Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年4月22日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本オラクル株式会社

日本HPと日本オラクル、中堅企業向け業務アプリケーション導入推進で協業

- オラクルの中堅企業向け業務アプリケーションのパートナー向けに
技術と営業マーケティング支援プログラムを展開 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(代表取締役 社長執行役員 小出 伸一、東京都千代田区、以下 日本HP)と日本オラクル株式会社(代表執行役社長 最高経営責任者 遠藤 隆雄、東京都港区、以下 日本オラクル)は、中堅企業向け業務アプリケーションのビジネスを共同で推進していくことを発表します。

経済環境の厳しい中、業務の効率化とコスト削減は企業規模に関わらず取り組むべき最優先の課題となっています。日本オラクルでは、2007年10月中堅企業向け業務アプリケーションのパートナー支援プログラムとして「Oracle Accelerate」を展開しており、現在14社のパートナーが参画しています。同プログラムを通じてオラクルの業務アプリケーション製品「Oracle Applications」を中心に現在34種類の中堅企業向けの低価格、短期かつ低リスクのソリューションがパートナー各社により開発され、日本で提供されています。

日本HPでは以前より中堅企業向け事業・パートナー支援戦略の整備を進めており、販売パートナーによるお客様のニーズにあわせた提案を促進し、中堅・中小規模事業所のIT化の推進、および同市場の顧客満足度の向上を目指しています。また、HPは、2007年10月にグローバルにて「Oracle Accelerate」に賛同し、テクノロジーパートナーの立場で地域、国レベルでオラクルと同プログラムを推進しています。すでに北米をはじめ、ヨーロッパ、アジア地域で数多くの実績を残しており、豊富なノウハウを持っています。

このたび両社は日本において中堅企業における業務システムの導入をより一層推進するために「HP Oracle Accelerate Program」を本日より提供開始します。このプログラムでは、オラクルの中堅企業向け業務アプリケーションのパートナー推進プログラム「Oracle Accelerate」に参画しているパートナー向けに、技術支援と営業マーケティング支援を行います。両社はまず、オラクルの業務アプリケーション群の中でも中堅企業向けERPアプリケーションである「JD Edwards EnterpriseOne」を中心に、プログラムを推進します。具体的な協業内容は、以下の通りです。

■「HP Oracle Accelerate Program」概要
1.技術支援
日本国内でのHPとオラクルの共同技術支援センター「HP Oracle Applications Solution Center」によるハードウェア構成に関するアドバイス、サイジングなどのサービスを提供します。また、市ヶ谷の日本HP本社内に検証施設を開設し、「Oracle Accelerate」に参画しているパートナーが開発した短期導入テンプレートの検証や各テンプレートに合わせたHPハードウェアの推奨構成の作成をサポートします。さらに、日本HPでは、「JD Edwards EnterpriseOne」のインストールサービス「JD Edwards インストールサービス」を新たにパートナー向けに提供を予定しています。

2.営業マーケティング支援
日本HP、日本オラクルとパートナーの三社による共催セミナーやイベントの開催、カタログ作成などマーケティング活動の支援を行います。さらに具体的な営業案件での検証用サーバの無償貸出プログラムを提供します。

本プログラムにはすでにアクセンチュア株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社をはじめ5社の「Oracle Accelerate」パートナーが参加の予定です。

日本HPと日本オラクルでは本プログラムを通じて、最新のハードウェアと最新のソフトウェアの検証を行い、パートナーがお客様に最適な構成で提案することを可能にします。これにより中堅企業における業務アプリケーションの短期間かつ低リスクでの導入を支援し、お客様の業務効率向上およびコスト削減に貢献してまいります。

■アクセンチュア株式会社による中堅企業向けビジネスへの取組み
アクセンチュア株式会社は株式会社ソピアと共に、オラクルの 「JD Edwards EnterpriseOne」を中核に中堅企業向けビジネスを昨年より強化しています。その一環としてシステム要件およびシステム導入効果を検討段階で明確化することで、迅速な導入と稼動開始を可能にする「製造業向け基幹システム構築JDEソリューション」を提供開始致しました。日本HPと日本オラクル社による「HP Oracle Accelerate Program」を活用して、中堅企業におけるERPの活用促進と競争力強化に貢献して参ります。

アクセンチュア株式会社
システムインテグレーション&テクノロジー本部Oracleビジネスインテグレーション
グループ統括 エグゼクティブ・パートナー 大薗 博明様

関連リンク
Accelerateについて
http://www.oracle.co.jp/campaign/mb_apps/accelerate/index.html 日本HP外のウェブサイトへ
Accelerateソリューション一覧
http://www.oracle.co.jp/campaign/mb_apps/showcase.html 日本HP外のウェブサイトへ
HP + Oracle アライアンスについて
http://h50146.www5.hp.com/partners/alliance/oracle/

「Oracle Accelerate」について
「Oracle Accelerate」は、 パートナーがオラクルの業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」の短期導入ソリューションを開発し、市場投入することを支援するプログラムです。本支援プログラムを活用して開発されたパートナーソリューションは「Oracle Accelerate」ソリューションとしてオラクルに認定され、市場投入が可能になります。

「JD Edwards EnterpriseOne」について
「JD Edwards EnterpriseOne」は、単一のIT環境下でオールインワン型ソリューションを求める中堅企業に最適な短期導入が可能な製品ファミリーです。必要なモジュール単位で導入しビジネスの進化に合わせてシステム拡張ができ、またプログラミングを必要とせずにカスタマイズや変更ができるため、初期投資が抑えられ最小限のITリソースで保守・運用ができます。特に製造、流通、サービス、建設・不動産などの業種に多くの顧客を有します。

日本HPについて
HPは世界最大のテクノロジー・カンパニーであり、コンシューマから大企業まですべてのお客様にテクノロジーの活用を容易にするプリンティング、PCおよび関連製品、ITサービス、ソフトウェア、ソリューションを提供しています。HP(NYSE:HPQ)の詳細については、http://www.hp.com/をご覧ください。日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。(http://www.hp.com/jp/

日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,251名(2008年 11月末現在)。

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡