Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年2月9日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

クラウドコンピューティング実現のための
製品ポートフォリオを拡充

- 運用管理ソフトウェア「HP Insight Dynamics - VSE 4.1」
「HP Insight Orchestration」と「HP Insight Recovery」
スケールアウト環境向けx86サーバー「HP SE2120」
無償アセスメントサービス最新版「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル Ver.2」を同時に発表 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、クラウドコンピューティング実現のため、運用管理ソフトウェア製品である「HP Insight Dynamics - VSE 4.1」、「HP Insight Orchestration」と「HP Insight Recovery」、および日本専用のラックマウント型サーバー「HP SE2120」を発表します。また、クラウドコンピューティングの視点を新たに加えた、「アダプティブ・インフラストラクチャ」実現のためのロードマップと具体的ソリューションを提示する無償アセスメントサービス「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル Ver.2」も発表します。さらに、クラウドコンピューティング実現に向けた統合ソリューションを提供するためのタスクチーム「NGDCイニシアティブ」も設立します。

厳しさを増す全世界レベルの不況下において、より小さい投資で柔軟にIT を活用するための手法である、クラウドコンピューティングへの注目が高まっています。クラウドコンピューティングは、インターナルクラウドと呼ばれる社内向けIT環境と、エクスターナルクラウドと呼ばれるインターネット経由でサービスを提供する事業者向けIT環境の2つの分野に分けることができます。日本HPはこれまで、社内向けIT環境を中心に、「アダプティブ・インフラストラクチャ」として、ビジネスの変化に迅速に対応できる、柔軟で生産性の高いITインフラストラクチャを展開してきました。

今回、クラウドコンピューティング実現のために製品、サービスのポートフォリオを拡大することで「アダプティブ・インフラストラクチャ」を進化させ、社内向け、サービス提供事業者向け双方のIT環境の生産性を飛躍的に高めます。

新製品、サービスの詳細は、以下のとおりです。

<本日発表の新製品>

製品名 価格 出荷開始
HP Insight Dynamics - VSE 4.1
(HP ProLiantサーバー環境向け)
157,500円〜
(税抜150,000円〜)
2月9日
HP Insight Dynamics - VSE 4.1
(HP Integrityサーバー環境向け)
105,000円〜
(税抜100,000円〜)
2月9日
HP Insight Orchestration 94,500円〜
(税抜90,000円)
3月上旬
HP Insight Recovery 115,500円〜
(税抜110,000円)
3月上旬
HP SE2120
(2ノード標準搭載)
378,000円〜
(税抜360,000円)
今春予定

<運用管理ソフトウェア製品>
「HP Insight Dynamics-VSE 4.1」の特長

HP ProLiantサーバーおよびHP Integrityサーバー上の物理および仮想リソースのキャパシティを分析し、プロビジョニング(システム構成・変更・移動など)を実現する統合管理ソリューションです。今回発表するバージョン4.1では、新たなハイパーバイザ、マルチサーバー環境への対応を強化することで、システム管理効率の向上と工数の削減を可能にします。主な新機能は以下のとおりです。
  • ハイパーバイザとしてVMWare ESX に加え、Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V およびVMWare ESXiに対応
  • HP Integrity Virtual Machinesにオンライン移行機能を追加
  • 論理サーバー(*1)の対象として、HP Integrity ブレードサーバーに対応

*1: 柔軟にサーバー環境のプロビジョニングを実現するために、ハードウェアに依存する情報をプロファイルとして定義したもの

「HP Insight Orchestration」の特長

本製品は、HP Insight Dynamics - VSE を拡張する製品で、複数のサーバー、例えばWebサーバー、DBサーバー、アプリケーションサーバーを一つのシステム構成としてテンプレート化し、自動的なプロビジョニングを実現することで、システム構築の効率化をはかります。主な機能は以下のとおりです。
  • 直観的な操作を可能にするGUI環境
  • システム構成のテンプレート化による標準構成の迅速な共有と再利用
  • セルフサービスポータルによる自動的なプロビジョニング機能

「HP Insight Recovery」の特長

HP StorageWorks Continuous Access EVA と連携し、HP Insight Dynamics - VSE で構築した物理および仮想リソースのデータレプリケーションを可能にし、複数のサイト間でのディザスタリカバリ環境を実現します。

スケールアウト環境向けx86サーバー「HP SE2120」の特長

サーバーホスティングなど、インターネット経由でサービスを提供する大規模な事業者において、より省電力・省スペースを追求したサーバー需要が高まっています。「HP SE2120」は、特に日本のサービスプロバイダーからの要望の高かった要件を盛り込んだ日本専用モデルです。1Uに2台の完全に独立したノードを収納する高密度設計のラックマウント型サーバーで、電源ユニットも各ノードに搭載します。主な特長は以下のとおりです。
  • 1Uラックマウント型筺体に2台のサーバーノードを標準搭載する高密度設計
  • 2台のサーバーノードを並列することで通気の方向を統一
  • 低消費電力
  • ノードごとに独立したサービス性
  • Windows、Red Hat に加えて無償Linuxとして実績の高いCentOS の動作検証を実施

無償アセスメントサービス「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル Ver.2」の特長

「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル」は、HP自身が自ら実践した「アダプティブ・インフラストラクチャ」構築のノウハウとお客様1000社以上のITシステムの状況調査に基づき、お客様の現在のIT環境を可視化し、「アダプティブ・インフラストラクチャ」実現までのロードマップを提示する無償アセスメントサービスで、日本では、2008年1月より提供を開始しています。その後のEDS、EYP、Opsware買収による提供できるサービス、テクノロジーの幅の広がり、また、今回のポートフォリオ強化、さらにクラウドコンピューティングやグリーンITなど考慮すべき領域の拡大に対応し、アセスメント内容をさらに拡張、最新の内容でサービスの提供を開始します。

強化されたポイントは以下の通りです。
  • クラウドコンピューティングへの対応
  • クラウドコンピューティングを実現するために拡張された仮想化、自動化、管理ソリューションを、提案ポートフォリオに追加
  • レポート内容の詳細化
  • より具体的なソリューション、製品、サービスの推奨を、ロードマップとして提示
  • グリーンITへの対応
  • エネルギー効率、カーボンフットプリントなどを網羅した「グリーンITインデックス」を提示

クラウドコンピューティング実現に向けたタスクチーム「NGDCイニシアティブ」

「NGDCイニシアティブ」は、サーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアといった製品、ファシリティサービスやアプリケーション開発、アウトソーシングなどのサービスを統合的にお客様に提供するためのタスクチームです。全社横断のタスクチームを設立することで、クラウドコンピューティング実現に向け、統合されたソリューションをお客様に提供できる体制を整えました。

■ 日本ユニシス株式会社様からのエンドースメント
日本ユニシス株式会社 ICTサービス本部基盤開発部 部長 廣田博美様

日本ユニシス株式会社は、日本HPのHP Insight Dynamics - VSE4.1、HP Insight Orchestrationの販売開始を心より歓迎いたします。日本ユニシスでは、自社の次世代データセンターに HP Insight ソフトウェアを採用いたします。当製品のもつキャパシティ・プランニングや、物理サーバーと仮想サーバーを意識せずに簡易に管理できる機能を活用して、データセンターのサーバー統合と仮想化、自動化を推進し、業界最先端のデータセンターをお客様にご提供いたします。

■ 今回発表する内容の詳細は以下のURL を参照ください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_20090209/

■ 「HP Insight Orchestration」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/insightorchestration/

■ 「HP Insight Recovery」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/insightrecovery/

■ 「HP SE2120」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/se2120/

■ 「アダプティブ・インフラストラクチャ成熟度モデル Ver.2」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/ai/

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡