Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年10月20日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

購入から廃棄までのライフサイクルを正確に把握管理できる
IT資産管理のソフトウェア最新版を発表

- 仮想化環境の管理も可能になり
正確な構成管理から財務管理にまで活用できる「HP Asset Manager 5.1 software」 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、調達から廃棄までIT資産のライフサイクル全般にわたる正確な把握により、IT投資の最適化、リスク低減、技術革新推進などの実現を支援するIT資産管理のソフトウェアの最新版「HP Asset Manager 5.1 software」を発表します。

進化・複雑化するITの資産管理は、年々難しくなっています。特に最近では仮想化による構成変更が加わり、ハードウェア/ソフトウェアのインベントリ(管理情報)はもちろん、ライセンスや契約の状況はますます見えにくくなっています。その一方で、企業は市場での競争力を維持するため、最新技術の導入やコンプライアンスなど、さまざまな要件を満たしながら、予算内で最適なシステムを構築、運用しなければなりません。予算の課題となるのは、膨大な運用・保守コストです。これを最適化するには、IT資産の購入要求から購買、インベントリ管理、ライセンス契約や保守契約の状況、廃棄・再利用の有無など、IT資産のライフサイクル全体を正確に把握する必要があります。IT資産のライフサイクル全体を正確に把握することができれば、無駄な運用、保守コストの削減による新規投資の増額や既存の空き資産を有効活用したコスト効率のよいシステム開発、廃棄資産からの情報漏洩の防止などが可能になります。これにより、IT投資の最適化が図れます。

「HP Asset Manager 5.1」は、IT資産のライフサイクル全体を正確に把握することが可能なソフトウェアです。必要なモジュールを組み合わせることで構成管理はもとより、各種IT資産の契約情報やソフトウェアのバージョン管理、仮想化導入により複雑になったIT構成の管理も可能です。また、他のHP Softwareとの連携により、提供されるITサービスという観点でコストを計算し、IT予算や新規プロジェクト開発の際のコスト予測など財務管理にも活用できます。

<本日発表の新製品>

製品名 最小構成価格 出荷開始
基本モジュール
HP Asset Manager サーバ 252,000円(税抜240,000)円〜 11月1日
HP Asset Manager 資産ポートフォリオ 2,520,000円(税抜2,400,000円)〜 11月1日
各種モジュール
HP Asset Manager ファイナンス管理 882,000円(税抜840,000円)〜 11月1日
HP Asset Manager ソフトウェア資産管理 3,360,000円(税抜3,200,000円)〜 11月1日
HP Asset Manager 経費付け替え 840,000円(税抜800,000円)〜 11月1日
HP Asset Manager 調達管理 1,260,000円(税抜1,200,000円)〜 11月1日
HP Asset Manager 契約管理 1,260,000円(税抜1,200,000円)〜 11月1日
HP Asset Manager サービスカタログ 1,680,000円(税抜1,600,000円)〜 11月1日

<「HP Asset Manager 5.1」の5つの特長>
「HP Asset Manager 5.1」の主な特長は、以下のとおりです。

複雑な仮想化環境の構成管理に対応
仮想化ソフトウェアの特長を認識して、物理インフラと仮想化インフラの情報とを紐付けて管理することで、見えづらい仮想化環境の実体を把握できます。これにより、ソフトウェアのライセンス契約といったハードウェアとソフトウェアの関連性が可視化され、仮想化ソフトごとにハードウェア/ソフトウェアのコストを管理することも可能になります。

財務管理にも活用可能
社内で提供されるITサービスごとに各IT資産が現在どのように利用されコストがかかっているか、また、新たにサービスを開発する際にどのような影響がでてコストがかかるのかを比較検討するなどの作業に利用可能です。また、ITの戦略立案やプロジェクト管理を行うソフトウェア「HP Project and Portfolio Management Center software」と連携することで、より広範な財務管理への活用が可能となり、IT担当の役員やマネージャが、IT予算を作成する際のガイドラインなども提示します。

ソフトウェア資産管理
インストールするソフトウェアの標準構成を遵守するための条件テンプレートや契約およびライセンスのテンプレートを新たに追加しました。ソフトウェアの権限管理も実施することで、ソフトウェアのアップグレードや全社レベルでのプロジェクト更新に伴う構成変更の決定、実施などが容易になります。

データセンター管理
ハードウェア、ソフトウェアの標準構成や保守契約などの管理により、コンプライアンスへの対応を行います。また、サーバやストレージ、ネットワークの構成管理を行う「HP Data Center Automation Center software」やPCなどのクライアントの構成管理を行う「HP Client Automation Center software」が持つ現在のデータセンター内の資産情報と、「HP Asset Manager software」が持つ台帳上の資産情報とを照合して、構成アイテム情報の最新状況を追跡し、ソフトウェアへのアクセス権限の管理や利用していない資産の削除を行いセキュリティ管理も実現します。

ITIL v3への対応
最新版ではITIL v3への対応強化として、提供されるサービスレベルやその優先度を規定したサービスカタログにおいてゲストユーザー用のセルフサービスカタログの準備や、構成情報を統合管理する「HP Universal CMDB software」との連携によるCMS(構成管理システム)の実現などを図りました。

■ HP Asset Manager 5.1に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/asset_manager/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡