Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年6月5日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

HP製サーバ・ストレージ向け次世代管理ソフトウェア
「HP Insight Dynamics-VSE」を発売

- 仮想化技術を前提とした「HP Integrity」、「HP ProLiant」
「HP BladeSystem」、「HP StorageWorks」の統合管理を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、HP製サーバ・ストレージおよびサーバ上の仮想環境を種類を問わず統合管理できる新たなソフトウェア「HP Insight Dynamics-VSE」(以下、「HP ID-VSE」)を発売します。

<「アダプティブ・インフラストラクチャ」の根幹となる、新たな管理基盤>
「HP ID-VSE」は、HPが次世代のインフラストラクチャのあり方として掲げる「アダプティブ・インフラストラクチャ」に必要な6つの要素「ITシステム&サービス」「電力&冷却」「管理」「セキュリティ」「仮想化」「自動化」のうち、「管理」に革新をもたらすことで、他の要素の実現にも貢献する製品です。同時に、HPがお客様への新たな提案として推進する「HP DCTポートフォリオ」(企業のデータセンター改革のための製品・サービス群)の中核製品の一つでもあります。

本製品は、HP製のあらゆるサーバ・ストレージ(「HP Integrity」、「HP ProLiant」、「HP BladeSystem」、「HP StorageWorks」)を統合管理できるだけでなく、仮想化環境を前提とした柔軟なシステム配備、システムを横断したキャパシティ・プランニング(*1)の支援などの先進的な機能を備えています。

今後発売されるHPのサーバやストレージは「HP ID-VSE」の利用を前提として開発される予定になっており、「HP ID-VSE」自身についても、今後次世代データセンター(NGDC)の実現を見据えた機能が順次追加される予定となっています。

*1: キャパシティ・プランニング:新たなシステムの構築や既存システムの入れ替えを行う際、構築/移行後のシステムが十分に性能や電力等の要件を満たせるかどうかを検討する作業。

<「HP ID-VSE」の機能的特長>
本製品はHP製サーバ・ストレージの標準管理ソフトウェアとなっている「HP Systems Insight Manager」(「HP SIM」)を拡張する製品で、システム管理効率の向上と、工数の削減を目指しています。本製品は以下の機能的特長を備えています。

1.統合管理
異種プラットフォームの管理を、統合された単一の画面から行うことができます。たとえば、「HP-UX」で稼動する「HP Integrity」サーバと、WindowsRやLinuxで稼動する「HP ProLiant」サーバを同じ画面で確認・管理できます。さらに、VMwareや「HP VSE」による仮想サーバも同様に管理でき、システム管理者の管理効率を高めます。

2.仮想化環境を前提としたアーキテクチャ
本製品は、仮想サーバと、それらを稼動させる物理サーバを切り離して管理し、自在にマッピングさせることができる機能「Logical Server Manager」を備えています。この機能はハードウェアに依存する情報を「プロファイル」として管理します。このプロファイルを仮想サーバ、物理サーバ、ハードウェアに紐付けすることで、自由なサーバ環境のプロビジョニング(システム構成・変更・移動など)を実現します。

3.キャパシティ・プランニング支援
管理者が新規仮想サーバの立ち上げやシステム・コンソリデーションを検討する際に、稼働中、停止中の別に関わらず管理下の全てのサーバから、必要なキャパシティを備えた物理サーバを五段階で評価する機能を備えています。本機能では、キャパシティ・プランニングのために重要な長期間の運用履歴情報も収集でき、精度の高いプランニングを支援します。分析にあたっては、CPUやメモリの性能だけでなく電源、ネットワークやストレージの帯域の余裕度も加味され、重み付けを調整できるため、そのシステムのポリシーに合わせた判断が可能です。特に電源に関しては、消費電力を基準としたプランニング機能も実装しており、電源設備の利用状況の効率化、最適化にも役立ちます。

4.将来の機能拡張ロードマップ
上記の機能以外にも、現在HPが「HP SIM」および各プラットフォーム用に提供する様々な管理機能が「HP ID-VSE」に統合される予定です。さらに、将来的に開発される新たな管理機能も、本製品への統合を前提として設計されます。本製品は現在のシステム管理を効率化するだけでなく、将来にわたる堅牢なシステム管理基盤の構築に適しています。

<「HP ID-VSE」発売の詳細>
新製品は、以下の形態で発売されます。

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP Insight Dynamics-VSE
「HP ProLiant」サーバ環境向けライセンス製品(*2)
157,500円〜
(税抜150,000円〜)
6月下旬
HP Insight Dynamics-VSE
「HP Integrity」サーバ環境向けVSE 4.0対応各ライセンス製品(*3)
105,000円〜
(税抜100,000円〜)
6月5日

*2: 「HP ProLiant」サーバ環境向けライセンスの価格は、1サーバあたりの価格となります。また、上記価格は「HP ID-VSE」の使用に必要な統合管理スイート「HP Insight Control」を含みません。「HP Insight Control」バンドル製品は、189,000円(税抜180,000円)となります。いずれも、「1年 24x7 テクニカルサポート&アップデート権」がバンドルされています。

*3: 「HP Integrity」サーバ環境向けライセンスの価格は、1プロセッサコアあたりの価格となります。なお、「HP-UX 11i v3」のOE(Operation Environment:「HP-UX」のOSに推奨ソフトウェア群を加えたパッケージ)のうち、「Virtual Server OE」と「Data Center OE」は「HP IDE-VSE」の機能・ライセンスを含むため、上記ライセンスは不要です。上記ライセンスは「Base OE」、「HA OE」、その他11i バージョン向けの各種OE用です。

■ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様からのエンドースメント
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITエンジニアリング室 室長 藤岡 良樹様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、日本HPの「HP Insight Dynamics-VSE」の販売開始を心より歓迎いたします。「HP Insight Dynamics-VSE」のもつキャパシティ・プランニングや、物理サーバと仮想サーバを意識せずに簡易に管理できる機能により、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、顧客ITインフラストラクチャにおけるサーバ統合と仮想化推進をより高いレベルで提案・推進していくことができます。

■ 日本ユニシス株式会社様からのエンドースメント
日本ユニシス株式会社 ICTサービス本部基盤開発部 部長 廣田 博美様

日本ユニシス株式会社は、日本HPの「HP Insight Dynamics-VSE」の販売開始を心より歓迎いたします。日本ユニシスでは、自社の次世代データセンターに「HP Insight Dynamics-VSE」を採用いたします。当製品のもつキャパシティ・プランニングや、物理サーバと仮想サーバを意識せずに簡易に管理できる機能を活用して、データセンターのサーバ統合と仮想化、自動化を推進し、業界最先端のデータセンターをお客様にご提供いたします。

■ 「HP ID-VSE」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/insightdynamics/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡