Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年6月11日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

次世代データセンターを具現化する統合インフラソリューション
「HP BladeSystem Matrix」を発表

- 最新の仮想化ソフトウェア製品「VMware vSphere™ 4」、エントリーディスクアレイ製品の新モデル
「HP StorageWorks MSA2300シリーズ」、6コアAMD Opteron™プロセッサ搭載
「HP ProLiant サーバー Generation 6」もあわせて投入 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、次世代データセンターを具現化する統合インフラソリューションとして「HP BladeSystem Matrix」を発表します。

また、あわせて最新の仮想化ソフトウェア製品「VMware vSphere 4」、およびエントリーディスクアレイ製品の新モデル「HP StorageWorks Modular Smart Array 2300」(以下、MSA2300)も投入し、「HP BladeSystem」を中核にして大規模から中堅規模まで幅広く次世代データセンターの実現を推進します。

日本HPでは、大規模コンピューティング環境における理想的な次世代のデータセンターの実現には、以下の3つの条件が必要だと考えています。

  • 「ITインフラストラクチャの統合と仮想化による全体最適化」
  • 「柔軟で俊敏なITリソースの活用」
  • 「24時間365日のITサービスの自動化」

これらの条件を満たし、次世代のデータセンター構築を実現するためのソリューションとして、今まで「HP BladeSystem」やディスクアレイ製品、管理ソフトウェア製品群などを順次ラインアップしてきました。今回、こうしたソリューションを統合、パッケージ化し、次世代データセンターを具現化するITインフラのアプライアンス製品として「HP BladeSystem Matrix」を提供開始します。この統合ソリューションにより、従来までお客様がシステムごとに実施してきた一連のITインフラ構築作業を簡素化、自動化、迅速化することが可能になります。

<統合インフラソリューション「HP BladeSystem Matrix」の概要>

「HP BladeSystem Matrix」は、HP BladeSystem c7000エンクロージャー、HP バーチャルコネクト、HP Insightソフトウェア、共有SANストレージ(HP StorageWorks EVA4400)といった製品群とHP Factory Expressサービス、インストレーションサービスを包括したITインフラのアプライアンス製品です。

HP BladeSystem c-Classを中核としたITインフラの統合化および自動化を実現することで、理想の次世代データセンターを具現化します。従来システムごとに実施してきたアプリケーション要件に基づくサイジング、構成検討、機器オーダー、設置、プロビジョニング、インスタレーション・環境構築などの一連の作業を簡素化、自動化、迅速化することができ、運用管理工数の大幅な削減が可能となります。用途としては、社内ITの統合インフラ、プロバイダーのサービスインフラ、自動化された開発・検証環境を想定しています。
また、HPでは、「HP BladeSystem Matrix」でのプロビジョニングの迅速化を支援するため、自動化のソフトウェアであるHP Insight Orchestrationで利用可能なテンプレートを提供します。このテンプレートを適用することで、標準構成に合わせて内部設定からOSのインストールまでを自動化することが可能です。今後はISVとの連携を進め、各種アプリケーションの利用環境にも対応できるテンプレートを順次提供する予定です。

製品名 最小構成価格 出荷開始日
HP BladeSystem Matrix 12,658,800円〜
(税抜 12,056,000円〜)
8月下旬
  • HP BladeSystem c7000エンクロージャーとインターコネクトのパッケージ
  • HP Insight ソフトウェア製品群のパッケージ
  • HP StorageWorks EVA4400(共有SANストレージ)
  • HP ProLiant BL460c G6(管理サーバー(*)
    *:サーバーリソースには、HP ProLiant BLシリーズやHP Integrity BLシリーズを利用可能
       別途、工場インテグレーションサービスおよび管理環境の設定サービスが必要です。

また、「HP BladeSystem Matrix」の発表にあわせ、VMwareの最新仮想化ソフトウェア製品「VMware vSpher™ 4」を提供開始します。6つのエディション全てをラインアップしており、なかでも大規模企業向けの「VMware vSphere Enterprise Plus」と「VMware vSphere Enterprise」には、日本HPの管理ソフトウェアスイート「HP Insight Control スイート」(以下、HP ICE)をバンドルし、管理性の向上を実現しています。詳細は、以下のとおりです。

<仮想化ソフトウェア製品「VMware vSphere 4」の概要>

VMware社が2009年4月に最新の仮想化ソフトウェア製品「VMware vSphere 4」を発表したことにともない、日本HPも同製品を発売し、サポートの提供を開始します。最新版では、中規模企業および大規模企業向けのエディションとして「VMware vSphere Standard」、「VMware vSphere Advanced」、「VMware vSphere Enterprise」、「VMware vSphere Enterprise Plus」、小規模企業向けエディションとして「VMware vSphere Essentials」、「VMware vSphere Essentials Plus」の計6エディションをラインアップしています。なかでも、大規模企業向けの「VMware vSphere Enterprise Plus」と「VMware vSphere Enterprise」については、日本HPの管理ソフトウェア製品群「HP ICE」がバンドルされます。「HP ICE」には、システム基盤に求められるさまざまな管理機能が集約されており、仮想化システムの管理性向上を実現します。

また、日本HPは、業界で最も多くのサーバー製品で「VMware vSphere 4」の動作認定をとっています。とくに、最新版からは「HP ProLiant サーバー 100シリーズ」も動作認定の対象となり、エントリーモデルも含めた幅広いサーバーシステムで仮想化環境への対応が可能になりました。さらに、日本HPでは、VMwareによる仮想化環境上で稼動するゲストOS(仮想化されたOS)の保守にも対応しているため、お客様はハードウェアからOS、仮想化ソフトウェアまでの保守を一貫して受けることができます。

製品名 標準小売価格 出荷開始日
VMware vSphere Standard 113,400円
(税抜 108,000円)
7月中旬
VMware vSphere Advanced 320,250円
(税抜 305,000円)
7月中旬
VMware vSphere Enterprise 473,550円
(税抜 451,000円)
7月中旬
VMware vSphere Enterprise Plus 573,300円
(税抜 546,000円)
7月中旬
VMware vSphere Essentials 126,000円
(税抜 120,000円)
7月中旬
VMware vSphere Essentials Plus 427,350円
(税抜 407,000円)
7月中旬

さらに、エントリーディスクアレイ製品の新モデルとして「MSA2300」を投入します。従来モデルの「MSA2012」に比べて、基本スペックを強化するとともに、直感的に操作できる日本語対応GUIを搭載し、使いやすさの向上を図っています。日本HPでは、「MSA2300」と「HP BladeSystem」の組み合わせによって、中堅規模企業に向けても「アダプティブ・インフラストラクチャ」の実現を推進していきます。

<エントリーディスクアレイ製品「MSA2300シリーズ」の概要>

「HP MSA2300」は、エントリーディスクアレイ製品の新モデルで、「MSA2012」の後継製品となります。MSA2000専用3.5インチディスクドライブ使用モデル「MSA2312」とHP ProLiant サーバーと共通の2.5インチディスクドライブ使用モデル「MSA2324」の2機種6モデルを投入し、それぞれに高速4Gbps対応ファイバーチャネル(FC)接続モデル、iSCSI接続対応モデル、3Gbps対応Serial Attached SCSI(SAS)接続モデルをラインアップしています。

新モデルでは、基本スペックを強化しました。3.5インチディスクドライブ対応の「MSA2312」は、4台までの追加エンクロージャーを使用でき、最大で60台までのディスクドライブを搭載することができます。最大容量は、SASが27TB(450GB×60)、SATAが60TB(1TB×60)です。

一方、2.5インチディスクドライブ対応の「MSA2324」は、追加エンクロージャーにMSA70を3台まで接続でき、ディスクドライブは99台まで搭載可能となっています。最大容量は、SASが29.7TB(300GB×99)、SATAが24.7TB(250GB×99)です。このほか、両機種ともHP-UXへのサポートOS拡大(FC、SAS接続モデルのみ)、255スナップショットライセンス対応、DC電源対応などの機能拡張を行っています。

また、日本語対応GUIを新たに搭載し、グラフィカルで直感的な操作性を実現したほか、ウィザード形式で各種設定も簡単に行うことが可能になりました。さらに、単一の管理ツールで、ボリュームの作成からスナップショット作成まですべて操作することができます。

製品名 標準小売価格 出荷開始日
HP StorageWorks Modular Smart Array 2312fc
  • ファイバーチャネル接続、標準2コントローラ
  • 146GB 15krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応 (ハードウェア標準)
1,302,000円
(税抜 1,240,000円)
6月下旬
HP StorageWorks Modular Smart Array 2312i
  • iSCSI接続、標準2コントローラ
  • 146GB 15krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応 (ハードウェア標準)
1,134,000円
(税抜 1,080,000円)
6月下旬
HP StorageWorks Modular Smart Array 2312sa
  • Serial Attached SCSI(SAS)接続、標準2コントローラ
  • 146GB 15krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応 (ハードウェア標準)
1,092,000円
(税抜 1,040,000円)
6月下旬
HP StorageWorks Modular Smart Array 2324fc
  • ファイバーチャネル接続、標準2コントローラ
  • 146GB 10krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応 (ハードウェア標準)
1,350,300円
(税抜 1,286,000円)
6月下旬
HP StorageWorks Modular Smart Array 2324i
  • iSCSI接続、標準2コントローラ
  • 146GB 10krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応 (ハードウェア標準)
1,182,300円
(税抜 1,126,000円)
6月下旬
HP StorageWorks Modular Smart Array 2324sa
  • Serial Attached SCSI(SAS)接続、標準2コントローラ
  • 146GB 10krpm SAS ディスクドライブ 1台
  • 管理ソフトウェア (Storage Management Utility)
    - 3年間パーツ保証/3年間翌営業日オンサイト対応(ハードウェア標準)
1,140,300円
(税抜 1,086,000円)
6月下旬

<6コアAMD Opteron™プロセッサ搭載「HP ProLiant サーバー Generation 6」の概要>

AMD社が発表した最新の6コア・サーバー用プロセッサ「6コアAMD Opteronプロセッサ」を搭載した「HP ProLiant サーバー G6」を7シリーズ(DL165、DL385、DL585、DL785、BL465c、BL495c、BL685c)リリースします。「6コアAMD Opteronプロセッサ」は、クアッドコアのサイズで6コアの性能を実現するプロセッサです。これにより、アプリケーションの実行性能と拡張性を強化するとともに、消費電力を削減することができます。

製品名 標準小売価格 出荷開始日
HP ProLiant DL165 Generation 6 196,350円
(税抜 187,000円)
7月中旬
HP ProLiant DL385 Generation 6 290,850円
(税抜 277,000円)
7月中旬
HP ProLiant DL585 Generation 6 2,331,000円
(税抜 2,220,000円)
7月中旬
HP ProLiant BL465c Generation 6 256,200円
(税抜 244,000円)
7月中旬
HP ProLiant BL495c Generation 6 277,200円
(税抜 264,000円)
7月中旬
HP ProLiant BL685c Generation 6 1,651,650円
(税抜 1,573,000円)
7月中旬
※DL785については、2009年9月発売、出荷開始予定です。

■ 今回発表する内容の詳細は以下のURL を参照ください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_20090611/

■ HP BladeSystem Matrixに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/matrix

■ HP ProLiantサーバーに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ HP StorageWorksに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡