Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年2月20日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

仮想化・自動化技術を活用した開発環境向けインフラを構築する、
「HP Shared Service Utilityサービス」を開始

- 必要なときに必要なだけのサーバ環境を提供し、開発・テスト環境の準備を効率化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、開発・テスト環境向けのインフラソリューション「HP Shared Service Utilityサービス」(エイチピー シェアード・サービス・ユーティリティ サービス、以下HP SSUサービス)を発売します。

本サービスは次世代のITインフラ技術として注目されている仮想化・自動化技術を開発・テスト環境のインフラに実装し、要望に応じたサーバ環境を自動的に構成し、およそ1〜2日で利用可能にするシステムを構築するものです。

本ソリューションは、日本HPがHPのグローバルなソフトウェア開発・保守サービス拠点で実際に使用しているインフラの構成技術をもとに開発されており、すでに豊富な利用実績のある環境を、お客様向けにカスタマイズして提供します。

<必要なときに必要なだけのサーバ環境を提供し、インフラプールを実現>
「HP SSUサービス」は、以下の3つのコンポーネントから構成されるシステムを、構築サービスとのパッケージで提供するソリューションサービスです。

  • リソースプール:ハードウェア、OS、ミドルウェア環境をリソース(資源)として備蓄する環境
  • 仮想化ソフトウェア:(HP Virtual System Environment, VMware ESX)
  • 運用ポータル:Webベースのシステム構成要求ツール

「HP SSUサービス」が提供するインフラは、運用ポータルから行われたシステム構成要求に応じて、仮想化されたリソースプール内のハードウェア、OS、ミドルウェア環境を組み合わせたサーバ環境を自動的に構成します。またシステムの利用終了後は速やかに環境を削除し、使用したリソースをプールに戻します。

対応OSはHP-UX、Windows、Linuxの3種類で、多様な開発環境の統合にも有効です。

<日本HPが提供する内容>
日本HPは、「HP SSUサービス」を、お客様の要件に応じて、必要なハードウェア・ソフトウェアだけでなく基本設計・システム構築サービスを含めた形で提供します。ヒアリングに基づく設計に沿って開発環境のインフラを構築し、動作検証、運用引継ぎまでを実施します。

なお、本ソリューションの価格は、お客様ごとの個別お見積もりとなります。

<自動化されたインフラで、システム開発における環境準備の効率を改善>
「HP SSUサービス」は、お客様のシステム開発に3つのメリットをもたらします。

1. 開発期間の短縮
本サービスが実現するインフラは、環境の規模にもよりますが、運用ポータルから要求されたシステムをおよそ1〜2日で利用可能な状態にします。これにより、システム開発者や検証担当者は、システム環境を準備するにあたりWeb経由のリクエストを行うだけですみ、しかもその数日後には本来の作業に入ることができます。このような作業は従来、構成の検討、必要な機材の購入、設置作業、ソフトウェアのインストール、動作確認などのプロセスが必要なため、最短でも数週間は必要でした。

2. インフラの管理運用コストの低減
本サービスにより、乱立した開発環境がシンプルなインフラとして統合され、システム構成の把握が容易になります。また、サーバの物理統合によって、システムのランニングコスト(運用コスト、消費電力、光熱費等)の低減が期待できます。さらに、仮想化によってシステムの余力が有効に活用され、システムの利用効率が向上するため、過剰な投資の抑止にもつながります。

3. 開発業務の生産性の向上
本サービスは、自動化技術により、インフラにおけるITリソースのサービス化を実現します。新たなシステムの配備・解体に必要な基本的な作業を全て自動化技術によって行うため、運用管理者がこれらの作業に専任で関わる必要がないだけでなく、人的ミスも防ぐことができます。これにより、運用管理者と開発担当者のいずれにとっても業務生産性の向上が見込めます。

<「アダプティブ・インフラストラクチャ」を体現する、「HP SSUサービス」>
仮想化と自動化は、HPが提唱する理想的なITインフラ実現のためのコンセプト「アダプティブ・インフラストラクチャ」の重要な要素技術の一つです。また、「HP SSUサービス」が提供する「共有サービスとしてのIT」は、まさに「アダプティブ・インフラストラクチャ」の目指すところです。

日本HPは、大連に設置しているソフトウェア開発拠点において「HP SSUサービス」の基となったシステムを構築した結果、約300の仮想環境をラック3台分のシステムに集約しました。この事例では、日本HP自身のソフトウェア開発環境のインフラを共有サービス化し、これまでにHP-UXサーバ13台を1日で配備するなどの実績を挙げており、業務の効率化に大きく貢献しています。

■ 「HP SSUサービス」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/ssu/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡