Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年3月18日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

自社開発の新チップの採用で最大消費電力を60%削減した
高性能管理型スイッチの新製品を発表

- 4つのチップを1つに統合し、省電力、信頼性を向上させ
エッジから小規模データセンターにまで対応 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、エッジから小規模データセンターまで対応できるスイッチの新製品「HP ProCurve 2910al シリーズ(以下、2910alシリーズ)」4製品を発表し、4月1日から販売を開始します。

製品名 価格 販売開始日
HP ProCurve 2910al 24G
(24ポート)
252,000円(税抜240,000円) 4月1日
HP ProCurve 2910al 24G-PoE+
(24ポート、PoE+対応)
342,300円(税抜326,000円) 4月1日
HP ProCurve 2910al 48G
(48ポート)
441,000円(税抜420,000円) 4月1日
HP ProCurve 2910al 48G-PoE+
(24ポート、PoE+対応)
627,900円(税抜598,000円) 4月1日

ネットワーク環境の高速化にともない、ネットワークのエッジでは、様々な高機能のデバイスが接続されるようになってきています。また、データセンターにおいては、仮想化、統合化進み、高密度の環境下でネットワーク機器が使用されています。その一方で、高機能化、高密度化により、発熱量増加にともなう障害発生のリスクや冷却のためのコスト増加などの問題も起こってきています。今回発表の2910alは、新開発のチップ(ASIC)の搭載により、部品点数を削減させ、信頼性、省電力の向上を実現し、エッジはもちろん、小規模のデータセンターでの利用にも適した高性能管理型スイッチです。2910alの特長は、以下の通りです。

<2910alシリーズの特長>
・自社開発のチップ(ASIC)を採用し、部品点数を削減し、省電力、信頼性向上を実現

2910alシリーズは、従来のProCurveに搭載していたチップ「Provision ASIC」をベースに、新たに自社開発したASICを搭載しています。前モデル「HP ProCurve 2900シリーズ(2900シリーズ)」では4つのASICを搭載していたものを新しい1つのASICに集約させることで、部品点数を削減し、信頼性を向上させました。また、最大消費電力も2900シリーズと比較して約40%に抑え、省電力も実現しています。

・PoE+(*)に対応し、高速化、多機能化が求められるネットワークに柔軟に対応

2900alシリーズは、PoE+に対応し、1ポートあたり30W、1台あたり375Wの電力が供給可能です。802.11nの普及にともない同規格に対応するアクセスポイントの導入拡大やIP電話、IPカメラなどネットワークに接続する機器の高速化、高機能化が進むにつれ、PoE対応のネットワーク機器に求められる電力供給量も拡大しています。PoE+に対応し、電力供給量を拡大させることで、高度化が進むネットワーク環境に柔軟に対応します。

*: PoE+あるいはIEEE 802.3atは、2009年に承認される予定です。

■ HP ProCurveの詳細は以下のURL を参照ください。
     http://www.procurve.jp/

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡