Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年9月25日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

仮想化環境向けの「HP BladeSystem c-Class」の
ポートフォリオを拡充し「ブレード×仮想化」の活用を提案

- SSD採用サーバ、拡張性に優れたSANブレード
USB組み込みのCitrix XenServerなどを同時発売 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、第3世代ブレード「HP BladeSystem」において、仮想化環境での利用に適したサーバブレードの新製品「HP ProLiant BL495c Generation 5」(以下、「BL495c G5」)と、ストレージブレードの新製品「HP ProLiant SB460c SAN Storage Server」(以下、「SB460c SAN Storage Server」)を発表します。

同時に、仮想化ソリューションの幅を拡げる、Citrix XenServer™のOEM販売を開始し、USBメモリ形状のサーバ組み込み型ソリューション「HP ProLiant iVirtualization by Citrix XenServer」として提供します。

現在、多くの企業でビジネスの拡大に伴ってサーバ台数が増加し、スペース不足や電力不足、管理の複雑化が大きな問題となっています。ブレードシステムは省スペースで省電力であると同時に、管理の効率化を実現し、新規導入の時間も短縮するため、これらの課題の解決策として有効です。さらに仮想化技術を合わせて導入することで、物理サーバの台数削減、電力効率の向上が期待でき、相乗効果が生まれます。しかし、仮想化技術の導入はまだ技術的なハードルが高いと考えている企業が多いのも現状です。

HPでは、9月2日(米国時間)に、今後仮想化ソリューションにより注力し、企業のCIOに向けてビジネスに貢献する仮想化技術の活用を提案していくことを表明しています。この全世界での施策と、今後x86サーバ環境における仮想化技術のさらなる浸透が期待される日本市場の状況を踏まえ、日本HPでは「ブレードと仮想化」の活用を一層推し進め、お客様がより容易に仮想化環境を導入できるプラットフォームとして、継続的に「HP BladeSystem」と仮想化製品のポートフォリオを拡充します。

<仮想化環境に適した「HP BladeSystem」新製品>

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP ProLiant BL495c Generation 5 329,700円〜
(税抜 314,000円〜)
10月下旬
HP ProLiant SB460c SAN Storage Server 1,260,000円〜
(税抜 1,200,000円〜)
10月下旬
HP StorageWorks All-in-One SB600c 882,000円〜
(税抜 840,000円〜)
10月下旬

「HP ProLiant BL495c Generation 5」製品詳細
「BL495c G5」は仮想化に最適なサーバとして開発されました。主な特長は以下のとおりです。

  • 大容量のメモリ
  • 広帯域のI/O
  • 半導体ドライブ(SSD:ソリッドステートドライブ)(*)を採用
  • 高性能クアッドコアAMD Opteronプロセッサを搭載

本製品は、高さ10Uのc7000エンクロージャに16台搭載可能な1台当たり0.6Uのサーバブレードであり、これまでで最高の16個のメモリスロットを備え、最大128ギガバイトのメモリを搭載可能です。また、高速イーサネット規格10GBASE-KRを採用した10ギガビット通信対応のネットワークアダプタ2つを標準装備しています。この新しいネットワークアダプタは、従来の「HP BladeSystem c-Class」の各サーバに搭載されていたGigabitイーサネットアダプタ(1000Base規格対応)と1000Mbpsの速度でオートネゴシエーションできるだけでなく、10GBASE-KR規格対応のインターコネクト(将来提供予定)と併用することで、広帯域ネットワーク環境にも対応します。

さらに、OS用のドライブとして、高速なリード性能、省電力、低故障率を実現する半導体ドライブを搭載しています。

このような本製品の特長は、1台の物理サーバを仮想化し、複数OSを稼働させる仮想化環境に必要な全ての要件を満たしています。ハイパフォーマンス・コンピューティングに定評のあるAMDのOpteronプロセッサを採用していることから、大容量のメモリとメモリバンド幅が求められるアプリケーションや金融計算などの用途にも適しています。

*: 磁気ディスクの代わりに半導体メモリにデータを記録するストレージ装置。ヘッドやモーターといった駆動機構がないため、高信頼のSASハードディスクドライブと比較して約25%の低故障率、約90%の低レイテンシ、約80%の省電力を実現します。また、動作音が非常に静かなことも特長です。

「HP ProLiant SB460c SAN Storage Server」製品詳細
仮想化環境では、ゲストOSのために大きなストレージ容量が必要になる場合があります。一方、これまでのブレードエンクロージャ内蔵型のストレージブレードには、高密度を実現できる代わりに一定のデータ容量の制約がありました。

この制約を乗り越え、外付けのストレージ(ファイバチャネルおよびiSCSI接続)をストレージブレードとして認識し、利用できるNAS/SANゲートウェイが、「SB460c SAN Storage Server」です。Microsoft® Windows® Unified Data Storage Server 2003, Enterprise x64 Editionがプリインストールされており、ブレードエンクロージャのスロットに装着し、外付けストレージを接続するだけで、ブレード環境でiSCSI接続の低コストSANを簡単に構築できます。柔軟な容量拡張を可能にしつつ、ブレードシステムならではの管理性を維持できる、これまでにないストレージブレードです。

また本日、同じくiSCSI接続対応のストレージブレードである「HP StorageWorks All-in-One SB600c」のプロセッサを、インテル® Xeon® E5345 からインテル Xeon E5410にアップグレードした製品を発売します。同製品では、従来のSASディスクに加えて、より安価で大容量のSATAディスクを選択できるようになりました。

<仮想化ソリューションの幅を拡げる新施策>
オープンソースでLinuxを中心に幅広く支持されている仮想化テクノロジXenをベースとしたCitrix XenServerのOEMライセンスの販売を開始します。本ライセンスは、「HP ProLiant iVirtualization by Citrix XenServer」として、「HP ProLiant」サーバ内のUSBメモリに組み込まれたオプションの形態で出荷されます。導入が容易な仮想化製品として、より安価なXenServer版が加わったことで、お客様の仮想化技術の選択肢を広げます。

製品名 希望小売価格 出荷開始
Citrix XenServer Select Edition
(基本機能のみを提供)
23,100円
(税抜 22,000円)
10月下旬
Citrix XenServer Enterprise Edition
(付加価値機能を含む)
588,000円
(税抜 560,000円)
11月初旬

HPが提供するCitrix XenServerは、導入・管理を容易にするHP独自のテクノロジを実装しています。導入時にはウィザード形式のインストラクション機能で、確実な仮想化環境の導入を支援します。また、複数の仮想OSをマルチコンソールにより管理する機能を提供し、導入後の運用管理面の利便性も向上させました。
加えて、仮想化環境の管理ツールとして提供中の「HP ProLiant Essentials Virtual Machine Management Pack」がXenServerによる仮想化環境に対応します。これにより、システム管理ソフトウェア「HP Systems Insight Manager」からも、Citrix XenServerの管理が可能になります。

<HP BladeSystem c-Class関連オプション>
同時に、以下の「HP BladeSystem c-Class」関連オプション2製品を発売します。

HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャ パネルキット
「HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャ パネルキット」オフィス床置きでのブレード利用に最適なタワーエンクロージャ用のドアキットです。本製品は、c3000用の鍵付きドアとリアドアのキットで、必要のない人がサーバに触ることによる誤動作などのリスクを軽減します。また、ドアには防塵フィルタがついているためサーバ内へのほこりの侵入を防ぐほか、リアドアの格子を利用したケーブルマネージメントも可能です。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP BladeSystem c3000
タワーエンクロージャ パネルキット
44,100円
(税抜42,000円)
10月中旬

DC-48V パワーサプライ (1200W)
DC-48Vの電源供給環境で使用可能な、「HP BladeSystem c3000エンクロージャ/タワーエンクロージャ」対応の直流電源オプション(電源モジュール)です。「HP BladeSystem c-Class」は、既に直流電源に対応している「HP BladeSystem c7000エンクロージャ」と併せて、より一層の消費電力低減を目指すお客様に最適な製品を提供します。

製品名 希望小売価格 出荷開始
DC-48V パワーサプライ (1200W) 94,500円
(税抜 90,000円)
10月下旬

■ シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社からのエンドースメント
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 大古 俊輔 様
シトリックス・システムズ・ジャパンは、このたびの日本ヒューレット・パッカード株式会社によるCitrix XenServer™のOEMライセンスの発表を歓迎します。Citrix XenServerは高い性能と機能を兼ね備えた仮想化ソフトウェアであり、全世界の数多くの企業の幅広いシステムに導入されています。HP ProLiant サーバに事前に組み込まれたCitrix XenServerとHP Insight Management Agentにより、お客様は仮想環境ためのインストールをすることなくCitrix XenServer仮想環境の使用とHP ProLiantサーバの監視が行えるようになり、今まで以上に仮想環境の導入・管理が容易になります。

今回の発表により企業の仮想化推進を活性化し、仮想化をさらに広範に推進するスピードを加速するものと期待しています。

■ HP BladeSystemに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/blade_new/

■ 画像データは以下のURLからご覧ください。
     http://www.hp.com/jp/blade_pr/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡