Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年8月26日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

HP Integrityサーバに対応した
OEM版 Microsoft® SQL Server® データベースソリューションの提供を開始

- 同時に、HP Integrityサーバ上でのサーバ統合シナリオの共同実証結果を公開 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、最新のデータベース・アプリケーションである、Microsoft® SQL Server®(以下、SQL Server)を、HP Integrityサーバ向けに、マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)からOEM供給を受ける契約を締結し、コンサルティングや構築の段階から、導入後のサポートに至るまで、総合的なSQL Serverデータベースソリューションの提供を開始することを発表します。

また、早期実証プロジェクト「Center of Quality Innovation(センター オブ クオリティ イノベーション、以下CQI)」をマイクロソフトと共同で実施し、HP Integrityサーバ上でのSQL Server 2008のサーバ統合シナリオについてサーバ統合手法を確立しました。

近年のビジネス環境においては、日々高度化する処理要求に加え、ITシステムの稼動を可能な限り止めないビジネス・クリティカル性能が要求されています。日本HPは、エンタープライズWindowsコンピューティングに関する高い専門性と経験をもとに、これまで多くのお客様のビジネス・クリティカルなSQL Serverデータベース環境において、HP Integrityサーバのソリューションを提供してきました。

また、マイクロソフトとHPは20年におよぶ強固なパートナーシップを築いており、ビジネス・クリティカル環境向けのインテル® Itanium® プロセッサーベースのサーバで稼動するWindows Server® 2008とSQL Server 2008は、HP Integrityサーバ上で共同開発が進められています。

<HP Integrityサーバ向け「OEM版Microsoft SQL Server」の提供開始>
日本HPは、最新のデータベース・アプリケーションであるSQL Server をHP Integrityサーバ向けにOEM供給を受ける契約を、マイクロソフトと締結しました。HPは日本で初めてSQL Server Enterprise のOEM製品の出荷を開始するベンダであり、これはマイクロソフトとHPとの強固なパートナーシップの証明でもあります。これにより日本HPは、HP Integrityサーバ、SQL Server、Windows OS、ストレージ製品、コンサルティングや構築サービス、導入後の24時間ミッションクリティカルサポートなど、お客様が必要とするビジネス・クリティカルなSQL Serverデータベースソリューションを、一貫して提供することができます。

日本HPから提供開始するOEM製品

製品名 販売開始日
Microsoft SQL Server Enterprise Edition 10月1日
Microsoft SQL Server Standard Edition 9月1日

対応するHP Integrityサーバ
BL860c/BL870c/rx2660/rx3600/rx6600/rx7640/rx8640/Superdome

参考価格(OEM製品とサーバを組み合わせた価格)

構成: HP Integrity rx8640(インテルItanium プロセッサー9150N(1.6GHz/18MB L3キャッシュ)×1、4GBメモリ)、Windows Server 2008、Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
価格: 30,999,150円〜(税抜29,523,000円〜)

<SQL Server 2008早期実証プロジェクト「Center of Quality Innovation(CQI)」の実施>
日本HPとマイクロソフトは、SQL Server 2008の早期実証プロジェクトCQIを共同で実施しました。本プロジェクトでは、SQL Server 2008のサーバ統合シナリオについて、以下の3つの検証を通してサーバ統合手法を確立し、リソースの有効活用及び性能傾向を把握する成果を上げました。この成果は、技術文書として順次マイクロソフトのWebサイトを通じて無償で公開されます。これにより、ミッションクリティカルな環境において、HP Integrityサーバ上のSQL Serverデータベースソリューションを安心してお使いいただくことができます。

  • シングル インスタンス/シングル データベース方式での実証
  • シングル インスタンス/マルチ データベース方式での実証
  • マルチ インスタンス/マルチ データベース方式での実証

■ マイクロソフト株式会社からのエンドースメント
マイクロソフト株式会社 業務執行役員 本部長
サーバープラットフォーム ビジネス本部 五十嵐 光喜 様

HP Integrity サーバに対応したOEM版 SQL Server データベースソリューションの提供開始を歓迎します。日本HPとマイクロソフトは、SQL Server 2008早期実証プロジェクトを通してサーバー統合時の運用管理およびビジネス クリティカルなパフォーマンス向上の共同検証を完了し、すでに多くの実践的なノウハウを蓄積しています。今回の発表により、HP Integrity サーバとSQL Serverの両製品に関して、こうしたノウハウや技術的サポートなども包括して一体化した高品質のサービスレベルでのご提供が可能となるため、お客様に安心して導入いただけるものと期待しています。

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡