Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年6月2日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

企業のデータセンター(*1)の変革を支援する
「HP DCTポートフォリオ」を日本で展開開始

- 新たにデータセンターのコンソリデーションと仮想化
ファシリティ企画・設計の3つのサービスを提供 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日より、企業のお客様におけるデータセンター(*1)の変革を支援する製品・サービス群「HP データセンター・トランスフォーメーション・ポートフォリオ」(以下、「HP DCTポートフォリオ」)の日本での展開を開始します。

また、このポートフォリオの中核となる具体的な新サービスとして、本日以下の3つのサービスを提供開始します。

  • 企業のデータセンターの最適なコンソリデーションを支援する「HP データセンター・コンソリデーション・サービス」(以下、「HP DCCサービス」
  • 企業のITインフラストラクチャの仮想化を支援する「HP データセンター・バーチャライゼーション・サービス」(以下、「HP DCVサービス」)
  • 企業のデータセンターの企画・設計・運用のコンサルティングを行う「HP クリティカル・ファシリティ・サービス」

また同時に、データセンターの変革(データセンター・トランスフォーメーション、以下DCT)を必要とするお客様にいち早くその有効性を提示するため、事前にDCTの導入効果を見極める無償のサービス「HP データセンター・トランスフォーメーション・エクスペリエンス・ワークショップ」(「HP DCTエクスペリエンス・ワークショップ」)も開始します。

*1: 本ニュースリリース中の「データセンター」という用語は、規模を問わず、企業がITの資産とデータを管理・運用するために保有する施設一般を指します。

<「HP DCTポートフォリオ」発表の背景>
現在、企業のITは、ビジネス成果の最大化のためのテクノロジー、すなわち「ビジネステクノロジー」への変革を求められています。それに伴い、「ビジネスの成長、コストの削減、リスクの低減の実現」といった経営の課題を解決するために、ITは全体最適化された柔軟なインフラストラクチャへの転換、管理の最適化、情報の戦略的な活用を実現できる基盤の整備を必要としています。

一方で、多くの企業のデータセンターは、電力と冷却能力の不足、システム拡張のためのスペースの不足、人員不足などの様々な制限に直面しています。

このように、多くの企業では経営的意思と物理的限界の両面から、データセンターの変革に取り組むことが急務となっています。

以上の背景のもと、HPはDCTへの着手が企業の直近の課題を解決すると同時に、将来の競争力につながる次世代のビジネス基盤の構築にもつながると考え、企業のお客様への新たな提案として、「HP DCTポートフォリオ」を発表しました。

HPは、自社においても、2005年から3年間をかけて大規模なデータセンター統合に取り組んできました。「HP DCTポートフォリオ」には、このプロジェクトで得られた経験、技術、手法を盛り込み、現実的で効果の高いデータセンター改革を実施するためのノウハウが生かされています。

<「HP DCTポートフォリオ」とは>
HPは、自社のデータセンター統合の目指すべき将来像として、プール化されたリソースを必要に応じて動的に分配できる、全体最適化されたITインフラストラクチャを備えた「NGDC」(Next Generation Data Center:次世代データセンター)を掲げました。

「HP DCTポートフォリオ」は、DCTを通じて「NGDC」のコンセプトを展開し、お客様のデータセンターをビジネスに貢献する基盤へ変革するための製品・サービス群です。

HPは、DCTの達成のために改善すべき領域として以下の4つを挙げ、「HP DCTポートフォリオ」として、各領域に対応したソリューションを提供します。

  • 管理と運用:データセンター運用の適切なマネジメント、自動化、運用の継続保証
  • アプリケーションと情報:アプリケーションの最適化、モダナイゼーション
  • ITインフラストラクチャ:IT基盤の統合と仮想化の推進
  • ファシリティ:先進性を失ったファシリティ(施設、設備)の再設計、統合、近代化の推進

日本HPは本日より、HPの企業向けビジネスの大きな柱となるこの「HP DCTポートフォリオ」に属する3つのサービスを、日本国内で新たに展開します。具体的には、上記の領域のうち「管理と運用」「アプリケーションと情報」「ITインフラストラクチャ」にまたがる変革を支援する「HP DCCサービス」と「HP DCVサービス」、また「ファシリティ」の変革を支援する「HP クリティカル・ファシリティ・サービス」の提供を本日より開始し、お客様への提案を積極的に進めます。

また、今後も継続的に「HP DCTポートフォリオ」に基づく製品・サービスを開発し、順次提供していきます。

<「HP DCCサービス」と「HP DCVサービス」>
日本HPが本日より開始する「HP DCCサービス」と「HP DCVサービス」は、DCTのコンセプトを踏まえ、「NGDC」の実現に必要な前提である、データセンターの「コンソリデーション」と、「仮想化技術の導入」を支援するサービスです。

両サービスの概要は以下のとおりです。

HP DCCサービス
企業のITインフラストラクチャの技術と運用に関する豊富な知識と経験を持つ日本HPのコンサルタントが、お客様のデータセンターの最適なコンソリデーションのために、戦略策定、現状分析と課題抽出、設計、移行までの各ステップを包括的に支援するサービスです。

本サービスは、以下の4つのサービスメニューからなり、各サービスは単独でも提供可能です。

  • DCC 戦略策定サービス
    お客様のビジネス要件を考慮し、最適なデータセンター・コンソリデーション戦略の策定を支援します。
  • DCC ディスカバリー・サービス
    現状のIT資産とシステム構造を調査・分析し、データセンター・コンソリデーションの方向性を見出します。
  • DCC デザイン・サービス
    コンソリデーションを考慮した新データセンターの設計・計画を支援します。
  • DCC 移行サービス
    コンソリデーション後の新データセンターへの移行に伴う課題を定義し、実際の移行作業を支援します。

本サービスにより、お客様はデータセンター変革の根幹となるデータセンター・コンソリデーションを、HPのプロフェッショナルとともに進めることができます。データセンター変革に必要な標準化、ガバナンス等の方針の明確化、現状分析・評価、効率的な導入手順、ビジネス中断リスクの回避などを確実に策定・実行し、多年にわたる戦略立案から移行までのプロジェクトの遂行を、一貫してHPが支援します。

HP DCVサービス
ITインフラストラクチャと仮想化技術に深い知識を持つ日本HPのコンサルタントが、お客様のデータセンターにおける仮想化環境の導入を、戦略策定から実際の導入・移行まで包括的に支援するサービスです。

本サービスは、以下の3つのサービスメニューからなり、各サービスは単独でも提供可能です。

  • DCV 戦略策定サービス
    お客様のITの状況を考慮し、最適な仮想化導入戦略の策定を支援します。
  • DCV デザイン・サービス
    データセンターにおける仮想化されたITインフラストラクチャの設計・計画を支援します。
  • DCV 移行サービス
    データセンターの、仮想化されたITインフラストラクチャへの実際の移行作業を支援します。

本サービスにより、お客様は、仮想化技術を用いたデータセンター内のITインフラストラクチャの共有化に向けた各ステップを、経験豊富なHPのプロフェッショナルの支援のもと進めることができます。共有化されたITインフラストラクチャは、重複したシステムの統合や効率化、さらに電力の削減、運用・管理の統合をもたらします。

<「HP クリティカル・ファシリティ・サービス」>
「HP クリティカル・ファシリティ・サービス」は、HPが2008年2月13日に合併を完了した米EYP Mission Critical Facilities(以下、EYP MCF)のノウハウにより実現した、2,000平米以上(レイズドフロア部分(*2))の規模のデータセンターの企画・設計と運用計画に特化したコンサルティング・サービスです。

EYP MCFはこれまで、HP自身を始めとする欧米の多くの大企業にサービスを提供してきました。HPは、同社のサービスを他の製品やサービスと組み合わせ、データセンターの変革に関する「チップからビルディングまで」のフルサービスを提供します。

「HP クリティカル・ファシリティ・サービス」は、以下のサービスメニューで構成されています。

クリティカル・ファシリティ・コンサルティング(CFC)
データセンター自体の企画・設計を行う前に、現状の調査・分析を行うとともに、お客様のビジネス・ニーズに合わせた新たなデータセンター・ファシリティの戦略と達成目標、移行計画の策定を支援します。

  • ファシリティ/テクノロジ・アセスメント・サービス
  • 企業データセンター戦略
  • ファシリティ・マスタプラン
  • ファシリティ統合/移設計画

クリティカル・ファシリティ・デザイン(CFD)
実際のデータセンター・ファシリティの設計・開発を行います。設計にあたっては、コスト、エネルギー効率、工学的要素、データセンターとしての機能要件などが考慮されます。

  • ファシリティ設計/計画/コスト試算
  • エネルギー効率設計
  • 工学インフラストラクチャ設計
  • 技術インフラストラクチャ設計(ケーブル設備)

クリティカル・ファシリティ・アシュアランス(CFA)
構築したデータセンターのアシュアランス(検証)を行います。最適な運用効率と信頼性を実現するためのテスト、評価、分析、運用戦略の策定を支援します。

  • テストと運用試験
  • 運用及び信頼性リスク・アセスメント
  • ファシリティ運用戦略
  • 障害予測分析
  • 既存ファシリティの評価・分析

本サービスは、日本においては、EYP MCFのコンサルタントと日本HPのエンジニアがお客様ごとにチームを組んで提供します。なお、日本HPは本サービスにおいて、上記の各要素に関するデータセンターのコンサルティング・企画・設計開発・運用試験までを担当します。実際のデータセンターの建築設計・建設は、日本で必要な資格を持つ他社との協業によって提供します。

*2: レイズドフロア:日本ではフリーアクセスフロアとも呼ばれる、コンピュータのネットワーク用ケーブルなどを収納するスペースを設けるために上げた床のこと。

■ HP DCTポートフォリオに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/dct/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡