Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年12月4日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

HPがNTTドコモにメディアサーバを納入
音声系サービスの拡張で商用利用を開始

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、同社製の通信メディアサービス用プラットフォーム製品である「HPオープンコール・メディアプラットフォーム」(HP OpenCall Media Platform、以下、HP OCMP)をNTTドコモに納入し、加入者向け音声系サービスでの利用が開始されたことを発表しました。

同製品は、通信事業者がサービスを提供する際の基盤となる製品であり、オープンで標準の技術を広く採用しているため、通信設備及び運用費の削減に加え、新サービスの迅速な市場投入を可能にします。

「HP OCMP」が日本の携帯電話サービス最大手のNTTドコモに採用されることで、NTTドコモが加入者に提供しているメディアサービスの品質向上に貢献します。今回「HP OCMP」などをベースに構築されたメディアサービスプラットフォームはNTTドコモの留守番電話サービス、リングバックトーンサービスや自動音声応答サービス(IVR)や、将来のマルチメディアサービス向けのプラットフォームとして活用できるように設計されています。

また「HP OCMP」は、同社の基幹ネットワークに接続され、ネットワーク上の複数のメディアサービスを1つのプラットフォーム上に統合できることが大きな特長です。このプラットフォームでは、既に2万ポートを超える同時音声処理容量を提供しており、また将来の容量拡張や機能拡張にも柔軟に対応可能で、高い投資効果を発揮します。

「HP OCMP」は、ソフトウェア処理を基本とした高性能IPメディアサーバとして、新世代ネットワークの標準通信プロトコルであるSIP(Session Initiation Protocol)に対応しているほか、メディアサービス開発の標準言語であるVoiceXMLやCCXMLなどのオープンで標準の技術を広く採用しており、新サービスの開発にかかるリードタイムを大幅に短縮することが可能です。

「オープンスタンダードベースであり、各国の主要な通信事業者で十分な実績もある「HP OCMP」の採用で、既存サービスコストの削減のみならず、今までにない新サービスをお客様にいち早く提供できるようになることを期待しています。」 株式会社NTTドコモ 研究開発センターの斉藤祐吉 ネットワーク開発部サービス・サポートノード担当部長は述べております。「導入スケジュールはタイトでしたが、HPによる手厚いシステム導入支援もあり、予定通りサービスインを迎えることができました。」

また、HP 通信メディアソリューション事業のマーケティング担当バイス・プレジデントである、スティーブ・ダイチは以下のように述べています。「NTTドコモは、広く商用化されているIT技術が通信サービス分野にも適用可能であり、通信事業に不可欠なキャリアグレードのパフォーマンスや信頼性を損なうことなく、コスト削減や新サービス提供の加速に効果的であることを、HPとともに示すことができたといえます。」

「HP OCMP」は、これまでに52カ国、150以上の通信事業者に導入されています。

<包括的なソリューションの提供>
HPは、NTTドコモと共に、運用管理ソフトウェアやストレージ製品、システム構築サービスを含むメディアサーバ周りの完全なソリューションを構築しました。HP OpenCallソフトウェアは、Linuxベースのブレードサーバシステムである「HP BladeSystem c-Class」上で稼動しています。ストレージには業界標準技術を採用し、拡張性、処理性能に優れたファイルシステム「HP StorageWorks Enterprise File Services Cluster Gateway(EFS CGW)」と信頼性に優れたハイエンドストレージ「HP StorageWorks XP10000」が採用されています。

運用管理ソフトウェアには、インフラとその上で動作アプリケーションをリンクさせ、ビジネスサービスが適切に提供されているかどうかを管理できる「HP Operations Software」が採用されました。HPは、これらのシステムをNTTドコモのネットワークに統合するために、コンサルティングサービスも提供しています。

■ 「HP OpenCall 」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/opencall/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡