Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年1月21日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

自動化機能強化を軸に
IT運用管理ソフトウェアの体系を刷新

- Opsware製品の統合でITプロセスの自動化機能を強化し、
コスト削減とコンプライアンス強化を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、自動化によりIT運用の効率化を高める新しいIT運用管理ソリューションのコンセプト「HP Automated Operations」と、このコンセプトの中核となる運用プロセスの自動化を実現する新ソリューション「Business Service Automation」を発表します。

複雑かつ多様化する企業ITにおいて、作業プロセスを整備して円滑な運用管理を図ることは、コスト削減やコンプライアンスの強化を実現する上で重要な課題です。特に、作業プロセスを自動化することは、運用負荷を削減し、人為的な設定ミスによるトラブルを低減させるなどの効果が期待できます。

日本HPでは、これまでIT運用管理の領域において、インフラからビジネスプロセスレベルまでのイベントやパフォーマンスをビジネスとの関係性の観点から監視・計測するソリューション「ビジネスサービス管理 (Business Service Management; 以下、BSM)」と、ITILに基づきサービスデスクや変更要求などのプロセスを管理するソリューション「ITサービス管理(IT Service Management; 以下、ITSM)」を提供してきました。そして今回、2007年に買収したOpsware社の製品との統合を完了させ、新たに構成管理や変更管理を自動化するソリューション「ビジネスサービス・オートメーション(Business Service Automation; 以下、BSA)」を追加しました。このBSM、ITSM、BSAの3つのソリューションにより、IT運用管理の包括的な自動化を行う「HP Automated Operations」という新コンセプトを提案します。

<「ビジネスサービス・オートメーション(BSA)」ソリューションについて>

・業務プロセスの監視や構成管理などを自動化して運用するBSAソリューション
BSAは、企業ITの運用や、作業プロセスの自動化と管理、クライアント管理などを実現するソリューションです。クライアントからアプリケーション、物理/仮想サーバなど、IT全体の運用管理を自動化し、作業工数や設定ミスによるリスクを削減します。

・BSAの構成ソフトウェアについて
BSAは、ネットワークやサーバ、ストレージなどの変更管理およびプロビジョニングを実現する「HP Data Center Automation Center」と、クライアントPCやシンクライアントなどの設定管理を行う「HP Client Automation Center」の2つの製品群で構成されています。中でも、「HP Data Center Automation Center」のコアにある旧Opsware社のソフトウェア「HP Operations Orchestration」は、複数のインフラにまたがって行われるような複雑な変更作業を、プロセスワークフローとして自動記録、管理することができます。これにより、設定変更に伴う業務プロセスの簡素化や、コンプライアンスおよびセキュリティポリシーに沿った業務推進を確実に実施できるようになります。

今回日本で発表するBSA製品群

製品名 価格 提供開始予定
<HP Data Center Automation Center>
HP Operations Orchestration 12,624,150円〜
(税抜12,023,000円〜)
2月1日
HP Server Automation 8,449,350円〜
(税抜8,047,000円〜)
2月1日
HP Network Automation 696,150円〜
(税抜663,000円〜)
2月1日
HP Service Automation Report 12,624,150円〜
(税抜12,023,000円〜)
2月1日
<HP Client Automation Center>
HP Client Automation 132,300円〜
(税抜126,000円〜)
3月1日

・BSAの中核となる「HP Operations Orchestration」
「HP Operations Orchestration 7.0」は、組織や部署、チームとシステム間を横断的に統合化するソフトウェアです。いつどこで、誰がどのような変更・追加を行ったかを自動的に記録し、監査証跡を確実に残すことができます。物理的/仮想的インフラを問わず、IT全体を網羅できるため、完全なコンプライアンス強化を実現できます。また、「HP Operations Orchestration」は、異機種混在IT管理システムで実行される標準的な運用を自動化するので、既存のシステム管理機能を補完し、幅広いITプロセスに適用でき、インシデント管理、問題管理、変更管理、構成管理など主要なITILプロセスを強化します。

その他のBSA製品の特長は、添付資料を参照ください。

・Opsware社買収による、HPのIT自動化製品への本格的な参入
「HP Operations Orchestration」をはじめ、BSA製品の主要なものは、Opsware社製品です。昨年のHPによるOpsware社買収に伴い、Opsware製品は、HP Software製品群へ統合され、既存の製品も加えて、新たにBSA製品として、ビジネスとITの最適化をより加速する製品ラインアップとなりました。
Opsware製品のHP Software製品群統合後の製品名につきましては、添付資料を参照ください。

<IT運用管理の自動化を行う新コンセプト「HP Automated Operations」>
「HP Automated Operations」は、本日発表のBSAとBSM、ITSMの3つのIT運用を統合し、技術、組織を横断した自動化された運用環境を提供するコンセプトです。

・ビジネスサービス管理(BSM):ITの成果をビジネス視点で測定しビジネスとの整合を実現
ネットワーク、サーバなどのITインフラ機器から、ITを利用したビジネスプロセスの成果物に至るまで、それぞれのレイヤーにおける各要素の状態をビジネスとの関係性、ビジネスへの提供価値の視点から監視・計測します。実際にビジネスに影響を与える障害や性能低下のみを検出し、障害の原因分析を行うだけでなく、ビジネスへの影響の把握と分析をも実現します。さらに、ビジネスリスクとなるような計画外の停止や、性能や品質の低下の原因となるボトルネックをプロアクティブに検知して、高品質で安定したサービス提供を可能にします。

・ITサービス管理(ITSM):ITILに基づく各種運用プロセスの実行を促進
ビジネスの目的に沿ったITサービスを提供できるよう、ITILなどのベストプラクティスをベースに、運用プロセスの整備・標準化と改善を支援し、さらにITサービスの提供やサポートのためのワークフローを最適化します。関連する構成要素を包括的に管理するCMDBを土台に、ITILの各種プロセス、中でも財務的視点を含む資産管理、障害を低減させる変更管理など、ITサービス提供のために重要なプロセスを可視化し、それらを確実に実践できる環境を提供します。また、SLAによりビジネスクリティカルなITサービスの具体的なパフォーマンスと可用性を保証します。

・ビジネスサービスオートメーション(BSA):IT環境の全体最適化を自動化で推進
クライアント、アプリケーション、サーバ、ネットワーク、ストレージなどの各ITインフラだけでなく、包括的にデータセンタ全体のプロビジョニングや構成管理と変更管理の自動化まで実現します。さらに、監視やトラブルチケットなどと連携しながら、IT運用の業務プロセスやワークフロまで制御・自動化することで、設定変更に伴う業務プロセスの簡素化や、コンプライアンスおよびセキュリティポリシーに沿った運用業務推進を実現します。

このように、「HP Automated Operation」は、各市場で評価および実績の高い製品群で構成されており、監視・管理から構成管理、記録およびレポートまで、企業ITの運用に必要な全要素を統合します。これにより、人的エラーによる障害を減少させ、コスト削減を行い、より積極的なIT投資を可能にするだけでなく、コンプライアンスにも対応し、お客様の競争優位性獲得をサポートします。

日本HPは、今後もこのコンセプトに基づき、HP Software製品の充実、連携機能強化を図っていきます。

■賛同コメント

IDC Japan株式会社
リサーチ 第2ユニット グループディレクター 井出 和之様

HPの「Business Service Automation」ソリューションは、旧Opsware時代から米国の大手データセンタにおいて広く利用されている定評ある製品である。この度HP Softwareのラインアップと一つとして、国内でも展開されることになり、従来からの製品アーキテクチャの素晴らしさに、HPの全国レベルのサポートが加わることになり、国内ユーザーにも大きなベネフィットがもたらされるものと考えます。

■ 添付資料1
     BSA製品の特長(PDF:185KB)

■ 添付資料2
     Opsware製品のHP Software製品群統合後の製品名(PDF:67KB)

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡