Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年1月28日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

業界初、タワー型ブレードエンクロージャを発売

- ブレードシステムの利用形態をさらに多様化する、新しい形のキャスターつきエンクロージャ。
KVMオプション、ブレードサーバの高性能新モデルも同時発売 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、業界初となるタワー型ブレードエンクロージャ「HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ」を発売します。

本製品の機能は昨年9月発売の中小規模環境向けブレードエンクロージャ「HP BladeSystem c3000」と同等ですが、本製品は底部にキャスターが付くほか、タワー型の形状により接地面積が減少し、より床置き使用に適した形状になっています。

また同時に、ブレードシステムの管理操作手段の選択肢を広げる「HP BladeSystem c3000 KVMオプション」と、クアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー 5400番台/デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5200番台を搭載したブレード型サーバ新モデル2機種を発売します。

<「HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャ」詳細>
製品名 標準小売価格 出荷開始
HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ 617,400円〜(税抜588,000円〜) 1月下旬

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

  • サイズ:高さ54cm、幅34cm、奥行き87cm (キャスター部含む)
  • 格納可能ブレード数:フルハイト4台またはハーフハイト8台(混載可能)
  • 冷却ファン6個 (最大6個)、パワーサプライ4個 (最大6個)を標準搭載
  • AC100V電源完全対応
  • 既存のHP BladeSystem c3000/c7000エンクロージャ用の全てのブレード装置、コンポーネントを利用可能(但し、c7000用パワーサプライ、管理モジュールを除く)
  • DVDドライブ搭載(複数サーバで同時利用可能)

本製品は、あらかじめ全スロットにサーバを搭載した際に必要な最小限のオプションを装備しており、構成を簡便化しています。また、動作音も55dBA(普通の会話レベルと同等)に抑えられており、特別なマシンルームを持たず、これまでオフィス内にタワーサーバを床置きで設置していたお客様のサーバ統合に最適です。従来のサーバ1〜2台分の設置面積に最大8台のサーバを集約できることに加え、ケーブルの少ないブレードシステムの特性や便利な遠隔操作機能により、管理性が大幅に向上します。

なお、本製品は現在実施中の「国内シェアNo.1記念〈BLADE 3.0〉ありがとうキャンペーン」の対象に含まれます。

<同時発売製品>
製品名 希望小売価格 出荷開始
HP BladeSystem c3000 KVMオプション 42,000円〜(税抜 40,000円〜) 2月上旬
※「HP ProLiant BL460c/BL480c」の新モデルの価格については、添付資料を参照してください。

本日同時発売となる「HP BladeSystem c3000 KVMオプション」は、「HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ」、および「HP BladeSystem c3000エンクロージャ」に装着可能なKVM(キーボード・ビデオ・マウス)オプションです。USBマウスとUSBキーボードのためのUSBポートを2個、操作中の画面を表示するためのディスプレイ用端子(ミニD-Sub 15ピン)を1個備え、複数のブレードの管理操作を、一組のキーボード・ディスプレイ・マウスで行うことができます。なお、本製品はコンソールスイッチへのカスケード接続も可能です。(別途USBインタフェースケーブルが必要)

本オプションは、すでにKVMスイッチを活用した統合運用が確立している環境に、新たに「HP BladeSystem c3000」シリーズを導入する場合に最適です。「HP BladeSystem」は標準でLAN経由の遠隔操作機能を備え、Webブラウザから同等の操作が可能ですが、すでに統合KVMの環境が確立されているケースでは、このオプションによって「HP BladeSystem c3000」シリーズを既存環境に統合できます。

またハーフハイトの2P(2基のプロセッサを搭載した)ブレード型サーバ「HP ProLiant BL460c」と、フルハイトの2Pブレード型サーバ「HP ProLiant BL480c」にて、最新のクアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー 5400番台/デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5200番台を搭載した新モデルも発売します。

■ 添付資料
     「HP BladeSystem/HP ProLiant BLシリーズ」 2008年1月28日新製品 価格表 ( PDF:90KB )

■ 今回の新製品の詳細は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/blade_new/

■ HP BladeSystemに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/bladesystem/

「国内シェアNo.1記念<BLADE 3.0>ありがとう キャンペーン」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/blade_no1_campaign/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡