Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年3月13日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、ITサービス管理の新製品を発表

- 従来の2製品を統合し、ITIL v3を視野に入れた
企業のITサービス管理プロセスを強力支援 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、ITIL v3のベストプラクティスが組み込まれた、ITサービス管理ソフトウェア「HP Service Manager 7.0 software」(以下、HP Service Manager)を発表します。IT全体の戦略からサービスの設計・開発、運用までを全体最適化する製品の1つとして、企業のITサービス管理プロセスをサポートします。

今日、急激な市場変化に対応すべくITが複雑化し、ビジネスのITへの依存度も日増しに高まっています。その一方で、IT運用が最適化の途上にある企業も多く、迅速な対応ができない、臨機応変に変更ができない、問題対処のナレッジ(知識)が蓄積されず対応が後手に回る、対応が一元化されていないために無駄な運用コストが発生しているなど、さまざまな問題が生じています。その中で、こうしたITへの要求と提供能力の間のギャップを埋め、円滑な企業活動を支えるために標準的な枠組み「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」を導入・実践することは、企業にとってますます重要な課題となっています。

新製品の「HP Service Manager」は、迅速な問題解決のためのナレッジの蓄積・有効利用や変更管理を確実にするワークフロー管理に優れた「HP ServiceCenter」のアーキテクチャおよび機能をベースに、日本市場で高い導入件数を誇る「HP Service Desk」の機能を統合したITサービス管理ソフトウェアです。HPが提供してきたITサービス管理市場の2製品を統合することで、インシデント管理から構成管理まで、全体に渡って一貫性のあるプロセスの最適化が図れるようになりました。また、ナレッジ共有だけでなくサービスカタログおよびリクエスト処理機能なども提供しています。Web環境や操作性も強化され、さらなる効率的な運用を実現できます。

このほか、より統合化された構成管理を全面的にサポートするために、構成情報をはじめとする様々な情報を一括管理する進化したデータリポジトリ(データ保管)ソフトウェア「HP Universal CMDB」の基本モジュールを採用しており、他のHP管理ソフトウェア製品群との連携を見据えた機能も組み込まれています。

<製品概要>
製品名 最小構成価格 出荷開始日
HP Service Manager 7.0 2,989,350円 (税抜2,847,000円) 4月1日

<より効果的なITIL実践のためのナレッジ管理>
専用のナレッジ管理用エンジンを実装しており、各ITILプロセスで蓄積した情報や、新たにナレッジとして登録したデータに対し、横断的に検索できます。また、日本語の文節を認識することでキーワードを抽出し、精度の高い検索を実行することもできます。

<ヘルプデスク機能から物品購入依頼まで広範なユーザのリクエストに対応>
「HP Service Manager」は、障害対応のヘルプデスク機能だけでなく、物品購買依頼を含めたユーザリクエストの総合窓口「サービスカタログ」機能を提供します。

<ビジネスや状況に応じた柔軟なワークフロー管理が可能に>
「HP Service Manager」は、ITILに沿ったワークフロー管理をサポートしており、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理までの流れを一元的に提供します。例えば変更管理においては、変更要求の正しい起票、変更リスクの分析と制御、カテゴリにあわせた承認フローの適用、変更ステータスの的確な更新と参照などにより、変更プロセスを可視化します。これによりコンプライアンスに対応するだけでなく、運用体制の標準化を図ることが可能となります。

<「HP Universal CMDB」により他の管理ツールとの連携とデータの連合化を実現>
「HP Service Manager」は、ITILプロセスに必要な構成情報とその関係だけではなく、さまざまなインシデントや変更作業、リリース情報などを管理するために、IT運用のための統合リポジトリ製品である「HP Universal CMDB」の基本モジュールをバンドルしています。これを活用することにより、「HP Service Manager」は資産管理やサーバ監視などの様々な管理ツールとの連携を容易に実現するとともに、変更時の影響度分析や高度なレポート機能を提供します。それぞれのデータを連合化・整合化することで既存ツールのデータをそのまま利用できるだけでなく一貫性も維持できます。

<操作性を向上させる簡単操作のユーザインタフェースを100種類以上用意>
ワンボタンで簡単に操作できるユーザインタフェース(管理画面)を100種類以上テンプレートとして提供するほか、蓄積した情報を分析・解析するユーザインタフェースも実装できます。

■ 今回の発表製品も含め、トータルなHPソフトウェア製品のご紹介を下記セミナーで行います。
『ここまで進化した!HPのIT管理セミナー』
〜ビジネスを止めないITILベースの新しい運用。変革を加速するHP SWの最新ソリューション〜
【日程】2008年4月22日(火)
【時間】13:00〜16:35(受付 12:30〜)
【会場】東京ステーションコンファレンス(東京駅八重洲北口)
【セミナー案内URL】www.hp.com/jp/seminar3/

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/software/sm7/

■ HP Softwareのホームページ
     http://www.hp.com/jp/hpsoftware/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡