Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年2月24日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

お客様のITコストを劇的に削減する
「HP Integrityサーバー」への移行を包括的に推進

- 新サービス「HP-UXプラットフォームへの移行支援サービス」で
ブラックボックス化したITコストを30%削減 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、2009年の「HP Integrityサーバー」事業の戦略として、以下の3つの活動を推進することを発表します。

  • お客様のビジネス課題の解決に貢献できる、提案力の強化
  • コンソリデーションによるコストメリットを実現する、他社UNIXサーバー/メインフレームから の移行推進
  • 顧客・パートナー満足度のさらなる向上

この取り組みの一環として、既存のUNIXサーバーから「HP Integrityサーバー」へのシステム移行を支援する新たな定型サービス「HP-UXプラットフォームへの移行支援サービス」を本日より提供開始します。本サービスにより、お客様の使用している他社UNIXからHP-UXへの確実なシステム移行を支援し、ITコストの透明性を保ちながらコンソリデーションによる効率化を図ることにより、ITコストの30%削減を目指します。
日本HPは、従来から注力しているメインフレームからのシステム移行(MFA)とあわせて、他社プラットフォームからの「HP Integrityサーバー」へのシステム移行を包括的に推進し、お客様のブラックボックス化したITコストを透明化することにより、コスト削減を実現します。

<お客様の劇的なコスト削減を実現する、「HP Integrityサーバー」>
昨今の厳しい経済環境の中、ITコストの削減に貢献できるシステムの実現は企業のIT部門の最優先課題となっており、お客様は常に、投資対効果が高く、運用コストの低いプラットフォームを求めています。これは、業務基盤を担うミッションクリティカル(停止することが業務に影響を与える)システムにおいて高いシェアを誇るUNIXサーバーの分野においても例外ではありません。

日本HPは、このようなお客様に、「HP-UX 11i v3」と「HP Integrityサーバー」によるシステムを強く推奨します。継続的な開発投資が行われ、常に進化を続けるUNIX OSである「HP-UX 11i v3」は、さらなる性能改善のみならず、仮想化環境とミッションクリティカル機能の連携や「HP ProLiantサーバー」、「HP BladeSystem」との運用管理統合など、お客様の運用コスト削減に貢献する大幅な機能強化が図られています。

多くの企業では複数ベンダーのシステムの混在は一般的なこととなっていますが、システム全体をHPのプラットフォームに移行することで、お客様はその優れた管理機能やハードウェア導入、サポート契約全体の明朗な価格体系により、コンソリデーションによる全体的なコスト削減のメリットを得ることができます。
一方で、お客様にとっては、現行環境からの移行に対する不安がHP-UXプラットフォーム採用にあたっての妨げとなる場合があります。

本日発表する「HP-UXプラットフォームへの移行支援サービス」は、このようなお客様が安心してHP-UXプラットフォームへのシステム移行に取り組めるよう、計画段階から移行後まで一貫して支援するサービスです。

<「HP-UXプラットフォームへの移行支援サービス」概要>
本サービスが対応する移行元環境および移行先環境は以下の通りです。
   移行元:Solaris、AIX、Tru64、HP-UX(HP 9000)、Linux
   移行先:HP-UX、Linux(いずれもHP Integrityサーバー上で稼動することを条件とします)

本サービスは、以下のメニューで構成されています。

  • インフラ構築サービス
    システム移行先となるインフラ環境を構築するサービスです。ネットワーク及びハードウェアの設計、移行後のテストの計画、システム導入、技術移管、運用支援、移行後の一定期間の技術支援を行います。価格はシステム規模に応じたお見積もりとなります。


  • アプリケーション移行サービス
    C言語/C++言語/シェル言語で書かれたプログラムを対象に、UNIXサーバー間のソースコード移行のアセスメント、移行作業、移行後の技術支援を行います。
    本サービスの参考価格は以下の通りとなります。

    • アプリケーション移行アセスメントサービス(*1) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜
    • アプリケーション移行作業サービス(*1) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜
    • アプリケーション移行技術支援サービス(*2) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜

    *1: ソースコードが50万行までの場合、2,100,000円(1アプリケーションあたり)
    *2: 3ヶ月間100時間までの場合、2,100,000円


  • アプリケーションサーバー移行サービス
    既存のUNIXサーバーのJavaアプリケーションサーバー上で動作している各種アプリケーションを、HP-UXやLinux上のアプリケーションサーバーソフトウェア(Oracle Weblogic Server、JBoss Enterprise Application Server、Tomcat)に移行するためのアセスメント、移行作業、移行後の技術支援を行います。
    本サービスの参考価格は以下の通りとなります。

    • アプリケーションサーバー移行アセスメントサービス(*1) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜
    • アプリケーションサーバー移行作業サービス (*1) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜
    • アプリケーションサーバー移行技術支援サービス(*2) : 2,100,000円(税抜2,000,000円)〜

    *1: ソースコードが50万行までの場合、2,100,000円(1アプリケーションあたり)
    *2: 3ヶ月間100時間までの場合、2,100,000円

■ HP IntegrityおよびHP-UXに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/integrity/

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡