Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年5月19日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

アプリケーションの機能テストを自動化するソフトウェアの
最新版「HP QuickTest Professional software 10.0」を発表

- 「HP Quality Center software 10.0」との連携により、テストリソースの集中管理を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、分散型自動機能テストソリューション「HP Functional Testing 10.0」の構成製品で、アプリケーション開発における自動機能テストソフトウェアの最新版「HP QuickTest Professional software 10.0」(以下、QTP 10.0)を発表します。

複雑化するシステム開発において、アプリケーションが要件仕様どおりに動作するかをチェックする機能テストは、欠かすことのできない重要な工程のひとつです。しかしながら、開発期間の短縮や新しいテクノロジーへの対応が求められる中で、機能テストにかかる作業負荷は大きく、十分な検証を手動で行うことはしばしば困難です。「QTP」は、こうした機能テストを自動化することで、テストの効率化とソフトウェア品質の向上を支援するソフトウェアです。

今回の最新版「QTP 10.0」では、より大規模なアプリケーション開発環境や近年増加しているオフショア開発、アウトソーシング開発のニーズに対応するために、総合品質管理ソフトウェア「HP Quality Center software 10.0」との連携によるテストリソースの集中管理機能を拡張し、「QTP 10.0」で作成されるテストリソースの保持や、利用状況および変更の管理を「HP Quality Center software 10.0」上で行うことが可能となりました。これにより、遠隔地で作業する複数のQA担当者が円滑にテスト資産を共有できるようになり、大規模プロジェクトにおけるテスト管理の効率が大幅に向上されます。

このほか、最新版では、アプリケーション実行時のシステムリソース使用状況をチェックできる「ローカルシステムモニタリング」の追加、およびレポート作成機能の機能拡張など、従来に比べて自動機能テストソフトウェアの活用領域をさらに拡大しています。

<本日発表の新製品>

製品名 価格 出荷開始
HP Functional Testing 10.0シートライセンス(1ユーザ) 1,344,000円
(税抜1,280,000円〜)
6月1日

*: 「HP QuickTest Professional software 10.0」は、「HP Functional Testing」に含まれるため、利用するには、「HP Functional Testing」の購入が必要です。

<「QTP 10.0」の主な新機能>

「QTP 10.0」は、Windows対応のアプリケーション開発におけるブラックボックステストを自動実行する機能テストツールです。先進のキーワード駆動型テスト機能を採用し、理解性とメンテナンス性に優れたテストスクリプトを生成するとともに、テストオブジェクトや入力データ、ユーザ定義関数などの共有・再利用を可能にすることにより、テストの実施およびテスト管理の効率とアプリケーション品質を大幅に向上させることができます。最新版では、以下の機能を追加、強化しました。

・「HP Quality Center r software 10.0」との連携を強化し、テストリソースの集中管理を実現
「QTP 10.0」では、「QTP」で利用するテストリソース(アプリケーションのテストオブジェクトを管理するオブジェクトリポジトリ、入力データ、ユーザ定義関数 など)を「HP Quality Center software 10.0」内で集中的に管理することができます。これにより、複数のアプリケーションテストでテストリソースの共有・再利用を容易に行うことができます。
「HP Quality Center software 10.0」内に格納される「QTP」テストリソースに対しては変更管理機能が適用されますので、複数のQAエンジニアによる変更の重複やテストリソースに起因するエラーを防ぐことができます。また構成管理機能を利用することにより、「QTP」テストリソースを必要に応じて元の状態に復元することができます。
さらに、テストリソースと、それを利用するテストおよびテストのオーナー間でのトレーサビリティを提供するため、テストリソースに対して加えた変更がどのテストに影響するか素早く検索し、テストのオーナーに通知することができます。

・アプリケーション実行時のシステムリソースをチェックする「ローカルシステムモニタリング」
クライアントサーバ型のシステムやリッチインターネットアプリケーションでは、クライアント側のアプリケーションが性能に影響を与えることがありますが、「QTP 10.0」では、アプリケーション実行時に使用されるクライアントマシンのシステムリソースを監視することができるようになりました。これにより、メモリーリークなどクライアントアプリケーションの性能問題を検出することができます。リソースカウンターは、メモリ使用率、CPU使用率など20種類以上用意されており、テスト結果とともにグラフ形式で表示されます。グラフはテストステップと相互にリンクしており、問題を含むステップの特定を容易にしています。またリソースカウンターにしきい値を指定して、値を超えたらエラーと判定させることもできます。

・レポート作成機能を拡張
「QTP 10.0」では、テスト結果レポートの作成機能が次のように拡張されました。

  • テスト結果レポートをPDFおよびWord文書形式で出力できます。
  • テスト結果レポートに、画面ショットや任意の図を挿入できます。
  • 「QTP」レポート内の結果から、エラーの原因となったスクリプト行に直接移動できます。

エクステンシビリティAPI機能によりDelphiをサポート
「QTP」は、アプリケーション上のオブジェクトを確実に認識するために、アプリケーション環境ごとにAPIを提供していますが、「QTP 10.0」では、ウェブアプリケーションおよびDelphiアプリケーションに関して、ユーザが独自にAPIをカスタマイズすることができるようになりました。これにより、ユーザが独自に作成したコントロールについても記録・再生をすることができます。

■ 「HP QuickTest Professional 10.0」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/hpsoftware

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡