Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年1月19日

エフ・エックス・プラットフォーム株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

エフ・エックス・プラットフォーム 日本HPの監視ソフトウェアを導入し
FX事業者に安定稼動する取引サービスプラットフォームを提供

- FX業界初の「HP Business Availability Center」を利用したサービス提供 -

エフ・エックス・プラットフォーム株式会社(略称:FXP、本社:東京都中央区、代表取締役社長:種田 健)は、FX業者に提供するリテール向け為替取引業務や商品先物取引のITサービスプラットフォームに日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)のシステム監視とサービス監視を統合的に提供するソフトウェア製品「HP Business Availability Center」(以下、「HP BAC」)を導入しました。同システムの導入は2009年1月までに完了し、サービス提供は順次開始する予定です。FX業界において「HP Business Availability Center」を利用したサービスの提供は、業界初になります。

<「HP BAC」導入の背景とFXPの課題>

ユニコムグループホールディングス(JASDAQ: 8744)を大株主とするFXPは、同グループの商品先物取引や商品ファンド販売、FX事業などの基盤システムをサポートするほか、FX事業者へ取引サービスのITプラットフォームを提供する大手アプリケーション・サービス・プロバイダです。同社にとって、障害によるサービスの停止はユーザーおよび同社の機会損失と多大なる損害を意味し、24時間365日の安定稼働は必須要件です。さらには、他社との差別化や優位性の高いサービスを提供する上でも、取引サイトのレスポンスの遅延を最小限に抑えるなどのユーザーエクスペリエンスの向上にも務めなければなりません。しかし、システム監視が主体の現行システムではシステムを使うユーザーから見た場合に、サービスが適切に利用できているかというビジネス提供の観点での監視は人手に頼らざるを得ない状況でした。

<「HP BAC」導入の概要>

システム側での監視とビジネス視点での監視を統合し、計画的かつ効果の高いIT投資を実施するよう「HP BAC」を導入した結果、FXPは経営の健全性をアピールできるだけでなく、信頼性と安定性を得ることができました。今回導入した製品は、以下のとおりです。

・HP Business Availability Center

  • End User Management with Business Process Monitor:
    仮想ユーザーを使用してサービスのレスポンスを監視するソフトウェア
  • End User Management with Real User Monitor:
    実ユーザーのレスポンスを常時監視するソフトウェア
  • System Availability Management with Site Scope:
    システム全体の稼働状況を監視するソフトウェア
  • Diagnostics:
    各システムリソースのレスポンスの問題分析をするソフトウェア
  • Service Level Management for Business Process Monitor:
  • Service Level Management for Real User Monitor:
    各監視状況をSLA(Service Level Agreement)の観点でレポートするソフトウェア
これらは統合コンソールから一元的に確認でき、問題の分析から解決まで実施できます。

<「HP BAC」導入のメリット>

「HP BAC」導入により、FXPは以下のような効果を期待しています。

  • システムの信頼性の確保
    障害を予兆の段階で検知し原因究明を図ることで障害の長期化を防止します。これにより、より安定したシステム稼働を提供できるようになり、機会損失の削減が期待できます。


  • ITとビジネスの統合運用によるコスト削減
    システム監視とビジネス視点での監視を統合したことで、Webレスポンス確認や緊急時対応のための要員を確保する必要がなくなります。


  • サービス品質の向上
    ビジネスレベルとサービス目標とを随時照合し、健全なサービス提供を保証できるようになったことで、ユーザーエクスペリエンスの向上などビジネス面でのメリット確保が見込めます。


  • システム利用ユーザーのシステム管理体制の強化
    システムを利用するユーザーへ個別かつ必要なレポートを提示することにより、ユーザーの利用満足度の向上を目指します。


  • 計画的なIT投資が可能になる
    現在のIT機器の状況と実ユーザーのレスポンスタイムの把握により、計画的なIT投資が可能になります。

<「HP BAC」について>

「HP BAC」は、システム全体のパフォーマンス監視や可用性の管理、サービスレベルの管理・診断・分析、および問題解決などを実施するソフトウェア製品です。システム側の問題解決だけでなく、アプリケーションのレスポンス状況といったユーザーエクスペリエンスの向上も図ることができ、ITテクノロジーによってビジネスを支える日本HPの理念を実現します。さらに「HP BAC」を使用することで、問題特定の平均所要時間を短縮できるほか、サービスレベルの向上、アプリケーションの停止時間の最短化などが実現します。

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

エフ・エックス・プラットフォーム株式会社
営業部
TEL:03-5623-5112
ホームページ:http://www.fxplatform.co.jp/ 日本HP外のウェブサイトへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡