Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年2月25日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、高信頼UNIXをブレードサーバで積極展開

- 最大4プロセッサ搭載可能なIntegrityブレードサーバを発売、ラインアップを強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、最新デュアルコア インテル® Itanium® プロセッサー 9100番台を最大4プロセッサ8コア(以下、4P/8C)まで搭載可能で、さらに「グリーンIT(*1)」を推進する、HP-UX対応ブレードシステム「HP Integrity BL870cサーバブレード」(以下、BL870c)を発表します。

「BL870c」は「HP Blade System c-Class」に搭載可能な Integrity サーバの新製品です。「HP Blade System c-Class」は、ミッションクリティカル環境で使用することを想定し、エンタープライズ用途向けの技術を取り込みながら開発されており信頼性に優れた設計になっています。

近年、サーバやストレージ、ネットワークなどシステム全体を統合するブレードシステムは、運用管理機能の高さや高密度、低消費電力といった特長により、急速に導入が進んでいます。そのためお客様からは、従来製品の最大2プロセッサ4コアが搭載可能な「Integrity BL860cサーバブレード」(以下、BL860c)に加え、さらに拡張性に優れた上位機種を求める多くの声が寄せられていました。

新製品の「BL870c」は4P/8Cまで搭載可能な上、「BL860c」と比べ最大2倍のメモリ容量、最大2倍のハードディスクドライブ(以下、HDD)容量を実現しています。 OSはHP-UXの他にWindows、Linuxなどをサポートします。「BL870c」はx86プロセッサ搭載のProLiant ブレードと同一エンクロージャ内での混在が可能であり、拡張性の高い高信頼なHP-UX環境を構築しながら、様々なブレードを1つのエンクロージャに統合することができます。また、ブレードテクノロジの活用により省スペースや省電力といった「グリーンIT」への取り組みも推進しています。

*1: HPは世界的に事業を展開する企業として、IT活用による環境負荷低減を推進するプログラムを実施し、積極的な「グリーンIT」への取り組みをおこなっています。

製品名 最小構成価格
HP Integrity BL870cサーバブレード
(デュアルコア インテル® Itanium® プロセッサー 9120N(1.42GHz/12MB L3キャッシュ)、4GB メ モリ、72GB HDD)
2,607,150円(税抜2,483,000円)

<省スペース・省電力で「グリーンIT」を強力推進>
現在、さまざまな業界で環境に配慮したエネルギー削減と効率的な資源活用の取り組み「グリーンIT」が推進されています。特にブレードサーバは、高い集積率でありながら低消費電力を実現することで、各方面から大きな注目を集めています。「BL870c」は、同等クラスのラックマウントサーバ「HP Integrity rx6600(以下、rx6600)」と比べ、最大25%消費電力を削減することができます。また、「BL870c」は、一般的な42Uラックに最大16台まで搭載でき、最大6台の搭載となる「rx6600」に対して、2.6倍のスペース効率を上げることができます。

<ミッションクリティカルシステムに最適な環境をブレード上で実現>
「BL870c」は、数多くのミッションクリティカルシステムで実績を誇るHP-UXに対応しています。さらに、サーバをクラスタ化してより高いサービスレベルを提供する「HP Serviceguard」をはじめ、高セキュリティや統合管理ツールといったHP-UXサーバのフル機能をサポートしています。これにより、ブレード上でミッションクリティカルシステムに最適な信頼性、可用性に優れた環境を構築することができます。

<サーバ資源を有効活用する仮想化にも対応>
「BL870c」は、サーバ仮想化を実現するための中核となるパーティショニング技術である、「HP Integrity Virtual Machines」(以下、Integrity VM)に対応しています。「Integrity VM」はHP-UX、Windows、LinuxのマルチOSをサポートしています。HPの統合化された仮想化ソリューションの中で、ミッションクリティカルシステムに必要な高可用性を確保しながら、システムリソースを動的に配分し、柔軟なシステム構成を行うことが可能になります。

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/servers/integrity/topics/bl870c/index.html

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡