Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年5月7日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

サーバ組み込み型仮想化ソリューション
「HP ProLiant iVirtualization」を発売

- 同時に大規模仮想化環境に向けたパッケージや仮想クライアントソリューションも提供開始。
仮想化技術は、導入期から活用期へ -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」とヴイエムウェア社の仮想化ソフトウェア「VMware® Infrastructure 3」との組み合わせによる仮想化ソリューションに関連して、以下の3つの取り組みを発表します。

  • HP初のサーバ組み込み型仮想化ソリューション「HP ProLiant iVirtualization」を発表します。本製品は、仮想化ソフトウェアを内蔵したUSBデバイスと「HP ProLiant」サーバの組み合わせで提供されるユニークな製品です。その第一弾として、「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」を発売します。
  • 同時に、日本HPがOEM販売する「VMware Infrastructure 3」ライセンスのラインアップを強化します。特に、大規模仮想化環境に向けた「Enterprise」ライセンスでは統合管理ソフトウェア・スイート「HP ICE(Insight Control Environment)」をバンドルしたお得な新製品を発売します。
  • さらに、仮想クライアントソリューションとして「VMware® Virtual Desktop Infrastructure(VDI)」専用ライセンスの販売と環境構築サービスを開始し、仮想クライアント市場を積極的に開拓します。

日本HPは仮想化技術について、導入期を過ぎ、今後本格的な活用期に入ると予測しています。この変化を自らリードするべく、今回の取り組みを通じて、お客様に仮想化環境の「シンプルで容易な導入」「効率的な管理」「適用範囲の拡大」を提案していきます。

<サーバ組み込み型仮想化ソリューション「HP ProLiant iVirtualization」>
日本HPが新たに発表する「HP ProLiant iVirtualization」は、仮想化ソフトウェアのイメージを内蔵したUSBデバイスと、同デバイスに対応した「HP ProLiant」サーバの組み合わせで提供する、サーバ組み込み型の仮想化ソリューションです。本製品は「HP ProLiant」サーバの内部USBポートに仮想化ソフトウェア用のUSBデバイスを接続した状態で納品されます。

「HP ProLiant iVirtualization」の特長は以下のとおりです。

  1. 多彩なプラットフォームを選択可能
    「HP ProLiant iVirtualization」では、「HP ProLiant」ファミリの多様な対応機種(*1)からサーバハードウェアを選べます。また、仮想化ソフトウェアについても、今回発売するVMware® ESXiに加え、将来的にCitrix XenServerやMicrosoft Hyper-Vにも対応予定で、企業のIT基盤を担う仮想化環境に求められる豊富な選択肢と将来性を備えています。


  2. 運用支援ソフトウェアの充実
    「HP ProLiant iVirtualization」においても、物理環境と仮想環境のシームレスな統合監視・管理を実現する「HP ProLiant Essentials Virtual Machine Management Pack(VMM)」、また物理・仮想間のサーバ環境の移行を支援する「HP Server Migration Pack(SMP)」などの運用支援ソフトウェアを利用できます。これにより、大量の仮想サーバが導入される環境でも運用の負担を最小限に抑えられます。


  3. ハードウェアからソフトウェアまで、販売と保守を一本化
    日本HPはサーバハードウェア、仮想化ソフトウェア、さらにその上で稼動するOSについても、一括して販売・保守を行えます。「HP ProLiant iVirtualization」のような組み込み型仮想化ソリューションにおいて、このようにハードウェアとソフトウェアの区別なく技術支援や保守サービスを提供できることは、お客様に大きな利便性をもたらします。
*1: 本製品の対応機種は以下のとおりです。
タワー型サーバ: HP ProLiant ML370
ラックマウント型サーバ:HP ProLiant DL380/DL385/DL580/DL585
ブレード型サーバ:HP ProLinat BL460c/BL465c/BL480c/BL680c/BL685c

<本日発表の新製品「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」>
本日発売する「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」は、「HP ProLiant iVirtualization」の第一弾となる製品で、USBデバイスに仮想化ソフトウェアとして「VMware ESXi 3.5 for HP ProLiant」を搭載しています。サーバの電源を投入すると、USBブートによりVMware ESXiが起動し、そのまま基本情報の設定を行うだけで、すぐに仮想化環境を利用できます。

サーバに仮想化環境があらかじめ組み込まれているため、導入が非常に容易であるほか、ソフトウェア自身も必須機能を抽出してシンプル化され、セキュリティや保守性の面でも優れています。

「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」
製品名 標準小売価格 出荷開始
VMware ESXi 3.5 for HP ProLiant
Standalone(基本機能のみを提供)
39,900円〜
(税抜38,000円〜)
5月下旬
VMware ESXi 3.5 for HP ProLiant
Enterprise(付加価値機能を含む)
798,000円〜
(税抜760,000円〜)
5月下旬

<「VMware Infrastructure 3」新ライセンス>
日本HPはこれまで、OEM販売する仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」について、基本的な仮想化機能のみを提供する「Foundation」、VMware® HA機能(*2)に対応し基本的なHP製管理ソフトウェアをバンドルした「Standard」、またこれに加えてVMware® VMotion機能(*3)が利用できる「Enterprise」の3つのライセンスを提供してきました。

本日、これらに加え、バンドル製品のない単体のStandardライセンスと、大規模な仮想化環境の効率的な管理に役立つ統合ソフトウェア・スイート「HP ICE(Insight Control Environment)」がバンドルされた最上位ライセンス「VMware Infrastructure 3 Enterprise HP ICE & SMP Universalライセンスバンドル」を新たに発売します。

「VMware Infrastructure 3」新ライセンス
製品名 標準小売価格 出荷開始
VMware Infrastructure 3 Standard
ライセンス(バンドル製品なし)
441,000円
(税抜420,000円)
5月下旬
VMware Infrastructure 3 Enterprise
HP ICE & SMP Universal
ライセンスバンドル
882,000円
(税抜840,000円)
5月下旬

*2: VMware HA機能:物理サーバ障害時に稼働中の仮想OSを安全にシャットダウンし、速やかに他の物理サーバ上で再起動する機能
*3: VMware VMotion機能:稼働中の仮想OSを、無停止で他の物理サーバに移動できる機能

<仮想クライアントソリューション詳細>
日本HPは、仮想クライアントソリューションの強化に向けて、「VMware Virtual Desktop Infrastructure」(以下、VDI)専用ライセンスと、日本HPエンジニアによるVDI環境構築サービスの提供を開始します。VDIは、VMware Infrastructure 3上に構築したクライアントOSに対し、シンクライアント端末からのアクセスを可能にする仮想クライアント環境で、リソース(CPU性能やメモリ容量など、システムを構成する要素)の割り当ての柔軟性に優れたリモートクライアント環境として注目されています。

日本HPは仮想クライアントソリューションの強化により、今回のVDIソリューションをこれまでリモートクライアントソリューションとして提供しているシンクライアント、ブレードPC、ブレードワークステーションと組み合わせ、お客様の多様化するクライアント環境へのニーズに応えます。

「Virtual Desktop Infrastructure」新ライセンス
製品名 希望小売価格(*4) 出荷開始
VMware Virtual Desktop
Manager 2 ライセンス
(別途、VMware Infrastucture 3が必要)
735,000円〜
(税抜700,000円〜)
6月下旬
VMware Infrastructure 3
VMware VDI専用バンドルライセンス
(VMware Infrastucture 3を含む)
2,100,000円〜
(税抜2,000,000円〜)
6月下旬

*4:表中の希望小売価格は100台分の仮想マシンライセンスを含む価格です。

「Virtual Desktop Infrastructure」関連新サービス
製品名 参考価格(*5)
HP VDI環境構築サービス 3,150,000円〜 (税抜3,000,000円〜)

*5: プロジェクト管理、VMware® ESXの導入、10台までのシンクライアント接続、システム管理環境構築、動作確認、オリエンテーション、規定のドキュメント作成を含む価格です。実際の価格はシステムの要件や規模に応じて変動します。

■ HP ProLiantとVMwareによる仮想化ソリューションの情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/vmware/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡