Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年6月25日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、無停止型ブレードシステムを発表

- HPの技術を結集した、出荷台数シェアNo.1(*)の「HP BladeSystem」に
メインフレームに代わる無停止型が登場 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、高可用性、無停止型のブレードシステム、「HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem」(以下、NB50000c)を発表します。

「NB50000c」は、過去30年にわたりミッションクリティカル分野で確固とした地位を築いてきた「HP Integrity NonStopサーバ」が持つ、「高可用性(H/W、S/Wの二重化)」、「高信頼性(データ整合性の保持)」、「高いスケーラビリティ(4.080CPUまで拡張可能)」といった特長と、「HP BladeSystem」が持つ、「高いコストパフォーマンス」、「省スペース」、「高いエネルギー消費効率」という特長を組み合わせた製品です。これらの特長を組み合わせることにより、金融、通信、製造、流通分野におけるメインフレーム代替のための理想的なプラットフォームを実現しました。

今回の新製品「NB50000c」が「HP BladeSystem」ポートフォリオに追加されることにより、HPは、中小規模から大規模なミッションクリティカル分野までをカバーし、業界で初めてフルラインアップのブレードシステムを持つ企業となります。

「NB50000c」の主な特長は次の通りです。

  • ブレードプラットフォームとインテルのマルチコア技術の採用により、従来のNonStopサーバに比べ、約50%の設置面積で2倍の性能を達成。
  • 「HP BldeSystem」共通のシステム管理ツールにより、管理コストを大幅に削減。
  • 「新I/Oサブシステム」の採用により、従来のI/Oサブシステムに比べ、約50%のスペース削減と、大容量化を実現。
  • オープン環境において無停止機能を実現し、オープンなミッションクリティカル環境をブレード上で実現。

*: 2008年 第1四半期 世界・国内x86 ブレードサーバ出荷台数。(出典:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker Q1 2008)

<本日発表の新製品>
製品名 希望小売価格 受注開始
「HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem」 7,875万円〜
(税抜7,500万円〜)
6月25日

「HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem」の主な仕様(最小構成)

  • デュアルコア インテル® Itanium®プロセッサー 9100番台(1.66GHz) ×2
  • 18MB L3キャッシュ
  • 8-48GB RAM/論理プロセッサ
  • 新ネットワークI/Oサブシステム「IP CLIM」(Gbitイーサネット通信コントローラ)
  • 新ストレージI/Oサブシステム「Storage CLIM」(SAS/ファイバチャネルディスクコントローラ)
    および「HP StorageWorks MSA70」ディスクエンクロージャ
  • NonStop ServerNet (ファイバチャネルによるノード間結合ネットワーク機構)
  • 72GB、146GBディスクドライブ
  • ソフトウェア:NonStop KERNEL + BASICソフトウェア一式

<ブレードプラットフォームとインテルのマルチコア技術の採用により、高密度、省スペース、ハイパフォーマンスを実現>
「NB50000c」は、CPUに高性能/高信頼のデュアルコア インテル Itaniumプロセッサー9100 番台を採用しました。CPUまわりのパフォーマンスを大幅に向上させ、Java言語によるアプリケーション開発や、業務パッケージの移植などがより容易にできる環境を提供します。インテルのマルチコア技術の進歩に追従し、ハイパフォーマンス市場への展開が可能です。また、「HP BladeSystem」の採用により、8CPU/16コアを10Uラックマウントサイズのエンクロージャに集積できます。インテルのマルチコア技術とブレードプラットフォームの採用により、従来のNonStopサーバに比べ、約50%の設置面積で2倍の性能を実現します。

さらに、NonStopサーバの超並列アーキテクチャを採用することで、最小2CPUから、最大4,080CPUまでをシングルシステムとして運用することが可能です。

<「HP BldeSystem」共通のシステム管理ツールにより、管理コストを大幅に削減>
「HP BldeSystem」が提供する、リモート管理機能「HP Integrity Integrated Lights-Out 2(iLO 2)」、サーバ管理機能「HP Systems Insight Manager」、システム全体の管理/監視機能「Onboard Administrator」といったシステム管理ツールにより、管理コストの削減を実現します。

<「新I/Oサブシステム」により、更なる省スペース化、大容量化を実現>
「NB50000c」に採用される、新ストレージI/Oサブシステムでは、2.5インチ SASディスクを搭載した「HP StorageWorks MSA70」ディスクエンクロージャを採用しました。また同時に、省スペース型の新型ネットワークサブシステムを採用することにより、更なる省スペース(従来のI/Oサブシステムに比べて約50%のスペース削減)、大容量での構成が可能です。

<オープン環境において無停止機能を実現>
「NB50000c」では、Java 5やWeblogicServer9.2などのエンタープライズJava環境や、クラスタ不要で無停止/大規模データベースを実現可能とする「NonStopSQL/MX」などを実装し、ミッションクリティカル型Javaシステムを実現します。

<パートナーへの支援プログラムを展開>
より幅広い分野でご利用いただけるよう、日本HPでは従来のISVパートナーに加え、ブレードパートナーへの支援プログラムを展開します。本プログラムでは、「販売支援」「技術支援」「教育支援」を順次提供していきます。また、NonStopサーバ上で稼動するアプリケーション・パッケージ、ソリューションを開発するISVパートナーには、上記に加え、開発機の導入支援を実施します。

なお、「教育支援」として、すでに説明会を順次行っており、セミナーなども開催予定です。また、「NB50000c」の特長を体感できる常設デモを、日本HP市ヶ谷本社に用意しています。(予約制)

■ 今回の新製品に関する情報は、以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/nonstopblade/

■ 画像データは、以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/nonstop_pr/

■ HP NonStop サーバに関する情報は、以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/nonstop/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡