Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年7月21日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

情報漏えい対策機能を実装した認証・検疫ソリューションの
最新バージョン「HP Quarantine System version 3.1」を発表

- 外部記憶装置や実行禁止アプリケーションの制御、
およびファイルシステム暗号化の監査など情報漏えい防止のニーズに対応 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、認証・検疫ソリューション製品の最新バージョン「HP Quarantine System version 3.1」を発表します。本製品では、クライアントPCの認証と検疫を行う従来の機能に加え、新たに情報漏えい防止機能を提供し、情報セキュリティリスクを低減します。

「HP Quarantine System」は、ネットワークに接続されるクライアントPCの認証と検疫を行うソリューションです。クライアントPCがネットワークに接続される際に、あらかじめ設定しておいたセキュリティ・ポリシーと照らし合わせ、自動的に認証・隔離・検査・治療を行います。拠点毎に検疫用のサーバーを設置するだけで、既存のネットワーク環境を変更することなく導入することができます。また、認証・検疫に必要なOSとソフトウェアをCDメディアに組み込んだ「QuController Live OS」を使用すれば、中央拠点で設定情報や運用を集中管理できるため、小規模拠点や海外拠点への導入も容易となっています。

今回発表する最新バージョンでは、こうしたクライアントPC向けの認証・検疫機能はそのままに、新たに情報漏えい防止機能を実装しました。この機能は、情報漏えい対策への取り組みが強化される一方で、未だに情報漏えい事件の発生が後を絶たない現状を受け、お客様からの強い要望に応えて提供するものです。情報漏えいの主な発生原因への対策として、外部記憶装置制御による重要情報の持ち出し防止、ファイル共有ソフトの禁止、PC盗難時の情報流出を防止するファイルシステム暗号化の監査などの機能を提供します。認証&検疫機能と情報漏えい防止機能を組み合わせた本製品により、簡易かつ強固なクライアントセキュリティを低コストで実現します。

<本日発表の新製品>

製品名 最小構成価格 出荷開始日
HP Quarantine System version 3.1
(情報漏えい対策オプションを含む)
100MACアドレス
2,121,525円〜
(税抜2,020,500円〜)
8月3日

<「HP Quarantine System version 3.1」の新機能>

・外部記憶装置制御
USBメモリ、USBドライブ、SDカード、CD/DVD-R、フロッピー、IEEE 1394機器などの外部記憶装置の使用禁止・許可をPC端末ごとに指定できます。USB機器に関しては、読み込みのみ・書き込み許可の制御も可能となっています。これにより、外部記憶装置による機密情報や顧客情報の流出を未然に防ぎます。

・実行禁止アプリケーション制御
実行禁止として定義したアプリケーション群をシステムレベルで実行禁止します。実行禁止に定義されたアプリケーションは、実行ファイル名、および実行ファイルのハッシュ値に基づいて検知され、実行自体をブロックします。これにより、情報流出事故の温床となっているWinnyやShareに代表されるファイル共有ソフトの利用を防止することができます。

・ファイルシステム暗号化の監査
Windows XPおよびVistaのもつ暗号化機能(EFS)と連携して動作し、ポリシーで定義したフォルダ・ファイルが暗号化されているかを検査します。検査に不合格の場合は、そのPCをネットワーク的に隔離することも可能で、設定を修復するまで通常ネットワークに戻ることができません。とくに、文書ファイルやメールの格納フォルダの暗号化を強固にすることで、紛失・盗難時の機密情報流出を防止します。

<安定性の高い、容易な運用を実現>

新たに実装する情報漏えい機能は、Windowsのセキュリティモジュールが持つ機能と連携することで実現しています。そのため、デバイスドライバの相性問題、障害時のブルースクリーンなど安定性の問題は発生しません。また、情報流出対策の管理は従来から使用している検疫ポリシーの枠組みで行うため、端末ごとに容易に行うことができます。

<お客様のニーズに応じた様々なレベルの導入、段階的な導入が可能>

「HP Quarantine System」は、認証機能を単独で利用する運用、認証と検疫機能の両方を活用するケースなど、柔軟な活用パターンが可能です。今回の情報漏えい防止機能についても、単独で利用することはもとより、認証との組み合わせ、認証・検疫との組み合わせなどが可能です。
PCに導入するエージェントソフトは共通化されているため、セキュリティ対策を段階的に実施することも容易です。なお、「HP Quarantine System」をすでに利用されているお客様には、従来機能(認証、検疫)に対する追加オプションライセンスとして提供します。

■本リリース内容をテーマとするセミナーを下記概要にて開催します。
タイトル : 「次世代ITインフラにおけるネットワークセキュリティセミナー
                -Data Loss Prevention搭載の検疫ソリューション最新バージョンのご紹介-」
日時 : 2009年8月26日(水) 14:00-17:40
場所 : 日本HP 市ヶ谷オフィス セミナールーム2A
URL : http://www.hp.com/jp/Qu31_SEM

■ HP Quarantine Systemに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/Qu31_PR

■ 日本HPプレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡