Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年4月22日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

エンタープライズ向けレーザーMFP(複合機)、
レーザープリンタの新製品9機種11製品を発表

- HPの新提案「プリンティングもITインフラへ」を実現するラインアップが完成 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、エンタープライズ向けレーザーMFP(複合機)、レーザープリンタの新製品9機種11製品を発表します。今回の大幅な製品拡充により、エンタープライズ向けプリンタのラインアップが揃いました。新製品は日本HP直販営業、販売代理店にて5月より順次販売開始します。

また、HPではエンタープライズ向けプリンタのラインアップ完成を機に、「プリンティングもITインフラへ」をキーメッセージとして、企業におけるプリンティング環境の新施策を提案します。

今回発表の新製品は、以下のとおりです。

<カラーレーザーMFP(複合機) 2機種4製品>
製品名 価格 販売開始日
HP Color LaserJet CM6040f MFP 1,554,000円
(税抜 1,480,000円)
5月中旬
HP Color LaserJet CM6040 MFP 1,449,000円
(税抜 1,380,000円)
5月中旬

以下の2製品は6月以降に販売開始予定です。
HP Color LaserJet CM6030f MFP
HP Color LaserJet CM6030 MFP

<モノクロレーザーMFP(複合機)2機種2製品>
製品名 価格 販売開始日
HP LaserJet M9050 MFP 1,659,000円
(税抜 1,580,000円)
5月7日
HP LaserJet M9040 MFP 1,344,000円
(税抜 1,280,000円)
5月7日

<カラーレーザープリンタ 2機種2製品>
製品名 価格 販売開始日
HP Color LaserJet CP6015dn 680,400円
(税抜 648,000円)
5月中旬
HP Color LaserJet CP4005dn 260,400円
(税抜 248,000円)
5月中旬

<モノクロレーザープリンタ 3機種3製品>
製品名 価格 販売開始日
HP LaserJet P4515n 260,400円
(税抜 248,000円)
5月中旬
HP LaserJet P4015n 207,900円
(税抜 198,000円)
5月中旬
HP LaserJet P4014n 134,400円
(税抜 128,000円)
5月中旬

<多彩なニーズに対応する企業向けレーザーMFP・プリンタの新製品9機種11製品>
企業における生産的なプリンティング環境は、適切な場所に適切なスペック(出力速度や耐久性など)のプリンタを設置することによって実現します。HPの企業向けレーザーMFP、レーザープリンタは新製品9機種11製品を加え、小規模部署で使用するコンパクトなA4モノクロ機から、部門全体でセンターマシンとして使う多機能なA3カラー複合機まで、多様なニーズに対応可能なラインアップが完成しました。

新製品の主な特長は以下のとおりです。

TCOの削減を実現するA3対応カラーレーザー複合機「CM6040f」「CM6040」「CM6030f」「CM6030」
「CM6040シリーズ」は、中規模ワークグループ(6〜15ユーザー)向けのA3対応カラーレーザーMFPです。カラー40ppm(*1)/モノクロ40ppmの高速プリント・コピーが可能で、フロントパネルインタフェースの完全日本語化による優れた操作性が特長です。「CM6030シリーズ」は同様に、カラー30ppm/モノクロ30ppmの高速プリント・コピーが可能です。また、両シリーズともお求めやすい本体価格と、モノクロ1.26円(*2)/カラー9.58円(*2)のクラス最安となる低ランニングコスト(*3)により、企業のプリンティングコストをトータルで削減することが可能です。

*1: 1分間あたりのプリント枚数を示す単位。
*2: A4普通紙での各色5%印字の目安の価格(税別)。トナーやイメージドラムのほか、メンテナンスキットなどの消耗品の価格も含みますが、用紙代は含みません。
*3: 日本HP調べ。40ppmおよび30ppmクラスの電子写真方式A3対応カラー複合機と比較。

使いやすくなったA3対応モノクロレーザー複合機「M9050」「M9040」
「M9050」、「M9040」は、「9050mfp」、「9040mfp」の後継となるA3対応モノクロレーザー複合機です。モノクロ1.20円(*4)の低ランニングコストで、50ppm(M9050)/40ppm(M9040)の高速プリントが行えます。また、30万枚/月の耐久性を備えるので、大量出力が必要なセンターマシンとして最適です。定評ある操作パネル「HP Easy Select Control Panel」を採用し、ユーザーインタフェースの完全日本語化に対応しました。

*4: A4普通紙での5%印字の目安の価格(税別)。トナーのほか、メンテナンスキットなどの消耗品の価格も含みますが、用紙代は含みません。

プリント品質と耐久性を両立するA3対応カラーレーザープリンタ「CP6015dn」
「CP6015dn」は、カラー/モノクロ41ppm、ファーストページアウト11.5秒の高速なA3対応カラーレーザープリンタです。175,000枚/月の耐久性とHP ImageREt4800テクノロジによる4800dpi相当の高品質プリントにより、チラシやパンフレットなどを大量印刷する用途にも最適です。大量高速印刷に対応する大容量給紙トレイや、ステイプルスタッカー等もオプションで使用できます。

部署で使えるA4対応カラーレーザープリンタ「CP4005dn」
「CP4005dn」は、中規模ワークグループに適した高速カラー印刷と耐久性を実現したカラーレーザープリンタです。ウォームアップ時間0秒で、カラー25ppm/モノクロ30ppmの高速プリントが行えます。

用途で選べる高速なA4対応モノクロレーザープリンタ「P4515n」「P4015n」「P4014n」
「P4515n」「P4015n」「P4014n」の3機種は、部単位で使用するプリンタとして最適なA4対応モノクロレーザープリンタです。プリント速度は60ppm(P4515n)/50ppm(P4015n)/43ppm(P4014n)と高速で、オプションを使用すれば3,600枚の大容量給紙やステイプルスタッカーが使用可能です。P4515nは、クラス最速(*5)の60ppmに加えて、ギガビットイーサネットやIPsecへの対応を実現しています。また、P4515n/P4015nはモノクロ1.46円(*6)という圧倒的な低ランニングコストを実現しています。

*5: 日本HP調べ 重量30Kg以下のレーザープリンタ。
*6: A4普通紙での5%印字の目安の価格(税別)。メンテナンスキットの価格も含みますが、用紙代は含みません。

<「プリンティングもITインフラへ」 -企業のプリンティング環境を最適化するHPの新提案>
企業でのネットワーク整備は当たり前のことのように普及し、そのネットワークに接続されるPCをIT部門が集中管理するのも今や常識となっています。しかし、プリンタや複合機は部署やプロジェクトの都合で比較的自由に設置されている場合が多いのが現状です。さらに、ネットワークに接続されるプリンタや複合機は、情報漏えいや不正使用などのセキュリティリスクを伴います。HPはこれらの問題を解決するため、企業向け複合機およびプリンタを単一の機器として販売するだけでなく、企業のITインフラ全体を考慮したプリンタの配置と、プリンティングの状況をIT管理部門で一括管理できる環境を提案します。HPは、日本市場において企業にプリンティング環境を提供している唯一といえるITベンダであり、そのノウハウを活かしてお客様に最適なプランを提供することが可能です。

プリンティング環境をITインフラとして提供する主な理由とメリットは、以下のとおりです。

コストのコントロール
部署ごとの判断による対処的なプリンタの導入は、プリンティングに伴うコスト管理の障害となります。企業全体のポリシーに基づいたプリンタの配置、機能選択、機器選択を行うことにより、コストの可視化が可能となり、機器購入コストが削減できます。また、部署ごとに管理されていたプリンタを集中管理することにより、管理コストの削減も可能になります。

情報リスクのコントロール
ネットワーク上に存在する企業の機密情報は、ファイルへのアクセス制限をかけていたとしても、プリントアウトすることにより漏えいのリスクが発生します。HPのプリンティング管理ソフトウェア(HP Web Jetadmin、MPA(Managed Printing Administration))によって情報の流通経路をトータルで見渡せるセキュリティ対策を行うことにより、そうしたリスクを回避することが可能です。

プリンティング環境のサービス化
プリンタの購入から用紙やサプライの補充、保守・サービスなどの窓口を企業のIT管理部門に一元化することにより、プリンティング環境をサービスとして社員に提供することができます。また、プリンティング環境をITインフラとして最適化することにより、企業コンプライアンスの確立にも貢献します。

Green ITの実現
プリンタ自体の省電力化と無駄のない最適な配置により、CO2の削減を実現します。また、社内で意思統一されたプリンティング環境ポリシーに基づいてプリンタを使用することで、用紙やサプライの使用量削減が行えます。

■ 添付資料
     レーザーMFP新製品スペック一覧表 (PDF:114KB)
     レーザープリンタ新製品スペック一覧表 ( PDF:101KB)

■ 「HP LaserJet」に関する製品情報は以下のURLを参照してください
     http://www.hp.com/jp/laserjet/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡