Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年7月29日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本HP、経営戦略に基づいたプロジェクト管理を実現する
「HP Project and Portfolio Management 7.5日本語版」発表

- ITシステム開発からIT運用改善まで全てのリクエストを管理
必要な人材の配置や投資を最適化し、戦略立案に基づいたIT開発・改善サイクルを確立 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、経営戦略や事業目標に基づいたITのプロジェクト管理を支援する新ソフトウェア製品「HP Project and Portfolio Management 7.5」(以下、PPM 7.5)を発表します。

同製品は、ITをビジネスの視点で最適化することをサポートするHP Software製品群の中で、ITの戦略立案を管理する製品です。複数のプロジェクトを横断的に管理しながら、経営戦略の視点から人材や予算の割当てなどを実施でき、効率的な業務支援とコストの最適化を実現します。また、ITILv3に対応しており、日本HPの提供する品質管理、運用管理ソリューションと組み合わせることで、戦略立案からアプリケーション開発、運用までITのライフサイクルすべてを管理することが可能になります。

企業のITシステムは、経営戦略や事業目標をサポートし、ビジネスに貢献することが求められています。限られた予算、人員の中で、ビジネスに貢献する度合いやリスクなどに基づき、最大限の成果が獲得できるように各ITプロジェクトの遂行を効率的に管理することが必要です。しかし、実際にはこうした指標以外に依頼された順番やビジネス担当者とIT担当者の個人的つながりによりプロジェクトの優先順位が決定されるといったことが起こり、無駄なプロジェクト投資や人員の配置がなされているのが現状です。

「PPM 7.5」は、ビジネスへの貢献度、リスク等の視点を各プロジェクトに反映させ、何百ものプロジェクトを持つ企業でも経営戦略に基づいた総合的な判断・管理ができ、失敗や中止に伴うリスクを軽減しながら、事業目標に見合わない無駄な予算もカットすることができるソフトウェア製品です。

製品名 最小構成価格 出荷開始
HP Project and Portfolio Management 7.5 7,104,720円(税抜6,766,400円) 9月1日

「PPM7.5」の特長は、以下の通りです。

<Portfolio Optimization機能により、プロジェクトを可視化し最適な組合わせを自動計算>
Portfolio Optimization機能のシナリオ分析により、どのプロジェクトの組み合わせが最適かを自動計算、予算や効果、重要度、リスクなどを数値化してスコアリングし、色別のグラフで表示します。これにより、どのプロジェクトにどれだけの予算を割くべきか、経営戦略の重み付けと一致しているか、リスクはどれだけあるかなどを視覚的に評価でき、プロジェクト実施の有無を含めた経営戦略的な判断が行えます。さらに、ワークフローが直感的に設定できるように工夫されており、複数のプロジェクト内の作業をこれらのワークフローに乗せて管理することにより、スキルや空きに応じた人材の効率的な割当てのほか、ワークフローに乗っ取ったプロジェクト推進によるコンプライアンスへの対応、工数および予算の削減も実現します。

<プロジェクト/非プロジェクトも含めすべての要求を統合管理可能で、全社的人材リソース管理を実現>
「PPM 7.5」では、プロジェクト化されているもの、されていないもの含め、ビジネスプロセスをプロジェクト単位ではなく作業を要求してくるリクエスト単位で管理できます。これにより、実際は工数がかかっているにもかかわらず、プロジェクトではないということで管理されていなかった作業も、短期間で処理できる要件もリクエストとして管理できるので、業務すべてを可視化できます。また全社的人材リソース管理が可能なため、時間やスキルの面からも、配分を過不足なく最適に振り分けることができます。

<関係者全員プランニングに参加、全プロジェクトの進捗状況をリアルタイムに可視化>
「PPM 7.5」の導入により、企画段階から開発、運用部門の関係者も参加するようになります。これにより、プロジェクトスタート時点から全関係者の方向性が統一できます。さらに実行中の全プロジェクトの進捗状況は、プロジェクト基準とプロセスに遵守しているか、スケジュール内・予算内で実施されているか、リソースは十分かなどを含め、リアルタイムで確認できます。現場が挙げてきた問題点やリスク、機器の追加購入などもすべて紐付けて表示され、解決策も提案されます。

<Microsoft® Office Project日本語版との連携が双方向で可能>
Microsoft® Office Project Standard/Professionalとの基本的なデータに関する連携(*)が、双方向で可能。現在Microsoft Office Projectをお使いのユーザの方にとっても、今までの投資をそのまま生かすことが出来ます。
*:プロジェクト名には英数字のみ対応

戦略立案からアプリケーション開発、運用までITライフサイクルすべての管理が可能に
HP Software事業では、企業がビジネスの視点でITを最適化するための統合ITマネジメント戦略であるBusiness Technology Optimization(以下、BTO; ビジネス・テクノロジの最適化)を推進しています。組織や業務別に個別最適化されていたITを、ビジネスの視点に立って最適化できるように、横断的なIT管理環境とITシステムの戦略立案、構築から運用、廃棄までを含むライフサイクル管理の製品群、ソリューションの強化を計っています。

日本HPが従来提供していたアプリケーション開発時の品質管理ソリューションや運用管理ソリューションに加え、今回の経営戦略の視点からITプロジェクト管理を実現する「PPM7.5日本語版」の提供開始により、戦略立案からアプリケーション開発、運用管理までITライフサイクル全体の管理が可能になります。特に日本語環境で戦略立案をサポートすることにより、日本の企業がビジネスの視点でITを最適化し、ビジネスに貢献するITの構築をサポートします。

製品連携では、現在、運用でのITILサービス管理製品(HP Service Manager software)、変更管理製品(HP Change and Control Manager software)、アプリケーションの品質管理製品(HP Quality Center software)との連携が進められており、将来的にはITライフサイクル全体の自動化も視野に入れています。

■今回の新製品に関する情報は以下のHP Softwareのホームページを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/hpsoftware

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡