Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年4月9日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ITコスト削減と生産性向上を実現する
x86サーバー新世代機11シリーズを発表

- 最新インテル® Xeon® プロセッサー搭載の「HP ProLiant サーバー Generation 6」を一挙に発売
同時にシステム移行支援サービスを拡充 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、x86サーバー「HP ProLiant(エイチピー・プロライアント) サーバー」の新世代機となる「Generation 6(以下、G6)」11シリーズを発売します。同時にお客様のシステム移行に伴うリスクを低減し、スムーズな移行を支援する7つのサービスを発表します。

経済環境が厳しさを増す中、多くの企業にとってコスト削減への取り組みが急務となっています。そして、これに向けた重点課題として、ITシステムの管理・運用コスト削減に大きな注目が集まっています。

今回発表する「HP ProLiantサーバー G6」は、最新のインテル® Xeon® プロセッサー(開発コード名:Nehalem)を始めとする最先端テクノロジーを採用しています。大幅なパフォーマンス向上を図りながら消費電力の低減を実現するとともに、拡張性と運用管理機能をさらに強化することで、お客様におけるITシステムのコスト削減、および生産性向上に貢献します。また、新世代機の発売にともない、システム移行支援サービスのメニュー拡充を実施します。これにより、物理環境から仮想環境まで様々なニーズに応じて新世代機への移行を促進し、お客様のITコスト削減、および生産性の向上を強力に支援します。

<「HP ProLiant サーバー G6シリーズ」の特長>
本日発表の新製品

製品名 価格 出荷開始日
HP ProLiant ML150 Generation 6 110,250円〜
(税抜 105,000円〜)
5月下旬
HP ProLiant ML350 Generation 6 201,600円〜
(税抜 192,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant ML370/DL370 Generation 6 324,450円〜
(税抜 309,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant DL160 Generation 6 195,300円〜
(税抜 186,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant DL180 Generation 6 282,450円〜
(税抜 269,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant DL360 Generation 6 267,750円〜
(税抜 255,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant DL380 Generation 6 282,450円〜
(税抜 269,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant BL280c Generation 6 近日公開予定 近日公開予定
HP ProLiant BL460c Generation 6 276,150円〜
(税抜 263,000円〜)
5月中旬
HP ProLiant BL490c Generation 6 370,650円〜
(税抜 353,000円〜)
5月中旬

約2倍の処理性能などパフォーマンスを大幅に向上

  • 最新のインテル Xeon プロセッサー 5500番台を搭載し、高速なDDR3メモリ、I/Oに従来の2倍の最大転送速度をもたらすPCI Express Generation 2の実装により大幅なパフォーマンス向上を実現します。SAP SD (Tier 2) ベンチマークでは、旧機種と比較して約2倍のパフォーマンス(*1)を達成しています。
  • 幅広いモデルで2009年9月発表予定の2.5インチSSD(Solid State Drive:半導体ドライブ)に対応し、高速なブート・リブート環境を実現可能です。

アイドル時 約45%、高負荷時 約27%の省電力低減を実現(*2)

  • 電力効率に優れたインテル Xeon プロセッサー 5500番台や、動作電圧が1.8VのDDR2メモリに対して1.5Vに低減し省電力化を実現したDDR3メモリを採用しています。
  • さらに、幅広いモデルにおいてパワーサプライを共通化することで、パワーサプライの開発点数の絞込みを行い、AC-DC変換効率92%のパワーサプライ(80 Plus Gold準拠)をすべてのモデルで採用して、省電力化を実現しています。

運用管理性の向上

  • エントリーモデル「HP ProLiant ML/DL100シリーズ」の運用管理機能を大幅に強化しました。新世代機では、導入を容易にするEasy Set-up CDやSmartStart Scripting Tool Kitなどを提供するほか、Insight Management Agent(IMA)に対応し、システムマネジメントホームページからサーバー稼働状況の監視が可能になります。またLights-Out 100iを標準搭載し、追加ライセンスを購入することで遠隔地からのコンソール操作を可能にするVirtual KVM機能を使用可能です。
  • HP ProLiantサーバー内蔵の管理機能を「HP ProLiant Onboard Administrator」という新たなブランドで提供します。同機能は、Integrated Lights-Out 2(iLO2)やLights-Out 100iを中核とした遠隔操作や、サーバー稼働状況の監視、電力・温度監視機能を提供します。

その他の特長

  • ブレードサーバー「HP ProLiant BL460c G6」、「HP ProLiant BL490c G6」においては、オンボード10GbEを標準で2ポート搭載しています。HPバーチャルコネクト Flex-10 と併用すれば、平均2.5GbEを8ポートとして使用できます。さらに各ポートは100Mbから10Gbまで管理者が自由に帯域幅を設定可能です。また、10GbEオプションの増設により最大24ポートまで拡張できるので、複数の仮想サーバーからトラフィックが集中する環境におけるボトルネック解消が図れるほか、多数のセグメントに接続するサービスのインフラとしても利用可能です。
  • 2Uのラックマウント型サーバー「HP ProLiant DL380 G6」は、最大16個のハードディスクが搭載でき、4つのネットワークポートを標準装備するなど、従来製品の2倍の拡張性を持ちます。さらに内蔵バックアップ装置「HP StorageWorks RDX 500」を搭載可能で、データバックアップのニーズに可能です(*3)。大容量のディスクカートリッジを利用することで、従来のDATドライブに比べてバックアップ作業の効率化および運用コスト削減を実現します。

*1: 「HP ProLiant DL380 G5」での最高スコアは2,436 users、「HP ProLiant DL380 G6」でのスコアは4,995 users。
*2: 日本HPにおける実測。「HP ProLiant DL380 G6」と旧世代機G5との消費電力の比較結果。
*3: 9台以上のハードディスク搭載はオプションが必要です。また、RDX内蔵時は最大8台となります。

<システム移行を支援する各種サービスを提供>
「HP ProLiant サーバー G6」の発売にともない、専門の技術者がシステム移行に伴うリスクを精査するサービスと導入時の移行作業を代行するサービスを拡充し、新システムへ移行するお客様を支援します。

本日発表の新サービス

・オリエンテーションサービス
実機デモによる疑似環境を活用し、移行時のリスクと具体的な移行ステップについて検討するサービスです。

サービス名 価格 提供開始日
P2V(物理から仮想環境)移行
One Dayオリエンテーションサービス
157,500円〜
(税抜150,000円〜)
4月9日
仮想化バックアップ
One Dayオリエンテーションサービス
157,500円〜
(税抜150,000円〜)
4月9日
ID-VSE(統合仮想環境)
One Dayオリエンテーションサービス
157,500円〜
(税抜150,000円〜)
4月9日

・アセスメントサービス
ハードウェア構成、OS・ソフトウェア構成、データ容量といった既存システムの状況を調査し、既存システムから新しいシステムへの移行時のリスクと移行時間をアセスメントします。

サービス名 価格 提供開始日
P2P移行前アセスメントサービス 52,500円〜
(税抜50,000円〜)
4月9日

・ファシリティアセスメントサービス
耐荷重、電源、空調といったデータセンターファシリティに関して評価をし、ファシリティ全般に関するアドバイスを行います。

サービス名 価格 提供開始日
IT環境クイック診断サービス 472,500円〜
(税抜450,000円〜)
4月9日

・移行支援サービス
お客様の既存サーバーのOS・ソフトウェアを、新しいサーバーまたは仮想(Virtual)環境へ移行する作業を専門の技術者が代行するサービスです。

サービス名 価格 提供開始日
P2P移行サービス 735,000円〜
(税抜700,000円〜)
4月9日
ID-VSE All-in-One導入サービス 1,995,000円〜
(税抜1,900,000円〜)
4月9日

新サービス期間限定特別価格キャンペーン
なお、新サービスのうち、「P2V移行 One Dayオリエンテーションサービス」、「ID-VSE One Dayオリエンテーションサービス」、「仮想化バックアップ One Dayオリエンテーションサービス」、「IT環境クイック診断サービス」については、4月9日(木)〜6月30日(火)までキャンペーン価格で提供します。キャンペーン価格は以下の通りです。

サービス名 キャンペーン価格
ID-VSE One Dayオリエンテーションサービス 21,000円〜
(税抜20,000円〜)
P2V移行 One Dayオリエンテーションサービス 21,000円〜
(税抜20,000円〜)
仮想化バックアップ One Dayオリエンテーションサービス 21,000円〜
(税抜20,000円〜)
IT環境クイック診断サービス 378,000円〜
(税抜360,000円〜)

■インテル株式会社からのエンドースメント
インテル株式会社 代表取締役社長 吉田 和正様

インテル株式会社は、日本ヒューレット・パッカード株式会社のインテル® Xeon® プロセッサー 5500番台搭載HP ProLiant G6の発表を歓迎します。インテル最新のマイクロアーキテクチャーに基づくインテル® Xeon® プロセッサー 5500番台は、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーやコア毎のパワーゲート機能、実行効率を向上したインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーなど複数の画期的な技術を導入することで様々なワークロードへの柔軟な対応を可能にし、搭載システムはサーバー市場に変革をもたらします。インテルは、日本ヒューレット・パッカードと協力し、新しい技術とIT投資の重要性を訴え、市場拡大に努めていく所存でございます。

■ HP ProLiant サーバー G6に関する情報は、以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_g6

■ 各種サービスの詳細は、以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_20090409

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡