搭載だけでなく平置きでも使用できます。
本製品は、HP BladeSystem c7000と同様にHP BladeSystem c-Class対応のサーバブレード、ネットワークスイッチ、テープブレード、ストレージブレードなどのシステムコンポーネントを搭載できるほか、管理モジュール(Onboard Administrator)によるシステム統合管理機能も備えています。

現在、サーバ市場において急速にシェアを拡大しているブレードシステムは、大規模企業やデータセンタなどでの利用を想定した高機能で拡張性の高いモデルが主流になっています。このため、中堅・中小規模環境では、筐体の大きさ、構成の複雑さ、初期導入コストなどがネックとなり敬遠される傾向がありました。しかし実際には、省スペース・省電力で管理が容易なブレードシステムは、オフィススペースが限られ、迅速なシステム増強・変更が求められる中堅・中小規模環境にこそ適しています。

“コンパクト第3世代ブレード”「HP BladeSystem c3000」は、中堅・中小規模環境に適し、運用性に配慮したエンクロージャです。タワー型サーバの扱いやすさとブレードシステムならではの複数サーバに対する優れた管理性を両立し、お客様のブレードサーバ導入への障壁を引き下げる、画期的な製品です。

「HP BladeSystem c3000」の主な特長は、以下の通りです。

導入が手軽で、省スペース、省電力を実現
「HP BladeSystem c3000」は、ラックの設置、サーバ毎の配線、専用のキーボード・モニタ・マウス(KVM)の接続を必要とせず、エンクロージャへのネットワーク・電源配線と、モニタ用のPCを準備するだけで、簡単にシステムを構成することができます。さらに、新開発の電源ユニットにより、AC100V利用においてもクアッドコアCPUのサーバブレードをフル搭載でき、これまでのサーバ環境で利用することができます。これらの特長により、手軽に、かつ迅速に、ブレードシステムを使い始めることができます。

また、8台のブレードサーバを搭載した「HP BladeSystem c3000」と同等のタワー型サーバ(HP ProLiant ML350)を8台設置した場合とを比較すると設置面積は37%(63%の省スペース化)となり、マシン設置スペースの有効活用にも貢献します。さらに、消費電力の高いクアッドコア2CPUサーバをフル搭載した場合、同CPU搭載の他社製ラックマウント型製品に比べて約30%の省電力(*)を実現します。

*:HP調べ。

容易な管理でシステム統合を実現
「HP BladeSystem c3000」は、管理性においても、HP BladeSystem c7000の技術を継承しつつ、中堅・中小規模環境に最適化された機能を搭載しています。エンクロージャの前面に配置された「インサイトディスプレイ」は、サーバの稼働状況以外にも、障害箇所の発見、対処方法をナビゲーション形式で分かりやすく表示します。また、Onboard AdministratorにWebブラウザ経由でアクセスすることで、遠隔地からでもインサイトディスプレイと同等の内容を見ることができるほか、消費電力や温度などのリアルタイム監視を容易に行えます。

さらに、「HP BladeSystem c3000」の新機能として、エンクロージャ内の全サーバで共有可能なDVDドライブを内蔵しています。このドライブは複数のサーバブレードに対してOSを同時にインストールでき、迅速なシステム構築が可能になります。また、KVMユニット(2007年末発売予定)を搭載すれば、これまでのラック型/タワー型のサーバ同様、キーボードやディスプレイを使って各サーバを直接操作できます。

また、同時発売の「HP StorageWorks All-in-One SB600c ストレージブレード」は、HP BladeSystem c-Classのエンクロージャ(c7000およびc3000)に搭載できる、総データ容量1.16TBのストレージブレードで、操作性に優れた多機能ストレージ製品「HP StorageWorks All-in-One Storage System」のブレード版です。本製品を使用することで、HP BladeSystemの複数のブレードサーバで共有ストレージ環境が利用できるばかりでなく、ファイル共有や統合されたデータ保護機能なども利用できます。

<「HP BladeSystem c3000」発表に伴う販促施策>
日本HPは、新製品の発売に加え、HP BladeSystemのシェア拡大を図るため、販売活動における以下の施策を実施します。

パートナー・プログラムの強化
付加価値のあるサービスを伴ったHP BladeSystemの販売を目指して従来から行ってきた「HP BladeSystem Focus Partner」プログラムを強化し、新たにパートナー企業を13社から24社に拡大した「HP BladeSystem パートナー」プログラムを開始します。これにより、中堅・中小規模企業のお客様をカバーする上で重要となるパートナー企業との連携を密にし、新製品をすみやかに出荷・サポートできる体制を構築します。

HP BladeSystem パートナー一覧 (五十音順、計24社)
アルファテック・ソリューションズ株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社エフタイム
株式会社大塚商会
沖電気工業株式会社
オリックス・レンテック株式会社
カテナ株式会社
兼松エレクトロニクス株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
シャープシステムプロダクト株式会社
住商情報システム株式会社
ソフトバンクBB株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
ディーアイエスソリューション株式会社
東芝ソリューション株式会社
日商エレクトロニクス株式会社
日本ビジネスシステムズ株式会社
パナソニックソリューションテクノロジー株式会社
丸紅インフォテック株式会社
三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社
三谷商事株式会社
横河レンタ・リース株式会社
リコーテクノシステムズ株式会社
菱洋エレクトロ株式会社

HP BladeSystem c3000 もHP Factory Express のサービス対象に
新製品「HP BladeSystem c3000」は、昭島工場でパーツの開梱、サーバの基本的なセットアップやラッキングを行い、システム導入に伴う廃棄物を最少化するとともに、完成したシステムをお客様に納品する定型サービス「HP Factory Express」に対応します。本サービスを利用することにより、お客様は新製品を含むシステムに関しても接続・動作確認済みの状態で受け取ることができ、スピーディかつ手軽に利用開始することができます。

「ブレードをはじめよう <BLADE 3.0 compact>キャンペーン」を実施
新製品の発売に伴い、<BLADE 3.0 compact>キャンペーンを実施します。本キャンペーンでは、HP BladeSystem c-Classを構成検討の手間なく購入できるよう、納品後すぐ使用できる基本コンポーネントを揃えたセットとし、最大53%引きの価格で提供します。また、追加のサーバやブレード関連製品などのオプションについても、すべて30%引きにて提供します。

キャンペーン名: 「ブレードをはじめよう <BLADE 3.0 compact>キャンペーン」
キャンペーン期間: 2007年9月13日〜12月28日
購入方法: 日本HPおよび日本HPの販売代理店にて取り扱い

対象システム構成:
セット構成内容 キャンペーン価格(値引率)
ベース構成No. c3000-001
HP BladeSystem c3000 エンクロージャ1台
525,000円(53%引き)
(税抜 500,000円)
+  ブレードサーバ1台
(HP ProLiant BL460c: クアッドコア インテル Xeon プロセッサー E5310 1.60GHz)
 
+  146GB ハードディスク 2個  
+  ネットワークスイッチ 1台  
+  100V電源コードオプション 2本  
     
ベース構成No. c3000-002
HP BladeSystem c3000 エンクロージャ1台
1,050,000円(44%引き)
(税抜 1,000,000円)
+  ブレードサーバ2台
(HP ProLiant BL460c: デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5160 3GHz)
 
+  146GB ハードディスク 4個  
+  ネットワークスイッチ 1台  
+  100V電源コードオプション 2本  
     
ベース構成No. c3000-003
HP BladeSystem c3000 エンクロージャ1台
1,050,000円(43%引き)
(税抜き1,000,000円)
+  ブレードサーバ2台
(HP ProLiant BL460c: クアッドコア インテル Xeon プロセッサー X5355 2.66GHz)
 
+  146GB ハードディスク 4個  
+  ネットワークスイッチ 1台  
+  100V電源コードオプション 2本  

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/c3000/

■ HP BladeSystemに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/bladesystem/

■ キャンペーンに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/start_c3000/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡