Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年10月4日

短期間で日本版SOX法への対応を可能にする
データ保存ソリューションの新製品を発表

- 低価格と導入サービスの同時提供で、中堅・中小規模での導入を容易に -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小田 晋吾)は本日、メールなどのデータを安全に保管して活用するデータ保存ソリューションの新製品「HP Integrated Archive Platform(以下、HP IAP)」を発表します。

HPでは、これまでデータ保存のソリューションとしてHP Reference Information Storage System(以下、HP RISS)を提供してきました。HP RISSは、SEC(米国証券取引委員会)の求める厳しい要件を満たしたデータ保存ソリューションとして、全世界で大手金融機関などを中心に多くの導入実績を残しています。今後ますます厳密に求められるコンプライアンス実現の要求にお客様が対応できるように、製品ラインアップ名を「HP Integrated Archive Platform」と改名し、情報管理ソリューションの提供を強化していきます。

2009年3月の会計報告から適用される日本版SOX法では、お客様の会計年度によっては2008年4月分のデータから監査の対象となります。そのため、株式上場する多くの企業では電子メールなどのデータ保存システムの整備が急務となっています。今回の新製品「HP IAP」は、金融機関などの大規模企業だけでなく、製造・流通など多用な業種、中堅・中小など様々な規模の企業に向けた構成になっています。また、HP IAP導入サービスも合わせて提供開始します。これらにより、日本版SOX法に対応が必要なお客様に、短期間で対応が可能なソリューションを提供します。

<本日発表の製品>

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP Integrated Archive Platform 12,600,000円(税抜12,000,000円)より 10月4日
HP IAP 導入サービス 5,250,000円(税抜5,000,000円)より 10月4日

「HP IAP」は、HP独自開発のグリッドストレージ技術を採用し、データ増加量が予測し難いメールの保存において容量に依存しない高速な検索環境を提供し、企業が直面する監査や訴訟への対応やCSR等の情報開示要求に迅速に対応します。主な特長は、以下のとおりです。

<優れた基本機能>
日本版SOX法への対応など、コンプライアンスにおけるデータ保存の大きな課題は、迅速なデータの「検索」、「取出し」や「拡張性」、「保管性」です。HP IAPは、HPの開発したデータグリッド技術を採用し、優れた機能を提供します。データ保存の際に、グリッドストレージを構成するスマートセルと呼ぶモジュールごとに分散して格納します。検索用のインデックスは、各スマートセル内で生成して保管します。検索の際には各スマートセルに分散したインデックスを並列で検索します。このような保存、検索方法により、短時間でのデータ検索、取り出しが可能になります。また、データ容量を拡大する場合でも、スマートセルを拡張するだけで拡張でき、検索のスピードを維持した優れた拡張性を提供します。「保管性」という観点では、検索インデックスとデータの紐付けをしっかり行っているため、検索したインデックスのみ見つかり、肝心のデータが見つからないといった不整合はおこりません。

<中堅規模の企業でも導入しやすい従来比半分の価格設定と導入サービスを提供>
従来のHP RISSと比べHP IAPは、サーバの性能向上、低価格化を背景に、従来の製品で利用していたサーバより高機能、低価格のサーバに統一した構成になっています。これにより従来比約半分の製品、保守価格の設定が実現でき、中堅・中小規模を含めたすべての企業の導入への障壁を引き下げました。同時にパッケージ化した導入サービスの提供を開始し、2〜3ヶ月程度の短期間での導入を可能にします。

<お客様のニーズに柔軟に対応>
以下のようなオプション機能を提供し、お客様によるアーカイブの検索や災害対策など、企業ごとのさまざまなニーズに対応が可能となります。

  • Active DirectoryのユーザIDを取得して、ユーザごとのデータ管理
  • アーカイブ、検索機能の性能拡張オプション、容量拡張オプション
  • SCSIおよびFC接続用のバックアップオプション
  • リモート・リプリケーション
  • アプリケーションデータの保存
  • また、HP IAPで提供されるオプション製品は、既存の旧バージョンHP RISSに増設可能です。今後、バージョンアップが行われても、下位互換性は確保されますので、導入後にデータ量が増大した場合でも、長期的にお客様の投資を保護していきます。

    ■ HP IAPについては以下のURLを参照してください。
         http://h50146.www5.hp.com/products/storage/archive/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡