Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、2008年6月17日(現地時間)、米国ラスベガスで発表された英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

2008年6月20日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

HP、ビジネスサービスの変更や問題解決を自動化する
新しいソフトウェアを発表

ヒューレット・パッカード・カンパニー(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、以下HP)は本日、企業の IT 部門が実施するビジネスサービスやアプリケーションの変更管理および問題解決を支援し、業務上のダウンタイムが発生するリスクを大幅に削減する新しい Business Technology Optimization(BTO)ソフトウェアおよび Software-as-a-Service(SaaS: サービス型ソフトウェア)の提供を発表しました。

BTO ソフトウェアを使用すると、ユーザは、アプリケーションのアップグレードやインフラストラクチャの変更などの変更プロセスや実施を統合でき、変更ライフサイクル全体を完全に自動化できます。発生する技術的な変更件数は、ビジネスの規模に応じて、週あたり数百件から何万件にも及びます。

変更管理において重大なリスクが発生する原因の1つに、変更の検討プロセスやその実施時において、複数の変更作業の間に起こり得る競合や衝突を特定できないことがあります。そして、これは結果として、ビジネスサービスのダウンタイムにつながります。HP の強化された意思決定支援ソリューション「HP Release Control(旧 HP Change Control Management)」は、すべての変更活動をリアルタイムで可視化することにより、このリスクのさらなる削減を実現します。

また、HP は、ビジネスサービスに影響が及ぶ前にユーザが迅速に問題を特定できるよう支援する、ビジネストランザクション管理と問題の切り分けを実現する技術を統合した新しいソリューションを発表しました。これらのソリューションでは、エンドユーザからインフラストラクチャコンポーネントに至るまでの問題点を追跡することにより、より迅速な問題の切り分けと解決プロセスを実現します。

これらの新しい Business Service Management(BSM: ビジネスサービス管理)製品と最新の ITIL V3 に準拠した Configuration Management System(CMS: 構成管理システム)ソリューションは、ユーザに、ビジネスサービスに関する情報のより広範なビューを提供します。これにより、ユーザは変更ライフサイクルプロセス全体を適切に管理し、ビジネスサービス上の問題を迅速に特定し、解決できるようになります。

これらの新しい製品は、HP のソフトウェア事業に焦点を当てたユーザ/パートナー企業向けの年次イベント、HP Software Universeで展示・実演しています。

ケロッグ社の IT Global Compliance and Control 部門のシニアディレクタである Shelia Bridge 氏は次のように述べています。「大規模な IT プロジェクトに関連する無数の変更を管理することは、手作業による変更プロセスや表計算ソフトを使用しても実現できなかったでしょう。「HP Universal CMDB」ソフトウェアなどの HP の統合ソリューションにより、当社は大きな IT プロジェクトを成功裏に、スケジュール通りに完了しただけでなく、その間完全な可用性を維持することができました。」

エコノミストインテリジェンスユニット(EIU)が世界の 1,125 社の IT リーダを対象に実施した最新の調査によると、4 人に 1 人が、発生した機能停止の 50%は変更に起因するものであると回答しています。また、回答者の大部分が、自動化することにより IT 変更がより予測可能な一貫性のあるものになるという概念に賛同していることが明らかになっています。

IT 市場調査会社の Gartner によると、「高可用性を確保するには、運用環境の整合性とサービス品質を保つと同時に、変更を管理する必要があります。企業は、効率的な IT の変更、構成、リリース管理プロセスなしに、この品質を達成することはできないでしょう。(*1)

*1: Gartner, “Best Practices in Change, Configuration and Release Management,” Ronni J. Colville, Kris Brittain
(2007年8月9日)

変更ライフサイクルを自動化する新しいソリューション
「HP Release Control」ソフトウェアは、「HP BSA(Business Service Automation: ビジネスサービスオートメーション)」製品ライン全体を新しく統合することにより、ユーザによる変更承認に関するより良い意思決定を支援し、変更活動をリアルタイムで可視化できるようになりました。これにより、ユーザは実施時に変更上の競合を特定できます。また、変更プロセス管理とリリース実施を連結させることにより、サービスの中断を最小化し、変更のリスクを低減します。

「HP Consulting and Integration」サービスは、ユーザによる変更や構成、サービス資産、リリース管理の自動化をサポートするために用意されています。このサービスでは、ITIL V3 やHP が 15 年以上にわたってお客様の業務に従事する中で蓄積したベストプラクティスに基づく「HP Service Management Reference Model」を活用しています。

問題の切り分けと解決を自動化する新しいソリューション
「HP Business Availability Center 7.5」により、HP は統合されたビジネストランザクション管理と高度な問題の切り分けを提供し、IT と ビジネスの優先度をより連携できるようになりました。また、エンドユーザ経験をネットワーク経路のパフォーマンスに直接連携させて、問題のより迅速な解決とプロアクティブな管理を実現したことにより、ユーザはプロアクティブな管理と安定したサービス品質の確保を実現できるようになりました。

ITIL V3 に準拠した業界初の Configuration Management System ソリューション
IT によるビジネスサービスの提供と運用を示す統合ビューを提供していた従来のアプローチは、十分ではありません。静的な構成管理データベースでは、今日の複雑なテクノロジ環境におけるリアルタイムのニーズをサポートできません。

これらの制約を認識した上で、HP が共著した ITIL V3 では、完全な CMS を提供するための連携アプローチ、または、データ共有アプローチを推奨しています。新しい「HP Configuration Management System」ソリューションは、サイロ化された組織間の情報の障壁を取り除き、適切な情報を適切な状況において、適切な人材に提供する支援をします。

アジア太平洋/日本地域のHP Software、マーケティング担当責任者の Darry Dickens は次のように述べています。「ユーザには、トランザクションやサービスに 24 時間 365 日アクセスしたいというニーズがあります。したがって、IT 運用にはもはや、管理ミスにより発生した多額の損失をもたらすサービスの中断を許容する余裕はありません。HP は、影響の評価、より効果的な意思決定支援、変更作業の組織化、そして実施およびリリースの自動化などを実行する際に使用する変更作業の統合ビューを備えた完全なソリューションを提供しています。」

HP BTO Software-as-a Service 製品
「HP Software-as-a-Service」はユーザに、「HP BTO」ソフトウェアのメリットを迅速かつコスト効率よく活用する手段を提供します。「HP SaaS」は、インターネットを介して提供される管理サービスであり、ベストプラクティスや継続的なサポートを通して、HP Software 製品が持つ価値を最大化します。7 月には、「HP Business Availability Center 7.5」、「HP Release Control 4.0」および「UCMDB 7.5」が、「HP SaaS」を介して提供される予定です。

運用管理製品ライン向けの「HP Business Technology Optimization」に関する詳細情報は、Web サイト、www.hp.com/go/itoperations(英語)、または、オンラインのプレスリリース www.hp.com/go/lasvegasevents2008(英語)を参照してください。

補足資料:
変更ライフサイクル自動化ソリューション ラインアップ拡充について ( PDF:109KB )
Configuration Management System ソリューション詳細について ( PDF:123KB )

HP Softwareに関する詳細については、http://www.hp.com/jp/hpsoftware/をご覧ください。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡