Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年5月8日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、業界初(*1)の仮想化に対応した
ストレージ従量課金サービスを発表

- 大規模ストレージ環境の投資効果を最大化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小出 伸一)は本日、柔軟な容量計画と投資の最適化を実現する従量課金サービス「HP StorageWorks Utility Ready Storage ソリューション」(以下、HP URSソリューション)の提供開始と、同サービスのストレージ容量仮想化技術への対応を発表します。また同時に、8Gbpsファイバチャネルに対応したストレージエリアネットワーク(以下、SAN)ダイレクタ・スイッチ「HP StorageWorks DC SAN Backbone Director」(以下、DC SAN Backbone Director)を発表します。

「HP URSソリューション」は、ハイエンドストレージ「HP StorageWorks ディスクアレイXPファミリ」(以下、XPファミリ)向けの従量課金サービスとして、昨年5月に発表しました。同サービスは初期投資を削減し、継続的に増加するストレージ容量に応じた最適な投資を実現します。今回、「XPファミリ」の主力製品、「HP StorageWorks XP24000/20000 ディスクアレイ」(以下、XP24000/20000)の容量仮想化技術「Thin Provisioning」に対応し、実際に使用したディスク容量に基づいた課金が行えるようになります。投資効果のさらなる向上を実現する画期的なソリューションです。

あわせて発表の「DC SAN Backbone Director」は、HP初の8Gbps対応、SANダイレクタ・スイッチです。最大384個のFCポートの搭載が可能で、マルチプロトコルをサポートするなど大規模SAN環境に高可用性と高信頼性を提供します。また同時に、現行製品の4Gbps対応SANダイレクタ関連製品の価格改定を実施します。

日本HPは、今回の二つの発表により、ハイエンドストレージ製品の導入障壁を排除し、エンタープライズ環境におけるストレージ統合の促進と市場シェアの拡大を図ります。

*1: ストレージボリューム容量仮想化機能に対応した日本国内向けの従量課金サービスとして。

<「HP StorageWorks Utility Ready Storage ソリューション」の特長>
本日、サービス提供を開始する「HP URSソリューション」は、契約に基づいて月ごとの使用可能ストレージ容量に対して課金し、ストレージの使用権を提供する従量課金サービスです。継続的な容量増加が見込まれるストレージでは、将来どれだけの容量が必要かを予測することは困難です。「HP URSソリューション」は、小規模からの導入を可能にし、月々の使用可能容量を自動計測してお支払いいただくことで、従来型リース契約と比較し、導入初期の投資を削減することができます。

また、新たに「XPファミリ」の容量仮想化技術である「Thin Provisioning」に対応することで、サーバに割り当てられた容量への課金から、XP上で実際に割り当てられたディスク容量に対する課金が可能になり、投資効率がさらに向上します。

・ 初期の年間投資額は従来比4割減、予測できない増加容量の投資リスクを回避
「HP URSソリューション」は初期導入時に、基本容量である「コミット容量」と、従量分の「バッファ容量」、および容量あたりの「月額料金」を決定しますが、容量追加の際に必要に応じて、バッファ容量の追加や料金の見直しを行うことにより、柔軟な運用と投資の最適化を実現します。

モデルケースとして、XP24000の「HP URSソリューション」 4年契約の場合、導入時の使用可能容量 56TB(*2) 、従量用バッファ容量28TB(*2) 、年間容量増加率30% の想定では、従来の4年リース(均等払い)と比較して、初年度の合計投資額は約40%減(当社比)となります。予測困難な将来の容量に対する先行投資を削減し、ビジネス成長のスピードにあわせて、キャッシュフローを最適化することが可能です。

*2:サーバから使用可能な物理容量の合計。

・ 容量仮想化機能「Thin Provisioning」に対応し、容量効率アップと投資の最適化を両立
通常「HP URSソリューション」の課金対象となる容量は、XP上でホストへ割り当てた「使用可能容量」ですが、実際には、各ホスト上ではすべての容量が使用されません。「HP URSソリューション」は、7月より「XP24000/20000」の容量仮想化技術「Thin Provisioning」のサポートを開始し、「使った分だけ支払う」ことが可能になります。

「Thin Provisioning」を使用した場合、ホストへ割り当てた仮想容量のうち、実際に使用したディスク容量が課金対象になります。「Thin Provisioning」では、ホストからの書き込み要求により、初めてXP上の物理ディスクの割り当てを行うため、未使用領域に対して物理ディスクは割り当てられません。つまり「使える容量」ではなく、「使った容量」による課金が可能になり、コスト削減に寄与します。

「HP URSソリューション」は、今後、「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array (EVA)」への対応を予定しています。

<8Gbpsダイレクタ新製品「HP StorageWorks DC SAN Backbone Director」>
本日発表の新製品
製品名 価格 出荷開始日
HP StorageWorks DC SAN Backbone Director 18,900,000円〜
(税抜18,000,000円〜)
6月上旬

・ 次世代データセンターの要求に応えるHP初の8Gbpsファイバーチャネル対応のダイレクタ
「DC SAN Backbone Director」は、8GbpsのFCポートをサポートし、1筐体で384ポート搭載可能な、総帯域6TbpsのSANダイレクタ・スイッチです。1/2/4/8/10GbpsのFCポート、およびIPポートでのFCIPやiSCSI(今後対応予定)など、マルチプロトコルにも対応しています。また以下の特長を持ち、大規模なSAN環境に対応した高い性能と拡張性で、最適な投資を実現します。

<主な特長>

  • 次世代8GbpsのFCスピードに対応し、高いパフォーマンスを提供。
  • ブレード単位でのポート増設が可能で、SANの拡張も簡単に素早く対応が可能。
  • 標準で管理ツール「Power Pack」のライセンスが付属し、アプリケーションごとの QoS(Quality of Service) (*3) やデータ量の制御が可能。

*3:ネットワーク上で、ある特定の通信速度などを保証する技術。

<4Gbps ダイレクタ製品で、最大40%の価格改定率を実現>
本日より、4Gbps対応のダイレクタ関連製品において、価格改定を実施します。最大40%の価格改定率で、大規模SAN環境の構築における費用対効果の改善を支援します。

HP StorageWorks 4/256 SAN ダイレクタ・スイッチ価格改定一覧
製品名 旧価格 新価格 改定率
HP StorageWorks 4/256 SAN ダイレクタ・ スイッチ 10,500,000円
(税抜10,000,000円)
6,300,000円
(税抜6,000,000円)
40.0%
HP StorageWorks 4/256 SAN ダイレクタ Power Pack 16,800,000円
(税抜16,000,000円)
10,500,000円
(税抜10,000,000円)
37.5%

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_new/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡