Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年1月7日

住商情報システム株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

厳しい経済環境下における企業の攻めの経営を支援

- 費用削減と生産性向上を支援するITプラットフォームソリューションで協業 -

住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:阿部 康行、以下:SCS)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一、以下:日本HP)、およびマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下:マイクロソフト)の3社は、戦略的なIT投資による費用削減や、社員の生産性向上など、企業の攻めの経営を支援するITプラットフォームソリューションを共同で提供開始します。

今回、3社は、出張・通信費用や紙の資料を削減、業務効率の向上と社内コミュニケーションの活性化の支援などを行う「ワークスタイル革新IT基盤構築サービス」を協力して提供します。本サービスは、日本HPのブレード型サーバHP BladeSystemとストレージ HP StorageWorks EVA、マイクロソフトのMicrosoft® Office SharePoint® Server/Exchange Server/Office Communications Serverに、SCSのシステムインテグレーション導入ノウハウを組み合わせたサービスです。企業のコミュニケーション基盤を最適化することで、業務コスト、IT投資を削減しつつ、異なる部門間や異なる拠点間での円滑なコミュニケーションが可能になります。

今後3社は2009年1月29日に開催されるイベント「コミュニケーション基盤のご提案-社員の生産性向上を実現!不況をのりきるITインフラ技術!-」をはじめ、営業・マーケティング・技術サポートなどにおいて各種の施策を展開し、今後1年間で30社の案件受注を目指します。

●協業の背景と目的

米国でのサブプライムローン問題に端を発した金融危機の影響により、厳しさを増す現在の経済情勢において、企業各社では、競争優位性を保つために必要な投資を継続しながら、設備投資の見直しなどの費用削減と社員の生産性向上の両立が求められています。

3社は、このような状況において、現在企業が取り組む費用削減を将来の成長を見据えた戦略的な施策と捉え、ITを活用した費用削減と社員の生産性向上を支援するソリューション展開を行います。 主な概要としては、マイクロソフトが提供する、組織や地域の壁を超えた情報共有を可能とするソフトウェア製品、日本HPの業務プロセスや意思決定までのリードタイム短縮化を実現するハードウェア製品、そしてSCSによるSIサービスを 組み合わせて、将来の成長戦略に備えたIT基盤の提供を行います。

また、マイクロソフトは戦略的なIT投資により、企業の費用削減と社員の生産性向上を支援する「Save Money.キャンペーン」を展開中であり、本ソリューション提供についてもその一環として位置づけています。

●ワークスタイル革新IT基盤構築サービス

SCSが過去3年間に30社以上の企業にて培ったマイクロソフト製ソフトウェア(Office SharePoint Serverや Office Communications Server)を中心としたSI実績をベースに、基盤構築を短期/中期/長期にステップアップ導入していくためのノウハウをサービス化したものです。短期でのスモールスタートをご要望される企業にマッチした内容となっております。

[サービス内容]
短・中・長期における情報共有基盤構築に関する要件定義支援と各製品の導入および開発サービス

  • 短期:既存システムのリプレイスと各製品基本機能活用による業務定着化
  • 中期:各製品上位機能の活用による業務効率の改善
  • 長期:.NET開発による、さらなる改善効率の実現につながるシステム機能強化

[価格]
既存環境により異なるため、価格についてはお問い合わせください。

●各社の役割

3社が提供する製品およびサービスは、以下の通りとなります。
  • SCS: Office SharePoint Server、Exchange Server、Office Communications Serverすべておよび各製品の要件定義・設計・構築・運用サービス
  • 日本HP:HP BladeSystem および HP StorageWorks EVA
  • マイクロソフト:Office SharePoint Server、Exchange Server、Office Communications Server

●「SCS/HP/MS 3社によるコミュニケーション基盤のご提案」イベント

昨今の市場背景を踏まえて、SCS/HP/MS の3 社によるITを活用した社員の生産性向上をテーマにしたセミナー「コミュニケーション基盤のご提案-社員の生産性向上を実現!不況をのりきるITインフラ技術!-」を開催します。既にITを活用して取り組まれているお客様の事例をベースに、コスト削減と生産性向上の実現によりビジネスの停滞を阻止するためのサービスや製品を紹介します。

日程: 2009年1月29日(木曜日)
時間: 13:30〜17:25
会場: 青山ダイヤモンドホール 1F ダイヤモンドルーム
申込: http://www.hp.com/jp/seminar12

●SCSにおけるマイクロソフトテクノロジーの実績

SCSは2003年よりマイクロソフトのコンサルティングパートナーとして豊富な実績をもつシステムインテグレーターです。2004年、2005年にはワールドワイドアワードのファイナリスト、2004年にはOffice SharePoint Portal Server 2003 の構築案件において、最優秀コンサルタントを受賞いたしました。

現在はオペレーションコストの削減やワークスタイル革新を実現するソリューションを提供し、Active Directory®、System Center Configuration Managerといったコアインフラ製品やOffice SharePoint Server、Exchange Server、Office Communications Server などインフォメーションワーカー製品を中心としたSI実績経験を持ちます。

【マイクロソフトの「Save Money. キャンペーン」について】
厳しさを増す現在の経済情勢において、企業各社では、費用を削減しながら生産性を向上することが求められています。マイクロソフトは、長期的な展望のもとでの戦略的なIT投資こそが、無駄を省き経営体質の強化につながると考え、「Save Money − 苦境をのりきる、攻めのITを。」をテーマに、改めてIT投資の役割およびその重要性について広く再認識を図るとともに、業界パートナー各社とも連携して、運用管理、電力、出張・通信、間接などの各種費用を削減しながら、業務の効率化や社員の生産性向上などを支援するITソリューションを順次提供していきます。

日程: 2008年12月15日(月)〜2009年6月末予定
対象: 企業の経営者およびIT管理者
「Save Money. キャンペーン」ポータルサイト
http://www.microsoft.com/japan/SaveMoney/ 日本HP外のウェブサイトへ

【SCSについて】
SCSは、1969年の設立以来、各産業界における長年の豊富な実績と、業務ノウハウの蓄積を活用し、日本国内外のお客様の個別ニーズに柔軟に対応し、総合的なソリューションを提供しております。業種ごとの専門知識をベースに顧客の個別ニーズに対応したシステム・アプリケーションを提供する業務系ソリューション事業、自社開発パッケージソフトを中心としたERP ソリューション事業、IT インフラを構築するプラットフォームソリューション事業等の戦略的事業領域に強みを持ち、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT 製品・サービスをご提供いたします。
〒104-6241 東京都中央区晴海1丁目8番12号
http://www.scs.co.jp/ 日本HP外のウェブサイトへ

【日本HPについて】
HPは世界最大のIT企業として、プリンティング、PC、ITサービス、ソフトウェア、ソリューション、ITインフラを提供し、コンシューマから大企業まで全てのお客様がテクノロジーを身近に活用できるよう努めています。HP(ニューヨーク証券取引所:HPQ)の詳しい情報については、下記のサイトでご覧になれます。
http://www.hp.com/
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。http://www.hp.com/jp/

【マイクロソフトについて】
マイクロソフト(Nasdaq名称:MSFT)は、1975年に設立され、個人および企業向けのソフトウェアやサービス、インターネットテクノロジにおける世界的リーダーです。マイクロソフトは多様な製品・サービスの提供を通じて、時や場所、機器を問わず優れたソフトウェアで人々の可能性を広げていきます。

#     #     #

* MicrosoftおよびSharePointは米国 Microsoft Corporation 及びその他の国における登録商標 または商標です。
* その他、記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡