Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年6月30日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、「データ重複排除技術」搭載のディスクバックアップ製品を発表

- ストレージ領域の効率的な利用を促進し
中小規模から大規模環境まで包括的なデータ保護ソリューションを提供 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、中堅・中小規模顧客から大規模なデータセンターまでのデータ保護環境において、データの格納領域を約50分の1(*)に抑えることができる「データ重複排除技術」(Data Deduplication)を実装するディスクバックアップ製品「HP StorageWorks D2D2500 Backup System」(以下、「D2D2500」)など4製品を発表します。

日々増加する膨大な企業データは、日次や週次など複数回にわたってバックアップするのが一般的です。しかし、その内容は重複箇所が多く、無駄にストレージ領域を圧迫し、コスト増大の引き金となっています。今回発表のディスクバックアップ製品は、こうした問題を解決する最新の「データ重複排除技術」に対応し、ストレージ領域の効率的な利用とコストの軽減を実現しました。

また、近年、ディスクバックアップ製品は、テープドライブやライブラリ製品を補完するデータ保護ソリューションとして導入が進んでいますが、メディア交換が不要でリストア時の対象ファイル検索が高速に行えるというメリットの反面、ディスクの増設コストや電力コストが大きな課題となっていました。「データ重複排除技術」はこの課題を克服し、企業におけるより柔軟なバックアップ運用を実現します。

日本HPでは、「データ重複排除技術」を大きく「動的重複排除」(Dynamic Deduplication)と「加速的重複排除」(Accelerated Deduplication)に分け、高いパフォーマンスと信頼性を提供する「HP StorageWorks」ディスクバックアップ製品群に搭載しました。「動的重複排除」はコストを重視する支店などの中小規模システムに対応した新製品「D2D2500」などで採用します。また、「加速的重複排除」は高いサービスレベルを要求されるデータセンターなど大規模システムに最適な「HP StorageWorks VLS6000シリーズ」などのライセンスとして提供します。

このほか、2008年後半には遠隔地や支店などのバックアップ運用を自動化しながら、容量の削減やセンターへの集約を実現する「遠隔レプリケーション機能」の提供を予定しています。

*: HP調べ。1日あたりのデータ変更率を0.5%として、1週間に1度のフルバックアップを1年間行った場合。なお、データ圧縮率は、バックアップ対象データの変更率やバックアップ運用により変動します。


<本日発表の新製品>
製品名 価格 出荷開始
HP StorageWorks D2D2500 Backup System
(1Uラックサイズ、論理容量:最大2.25TB、100GbE(iSCSI)×2)
819,000円〜
(税抜780,000円〜)
8月上旬
HP StorageWorks D2D4000 Backup System
(2Uラックサイズ、論理容量:最大7.5TB、100GbE(iSCSI)×2または4Gb(FC)×2)
2,730,000円〜
(税抜2,600,000円〜)
8月上旬
HP StorageWorks VLS6000 Data Deduplication LTU
(HP StorageWorks VLS6000 シリーズ対応の重複排除ライセンス)
1,155,000円〜
(税抜1,100,000円〜)
8月上旬
HP StorageWorks VLS12000 Data Deduplication LTU
(HP StorageWorks VLS12000 Gateway対応の重複排除ライセンス)
693,000円〜
(税抜660,000円〜)
9月上旬

<「データ重複排除技術」の採用で、ストレージ容量およびコストの最適化を実現>
「データ重複排除技術」は、以前のバックアップデータを新しいバックアップデータとブロック単位で比較し、重複した箇所があればその部分はコピーしないという技術です。従来のフルバックアップは、対象となるディレクトリやファイルすべてをそのままコピーして保存します。また、差分バックアップは変更された一部のファイルのみコピーして保存します。これに対して、「データ重複排除技術」はさらに小さいブロック単位で変更個所を認識するので、圧縮率が高まり、より小容量のバックアップで済みます。HPはこの技術を採用することで、約50分の1まで使用領域を抑えることができます。

<「動的重複排除機能」を標準搭載したD2Dシリーズで、支店など中小規模環境に対応>
「動的重複排除機能」は、コスト削減とシンプルな導入を重視するシステムユーザに最適です。この新機能を標準搭載した新製品「D2D2500」と「D2D4000」は、中小規模のシステム環境におけるストレージ領域およびコストの削減を実現します。特に、ROBO(Remote Office Branch Office)のような、システム規模は小さくても運用は大企業レベルという環境での最適なストレージ容量計画をサポートします。

また、2008年後半に提供予定の「遠隔レプリケーション機能」は、リモートサイトのディスクデータを低帯域のWAN(ワイドエリアネットワーク)経由で集約サイトへ自動複製、保存する機能です。長期保存用としてテープへのコピーも自動で実施でき、テープを含めた包括的なD2D2T(Disk to Disk to Tape)データ保護ソリューションを実現できます。

<「加速的重複排除機能」をオプションで提供し、データセンターなど大規模環境に対応>
「加速的重複排除機能」は、バックアップとリストアの性能を劣化させることなく、スケーラブルにシステムを拡張させたいユーザに最適です。この方式を採用することで、大企業の中核システムやデータセンターなどの大規模環境におけるバックアップデータの効率的な管理を実現できます。

この機能は、中規模SAN(ストレージエリアネットワーク)環境向け「VLS6000シリーズ」に対応した「VLS6000 Data Deduplication LTU」と、データセンターのバックアップ統合向け「VLS12000 Gatewayシリーズ」に対応した「VLS12000 Data Deduplication LTU」の2つのライセンスが対象です。それぞれライセンスを導入することで同機能を使えるようになります。

■ 今回の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_new/

■ 画像データは以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_pr/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡