Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年5月12日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

「HP ミッションクリティカル Java サポートソリューション」のラインアップを拡充

- サポート対象Javaバージョンを追加し、サポート体系を強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、本日、停止することが業務に重大な影響をおよぼすミッションクリティカルシステムでHPの提供するHP-UX対応のJavaを利用しているお客様向けのサポートサービス「HP ミッションクリティカル Java(MC Java)サポートソリューション」のラインアップを拡充します。新たにサポート対象Javaバージョンとして、2つのバージョンを追加します。あわせて、従来のメニュー体系を変更し、大規模な基幹系JavaシステムだけでなくアプリケーションサーバーでのミッションクリティカルJavaシステム向けにも導入しやすい課金方法に改定します。

MC Javaサポートソリューションの対象に追加されるのは、以下の2つのバージョンです。
  • HP-UX Java Development Kit/HP-UX Java Runtime Environment for the Java 2 Platform Standard Edition 5.0.11(以下、5.0.11)
  • HP-UX Software Development Kit/Runtime Environment for the Java 2 Standard Edition Platform 1.4.2.21(以下、1.4.2.21)

昨今、高い信頼性が求められるミッションクリティカルな基幹系システムにおいてもJavaの採用が拡大しつつあります。その一方で、Javaはライフサイクルが短く長期的なシステム構築が困難、バージョンアップされるまで不具合が解消されない、サービスレベルが不明確といった課題も指摘されています。こうした状況に対し、日本HPでは、他社に先がけて2005年からミッションクリティカルJavaシステム向けのサポートサービス「HP MC Javaサポートソリューション」を提供しています。

今回、本ソリューションのサポート対象Javaバージョンを拡充し、新たに「5.0.11」および「1.4.2.21」を追加します。これにより、より幅広い Javaバージョンに対する、ミッションクリティカルシステム向けに充実したサポートサービスを提供することが可能になります。

また、ラインアップの拡充にあわせ、料金体系の改定を実施します。新たな料金体系では、サーバーハードウェア1台のBOX課金と搭載CPUコア数による課金を基本メニューとして、既存のHPサポートサービスと組み合わせた柔軟なサポートメニューを提案します。これにより、基幹系システムだけでなく、アプリケーションサーバーでJavaによるWebサービスなどを提供しているお客様からのミッションクリティカルニーズにも応えていきます。

<「HP MC Javaサポートソリューション」新ラインアップの概要>

・サポート対象Javaバージョンを拡充
従来提供していた本ソリューションのサポート対象Javaバージョン 「HP-UX Software Development Kit/Runtime Environment for the Java 2 Standard Edition Platform 1.4.2.08」に加えて、今回 「5.0.11」および「1.4.2.21」を新たに追加し、ラインアップを拡充します。

・料金体系を改定
旧料金体系では、CPUコア数による課金をベースとして、個別見積もりを必要としたミッションクリティカル向けオプションサポートメニュー「CS for MC Java」を用意し、大規模な基幹系Javaシステムを中心に提案活動を進めてきました。新価格体系では、サーバーハードウェア1台のBOX課金(1,500,000円)とCPUコア数による課金(148,800円/CPU)を基本メニューとし、「CS for MC Java」の販売は終了します。さらに、「サポートプラス24」、「プロアクティブ24」、「Critical Service」といった既存のHPサポートサービスと「HP MC Javaサポートソリューション」をより明確にリンクさせ、基幹系システムからアプリケーションサーバーまで、お客様のミッションクリティカルJavaシステム環境に合わせた柔軟なサポートメニューを提案していきます。

製品名 最小構成価格 出荷開始時期
HP MC Javaサポートソリューション 1,731,240円〜
(税抜 1,648,800円〜)
5月12日
※1BOX(1,500,000円)に1CPUコア(148,800円)搭載の場合

<「HP MC Javaサポートソリューション」の主な特長>

  • Java標準サポート(約3.5年間)に3年をプラスする長期サポート
  • 安定稼働するJavaバージョンをサポート対象に指定
  • 対象 Javaバージョンに対する個別修正版の提供
  • HP-UXと同等のSLAに基づくサポートの提供


■ HP-UXに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/hpux/

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡